• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「第3次安倍政権&自民党不祥事 2015年(その1)」小林よしのりライジング Vol.224
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「第3次安倍政権&自民党不祥事 2015年(その1)」小林よしのりライジング Vol.224

2017-05-17 12:05
  • 178

電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

6c4ccd4127223c9d7da5504e726e8f315644727a
第224号 2017.5.17発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが見舞われたヘンテコな経験を疑似体験!?小説「わたくしの人たち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…不祥事が続いても何故か下がらない安倍政権の支持率。「他の内閣よりよさそう」「民進党よりマシ」という理由は正しいのか?前回はそれを確かめるために、第2次安倍政権発足以降に政権及び自民党がやってきたことを徹底検証したが、次々と出てくる不祥事&失政の数々に、なんと2014年分までしか終わらなかった。引き続き検証を続けるが、果たして今回はどこまで行けるのか!?
※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…安倍首相は、籠池氏の証人喚問が終わって、財務省の佐川理財局長が何を聞かれても鉄壁のガードを崩さない態勢を定着させてきた頃から、すっかり胡坐をかいてしまったようだ。国会答弁では、野党議員がいくら真剣に疑念をぶつけても、呆れたようなポーズをとり、嘲笑って、自分の権力の強大さを誇示するばかり。国会での議論の場に立つ人間がこのような態度を取っていることを、このまま許していて良いのだろうか!?
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!フランス革命の理念「自由・平等・〇〇」三番目は同胞愛?博愛?安倍晋三の9条改憲案をどう思う?性犯罪の罰をもっと厳しくすべきでは?手塚治虫や石森章太郎に会ったことある?外国人レスラーで好きなレスラーはいた?目にするとイラッとする言葉は?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第225回「第3次安倍政権&自民党不祥事 2015年(その1)」
2. しゃべらせてクリ!・第182回「見守るだけの人、シンパイダーマン参上ぶぁい!の巻〈後編〉」
3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第33回「国民は安倍首相にバカにされている!」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 読者から寄せられた感想・ご要望など
7. 編集後記




69a4f3f120431b93fcab03d1b5acb93cb0009ce7

第225回「第3次安倍政権&自民党不祥事 2015年(その1)

 先週に引き続き、安倍政権及び自民党の不祥事を羅列していくが、その前に先週書き漏らした事項で、後で気がついたものや、読者から指摘されたものを挙げておく。

平成25年(2013)
【4月】
 13日 安倍、日本テレビ『スッキリ!!』に出演。
「安倍首相が本当に来てくれちゃいましたSP」と題し、首相再就任後初の全国放送出演(ローカルは1月13日の「そこまで言って委員会」が初)。
 本来、放送業界では首相の影響力や、偏向報道との批判が起きることを考えて、首相は共同会見しか放送しないのが不文律だった。
 ところが、安倍は第1次政権発足当初からテレビ局や新聞、週刊誌などに話をもちかけて単独出演を始め、第2次政権以降はさらに活発にテレビ単独出演を繰り返した。
 しかも批判的意見や質問をぶつける出演者がいる報道や討論番組ならまだしも、『ミヤネ屋』『笑っていいとも!』『ワイドナショー』など、タレント扱いして好印象だけを視聴者に与えるワイドショーやバラエティに出演して、政権のプロモーション活動をした。これは、明らかに放送法違反である。

【5月】
 24日 マイナンバー法が成立。
 国民にとって必要な制度でも何でもなく、ただ、国が国民の情報を厳格に掌握することで、徴税の強化と社会保障給付の抑制をしようという仕組みであり、国民を監視する手段にもされかねない。

【9月】
 5日 官房長官・菅義偉、記者会見で「福島県においても年間被ばく量は1ミリシーベルトの100分の1以下」と、大嘘発言。

平成26年(2014)
【4月】
 20日 安倍、読売テレビ『たかじんのそこまで言って委員会』に出演。
「私はお国のためなら死ねる」という質問に、「△」の札を上げる。
 パネラーの津川雅彦が「総理になった途端に死ぬ覚悟はできているわけでしょ?」と尋ねるも、最後まで「死ねる」とは答えずにごまかす。
 こんな腰抜けが靖国参拝しても、英霊は不愉快だろうし、意味はないと思うのだが、どういうわけかネトウヨは安倍の靖国参拝を望む。自分も国のために死ねないからだろう。

【6月】
 16日 環境相・石原伸晃、福島第一原発事故除染で出た土などを保管する中間貯蔵施設建設に向けた地元との調整をめぐり、「最後は金目でしょ」と発言。
 被災地を軽視する発言と批判され、翌日謝罪。

【7月】
 1日 集団的自衛権の行使を容認する閣議決定。
 歴代政権が一貫して「違憲」と判断し続け、容認するには憲法改正が必要であるはずの集団的自衛権を、改憲が困難だからと、一内閣の「閣議決定」で容認してしまった。
 憲政史上最大最悪の禁じ手を使ったとしか言いようがなく、これを以て日本の立憲主義は死んだと言って過言ではない。

 3日 安倍、北朝鮮が拉致被害者の再調査を約束したことを受け、独自制裁の一部解除を発表。
 本来、調査報告を受け取り、中身を吟味した上で初めて一部解除するという方針だったはずなのに、安倍は北朝鮮が「かつてない態勢」で調査に臨むと言っただけで制裁解除を決めてしまった。
 当然ながら北朝鮮は約束を守らず、何一つ引き出せずに制裁だけ緩める結果に。

【8月】
 6日 安倍、広島平和祈念式典に出席。
 9日 安倍、長崎平和祈念式典に出席。
 広島・長崎ともに式典のスピーチの冒頭部分など、およそ半分が前年のものと酷似していた事が発覚。「コピペで被爆者軽視だ」と批判される。

 9日 衆院議員・土屋正忠が、田上富久長崎市長の平和宣言について、
「長崎市長は核廃絶について語るから権威があるのだ。集団的自衛権云々という具体的政治課題に言及すれば権威が下がる」
「政治的選択について語りたいなら長崎市長を辞職して国政に出ることだ」
とブログで批判。
 だが、平和宣言は市長が単独で起草するものではなく、「集団的自衛権」への言及を求めたのは被爆者協議会会長だった。

 10日 安倍、台風が西日本を縦断して死者・行方不明12名、避難勧告・指示の対象者130万人以上という大災害の中、長野県の別荘で予定通りの夏休み。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
小林よしのりライジング
更新頻度: 毎週火曜日
最終更新日:2017-05-27 18:00
チャンネル月額: ¥540 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

他168件のコメントを表示
×
産経がさっそく昨日の宮内庁会見を利用して毎日の記事の火消しに走りネトウヨ様が無駄な大はしゃぎをしてますが、昨日会見したのは宮内庁次長の西村泰彦。その西村泰彦とは何者かというのはここにいる方々にはおなじみのあの方です。
http://lite-ra.com/2016/09/post-2589.html
もう言わなくてもわかりますね。
つまり西村とは別の幹部(おそらく陛下に近い方でしょう)が毎日にリークしそれがこの前の一面記事

焦った官邸が昨日西村に会見させ否定の声明文を出し、それを産経に大きく扱わせる。
それに「宮内庁が否定」だけなら去年の退位意向の話をNHKがすっぱ抜いた時も最初宮内庁は否定してましたよね。その後どうなったかは言わずもがな。

ちょっと考えれば簡単にわかる話なんですけどね。
×
少し前に政教分離でなんやかやしていた時に西部邁氏がactionとbehaviorは違うと言ってました。
陛下が政治的権能を有さないからって言う狭小な解釈もそれに通ずるものがあるように思います。
陛下のお気持ち、秋篠宮殿下が皇太子の称号に難色を示されたことからも皇室の願いは分かりきっているのに。
情けない気持ちになりますが、なんとか希望を捨てずにやれることをやります。
×
念のために>>172に補足
毎日の記者やデスクがいつぞやの朝日みたいに誤解(または都合のいいように解釈)して話をデカくしてるって可能性も一応完全否定はしませんよ。まあ確率でいえば10あるうちの0.0001ぐらいだと思いますが。
×
獣医師です。もくれんさんのブログ、まさにその通りで本当はこちらから声を上げなければならないと思うのですが、上げるほど既得権益と言われ逆効果となる状況です。それでも発信しなければ変わらない訳で、問題は権力の私物化と権力に逆らえない官僚の構造なのだと伝えていきたいです。
×
『脱天皇論』
皇室の方々を
自由にせよ~

新しい天皇論
楽しみだぁ~

呑気な読者でスンマホ
×
首相動静(5月22日)
午後6時34分、同所発。同44分、公邸着。坂元一哉大阪大大学院教授、細谷雄一慶大教授、国際政治学者の三浦瑠麗氏と会食。兼原官房副長官補同席。

三浦さん、安倍政権に完全に取り込まれないでほしいですね…
あと、ケナタッチさんはパール判事に何だか似ていますね。笑
×
三浦瑠璃さん、逆に安倍の失言を引き出したりしたら成果かも
userPhoto
M.O
×
小林先生もお気に入りでご覧になっているというTBSドラマ『小さな巨人』が、「豊洲署編」に移ってから驚きました。
劇中に登場する架空の学校法人が、国からの便宜を受けて国有地を払い下げてもらう、という構図が森友学園そっくり!
その学校法人の理事長を和田アキ子が演じているのですが、大阪弁です。
時期的に「森友問題」をモデルに脚本を書くことは可能だったでしょうけど、キャスティングの手配などを考えればギリギリのタイミングですかね?
実際、どうだったのでしょう。

ただ、このドラマ、警察という暴力装置の恐ろしさをリアルに描いていて、「共謀罪」で揺れる現代においてあまりにもタイムリー。
「組織は怖い。実体のない怪物みたいなもんや」という印象的なセリフも用いられ、組織の中で「個」を貫くことの難しさも描かれているので、『ゴー宣』読者の皆様には興味深い内容かもしれません。

もちろん、宣伝ではないです(笑)
でも、芳根京子ちゃんは、むっちゃ可愛くて好きです。
userPhoto
M.O
×
どうやら松井一郎がお嫌いだという方も多いようなので、関西ローカルニュースで得た情報を少し書きます。
先日、福井県の高浜原発が再稼働してしまいましたが、それについて松井は記者会見で以下のように述べました。
「原発は電力の安定的供給のために必要」
「廃棄物の処理が大変」
「事故が起こったら、廃炉費用がいくらになるか分からない」

耳を疑いました。
「廃棄物の処理」は、どうせ福井県さんがやられることだし……といった他人事のような表現。
そして、あってはならない「事故」について、住民の安全や土地の汚染をさしおいて「廃炉費用」の方を心配している!
人や自然よりもカネ!
要は、関西電力と「ずぶずぶの関係」なのでしょう。
確か4期連続の赤字から黒字に転換したばかりですし。

このコメント、福井県の方々はご存じなのでしょうか。
拡散(この表現、何か悪いイメージですが)すればいいかなあと思います。
×
 安倍晋三が失脚しても、竹中平蔵のような連中は、都合のいい法律を、政府に作らせるのだろう。
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。