• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【孫社長「スプリント、時価総額と為替差益のソロバン勘定」】 石川 温の「スマホ業界新聞」Vol.118
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【孫社長「スプリント、時価総額と為替差益のソロバン勘定」】 石川 温の「スマホ業界新聞」Vol.118

2015-02-14 23:30
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    石川 温の「スマホ業界新聞」

                       2015/02/14(vol.118)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    《目次》
    1.スプリントの売却への可能性に「余計なことは言わない」
    ━━謙虚な孫社長による「時価総額と為替差益のソロバン勘定」
    2.アメリカMVNO事業を撤退し、広告費なども大幅削減
    ━━NTTドコモで潤ってきた企業が続々と悲鳴を上げる
    3. ガラホ、日フォン、ガラスマ、新世代ガラケー……。
    ━━折りたたみでスマホOSを採用した端末を何と呼べば良いのか?
    4.今週のリリース&ニュース
    5.編集後記

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    1.スプリントの売却への可能性に「余計なことは言わない」
    ━━謙虚な孫社長による「時価総額と為替差益のソロバン勘定」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     2月10日、ソフトバンクが決算会見を行った。
     その日は地方出張だったため、残念ながら現場に取材はいけなかったが、新幹線のなかで、ストリーミング中継を見た。動画からも孫さんの謙虚な様子は伝わってきた。
     会見を見て、ちょっと驚いたのが、スプリント売却の可能性を聞かれて「上場会社であり、余計なことは言わないほうがよい」と真っ向から否定しなかった点だ。
     それまで孫社長はプレゼンテーションで「挑戦してみて、山の険しさ、高さを改めて認識した。川も渡ってみないと深さはわからない。挑戦する余地はある。長い戦いになる」と長期的に腰を据えるという構えを見せていた。
     シリコンバレーの開発拠点はコスト削減を目的に縮小するものの、ネットワークに関しては、カンザスシティのスプリント本社に宮川潤一氏を送り込むなど、地道に改善を進めていただけに、正直驚いてしまった。
     おそらく、もし「スプリントを買っても良い」という奇特な人が現れるようであれば、孫社長は喜んで手放すのだろう。
     2013年7月にソフトバンクがスプリントの子会社を完了する際、新スプリント社の78%の株式を約216億ドル(約1.8兆円)で取得している。当時の取引では1株あたり7.65米ドルの現金と交換となっていた。
     ではいまはどうなっているか。 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。