• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「『武士の情け』という日本人の倫理観」小林よしのりライジング Vol.198
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「『武士の情け』という日本人の倫理観」小林よしのりライジング Vol.198

2016-10-26 16:20
  • 152
  • 2

電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

c3f0d4ea8027341f15369617681477ec895171d2
第198号 2016.10.26発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが見舞われたヘンテコな経験を疑似体験!?小説「わたくしの人たち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…蓮舫の二重国籍問題が、まだくすぶっている。法的には問題ないといっても政治家が、しかも閣僚を経験し、現在は野党第一党の代表で、首相を目指すという人物が二重国籍では問題だというのは、一応正論と言えば正論ではある。しかし、すでに蓮舫が国籍を日本一国に決定して、手続きを済ませたのなら、この問題にいつまでもこだわって延々と責め続けているネット内の言論は、異常としか言いようがない。「武士の情け」「判官贔屓」といった感覚を忘れ、「強きを助け、弱きをくじく」連中は果たして日本人と言えるのだろうか?
※小説「わたくしの人たち」…“意識高い系・元モデル起業女”西川麻央の事務所に行ってみると、そこに“洋服なんか着たことない女”西明寺夏子が登場。「さくら茶会理事」「『日刊偉人マガジン』ディレクター」という肩書らしいが、そんな彼女が「心から尊敬できる方」として紹介したのが、なんと宮様詐欺師・溶田宗泰!!今回も引き続き怪しい人物が続々と登場!!
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!タイの国王崩御に関して何か思うところはある?豚骨ラーメンの面の硬さはどれ位が好み?俳優・堺雅人をどう思う?犬は好き?もし文化勲章を戴く事になったらどうする?「自由」と「天皇制」をどう考えるか?お父さんのまくらが匂うのはなぜ?「リアリティ」が気になって「フィクション」を楽しめないことってある?コンタクトレンズにしようと思ったことはある?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第195回「『武士の情け』という日本人の倫理観」
2. しゃべらせてクリ!・第156回「代わりばんこの御坊家の肖像ぶぁ~い!の巻〈後編〉」
3. 泉美木蘭の小説「わたくしの人たち」・第5話「類は確実に友を呼ぶ」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 読者から寄せられた感想・ご要望など
7. 編集後記




52a3b137a0692a0be577bc3e3e87398ba3440f97

第195回「『武士の情け』という日本人の倫理観」

 蓮舫の二重国籍問題が、まだくすぶっている。
 二重国籍は、法的には何の問題もないということはライジングVol.193で詳述したとおりだ。(http://ch.nicovideo.jp/yoshirin/blomaga/ar1107347
 ただし法的には問題ないといっても政治家が、しかも閣僚を経験し、現在は野党第一党の代表で、首相を目指すという人物が二重国籍では問題だというのは、一応正論と言えば正論ではある。
 しかし、すでに蓮舫が国籍を日本一国に決定して、手続きを済ませたのなら、この問題にいつまでもこだわって延々と責め続けているネット内の言論は、異常としか言いようがない。
 特にこの問題の火付け役となったウェブサイト「アゴラ」の池田信夫と八幡和郎はほとんどストーカー状態で、しつこく女一人に粘着しまくっている。
 この異様な執念はどこから来るのかといえば、基本的に民進党が大嫌いで、党首を潰してやりたいという負の欲望からでしかないだろう。実はわしはもっと意地悪く見ていて、彼らの顔が悪すぎて、モテなかったためにストーカーになったのだろうと思ってたりする。

 彼らは、ひたすら自民党の味方、権力の味方なのだ。もともと「強きを助け、弱きをくじく」という性質の連中であり、特に今は安倍政権が強いから、なおのこと強力な権力にすり寄って媚びていたいのだろう。
「違う、ただ正論を述べているだけ」と言い張ったところで、結果として安倍政権という権力に得になる効果だけを発揮しているのは間違いない。
 わしは、権力が肥大しすぎることには警戒感を持つ。
 民主制の危うさを回避するために、権力が独裁に向かうことを回避するために、バランスを保たないといけないという警戒心は、持っていようとわしは思っている。
 実際、庶民もそう思っており、だからこそ世論調査では蓮舫代表に「期待する」と答える人が50%を超えているのだろう。
 自民党の独裁に任せておいても怖い、民進党に対抗勢力になってもらった方がいい、それなら民進党の中に他にもう人材がいないから、蓮舫の新鮮さに期待しておこうと考え、二重国籍問題を大ごととは捉えていない。
 この一般的感覚がある限り、二重国籍問題でこれ以上蓮舫がダメージを受けることはないだろう。

 これは「武士の情け」というものだ。
 本来、日本には日本独自の倫理観、道徳律のようなものがあったはずで、その中には「武士の情け」というものがあった。
 圧倒的に弱い側に不利なことが出てきた時には、「武士の情け」で見逃そうという感覚が働くのだ。これは極めて状況に依るものであって、権力の側、強者の側の不正には適応されない。
 あくまでも「情け」だから、弱い方に適用しなければならないルール感覚である。だから歴史感覚を有する庶民は、蓮舫に「武士の情け」というルールを適用して、片目を瞑っているのだろうと考えられる。
 世の中には「近代的な法」のルールだけで、正しいか、正しくないかを判断できない例がある。
 その一例としてわしが蓮舫の件から連想したのが、わし自身の小学生の時のエピソードだ。
 知らない人もいるだろうから、ここに掲載しておこう。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他142件のコメントを表示
×
子供の頃、松坂慶子の顔は完璧だと思っていました。

困った顔が入力出来なくなるのを教えてくださって、ありがとうございます♪
(^-^)

加齢臭…、というか体臭かな、タバコを吸っていた頃の方が臭いと言われていました。
7ヶ月前
×
幾ら皇族の血を引いていても、その末裔であろうとも女児が生まれれば、Y染色体教団の男系カルトに習えばそこで打ち止めですよね?
竹田家の第一子は女児と言うことらしいですが、彼らは梯子を外すのですかね?

もう、馬鹿なことを考えるのはいい加減やめようよと。
7ヶ月前
×
お疲れ様です。

池田信夫などの言論人として終わっている(と言うか始まってもいない)人は普通の発言をしてもまともに取り挙げてもらえない状態。

でも、ネットでネトウヨに阿る発言をすれば、少なくともネット内ではノイジーマイノリティに応援してもらえるし、自己満足も得られるわけです。

現実で池田信夫がどんな発言をしているかなど、誰も知らないでしょう。

しかし、そのようなハンチクな言論人がいかに多いことか・・・

そして、有識者会議に集まっているのがそんな似非知識人だらけと言うことが、今最悪な出来事です。
7ヶ月前
×
小池百合子の政治塾ってあれ、資金集めの為の塾ですよね?
少し高めなのが気になりました。
政治家がいつもやっているパー券のパターンでしょう。

男女や学生によって金額の差がありますが、集ったのが3000人近くもいるようなので30000〜50000円だとすると、一億円以上集まりますよね?
別にこれ、都知事の給与半減でも十分やってけるでしょう。
明らかに政治資金にするつもりでしょう。
「誰か」が持ち出したりしなければその目的のために使われるかと思います(笑)
7ヶ月前
×
松坂慶子さん…。愛の水中花。ドラマは再放送ですが、見てました。でも美人だけど芝居が上手いという印象がなかったんですよね。上手いとなぁ、と思ったのは、加齢により体型が崩れだしてからです。(すいません) 取り乱した時のみっともなさが、リアルで、でも愛しくて…。男がコロリといくのがわかるわぁ。大河ドラマの時は、貫禄があって凛々しかったです。同じ女とは思えない、別次元の存在デスネ。
7ヶ月前
×
よしりん先生ご自身の小学生時代のエピソードの漫画、とても印象に残っておりました。ぐおーん、ぶあああん!と編隊組んでゴミ籠を持って走る子供たちのなんて楽しそうな様子♪、第一独りで持つより担い合う方がずっと軽いです。
 一日の終わりには「反省会」もありましたね。何か文句言われるんじゃないかとビクビクしたものです。そしてケメ子みたいの(それにしてもしゅごか顔!)がいて正論?!振りかざして抗議するの(居残りでお便所の掃除を先生から命じられたことあり・・)。 自分がケメ子になって友達をあげつらう場合もあったと思います;;。
 確か、よしりん先生の担任の先生は軍隊上がり、鉄拳制裁もあったとのこと。庇うお気持ちはあっても「これからはゴミ籠を一人で持て!」という采配はザンネン!。
 重大な仕事を、ワクワク面白く楽しくやろう、----今のゴー宣、そしてゴー宣道場に繋がっていますよね☆。
7ヶ月前
×
もくれんさんのブログですが、何かにつけて「男社会の抑圧からの抵抗」みたいに取る人ってここ最近目立つんですよね。
電車内で化粧することのどこが抵抗なのか解りません。

要するに、ああいった人達にとって社会のルールとは男が作って女がそれに付き従われていると「被害妄想的に」捉えているんでしょう。

この騒ぎって過去何度か採り上げられて、それこそ「みっともない」「迷惑」で終わってたんですけどね。
やっぱりSNSの発達によるものなのでしょう。

一人ひとりが意見を言うようになったから極端化した意見に集約されるようになっていったんじゃないんでしょうかね。

大体そういった人達は連合生理軍か、その上を行くツイッターレディースと呼ばれる人達ですよ。

同じ意見を言い合って極端になってく極左と同じです。

前にQ&Aで採り上げましたが、「オスガキを間引け」「男を見かけたらキンタマを潰せ」「ジャップオスよりも白人様の方が素晴らしい」「自分を迫害するようなオスガキなんて生むな」「自分達の行為は男社会への抵抗だから免罪される」とこんな意見で集まっていて漫画家やイラストレーター達のアカウントを潰そうとしたり、抗議活動を行なってイベントを潰そうとしたり、20~30年前に見たミスコン潰しよりも更に過激になっていますね。

あの人達って差別論で言う所の「絶対弱者」かなんかじゃないかと思うんですよね。

彼らは努力もせずに男は力を得て暴力を振るうと言うでしょう。

しかし、そう言わんとする彼らとて、もしかしたら小学生の時に力で同級生や下級生の男子を殴ったりはしていたりしてたんじゃないのかと思ってしまいます。
小学生は、女子の方が男子よりも力が付いて喧嘩に勝つことがあります。

努力もせずに力を得るのはみんな同じなのでは?

絶対弱者は努力もしないですから大人になるに連れて男のみならず同級生や下級生に実力の差をつけられて終いには、最下層へと追い遣られて社会への特に男に転嫁して怨嗟をばら撒いたりしているんじゃないんでしょうかね?

ジェンダーフリーというよりも「ルサンチマン(奴隷道徳)」でしょう。
7ヶ月前
×
木蘭さんのブログを読んで、一言。

モンスタークレイマーは裸踊りを推奨する原始人ですなぁ、恥ずかしい。
7ヶ月前
×
泉美先生のブログを読みましたが、
かつて「ゴー宣」でも近い内容が取り上げられていましたが、
「公的」な場での「私」の垂れ流しには拍車がかかってしまっているかもしれませんね(汗)。
男性だとか女性だとかの問題・ジェンダーの問題でもないですし、女性への抑圧だとか何だとかの問題じゃないですね。
文句つけるような人の頭の中で、話がすり替わっているというか、混同されているというか。
女性の「電車内での化粧」は、男で敢えて例えるなら、男性の「電車内での髭剃り」あたりになるのでしょう。
そんなもん、ウチでやって来い!という話で終わりますよね。
7ヶ月前
×
よしりん先生、風邪が風になってるところがブログにありますよ。
7ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。