• このエントリーをはてなブックマークに追加
■久瀬太一/7月25日/22時30分
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

■久瀬太一/7月25日/22時30分

2014-07-25 22:30
    久瀬視点
    banner_space.png
     警察にスーツの身柄を引き渡したところまでは覚えている。
     その後は記憶がなかった。オレは上手く、事情を説明できただろうか?
     目を開くと、オレは再びあのバスターミナルにいた。人の気配はない。なんの音もしない。目の前にバスが停まっている。そのライトがオレを照らしている。行き先表示は、『8月24日』。ずいぶん先だ。
     不思議と、驚きはなかった。なんとなくまたここに来るような気がしていた。
     オレはベンチから立ち上がる。

     バスに乗り込むと、乗客がひとり増えていた。
     昨日、原稿用紙を膝に載せて眠っていた女性の隣に、別の女性が座っている。2人はよく似ていた。顔立ちも、服装も。でも髪の長さだけが違う。原稿用紙の方はロングで、その隣はショートカットだ。
     ――双子だったのか。
     双子で、みさきを思い出した。彼女にも双子の姉がいる。
     ショートの方は、手のひらほどのサイズのビデオカメラを持っている。その液晶で、なにか映像を再生しているようだった。音声は聞こえない。
    「よう。さっさとこっちにこいよ」
     と、また最後尾から声が聞こえた。
     そこにいるのは、やはりぼろぼろのきぐるみだ。
     少年ロケット。
     その不敵な笑顔がむかつく。
     頭を掻いて、オレはきぐるみに向かって歩く。
    「ずいぶん疲れている様子じゃないか」
     と、きぐるみが言った。
     隣に腰を下ろしながら応える。
    「ぼろぼろで、へとへとだよ。さっさと家に帰りたい」
     シャワーを浴びて眠りたかった。そういえば昨日は汗を流していない。思い出すと不快感が膨れ上がった。
    「でも、ともかくお前は、7月25日を乗り切った」
    「ああ。どうにかな」
    「ソルは頼りになるだろう?」
    「それは否定しないよ」
     オレは視線を窓の外にむける。そこには無人で無音の不気味なターミナルがあるだけだ。
    「で、またオレに不吉な未来をみせるのか?」
    「わかってきたじゃねぇか」
    「とはいえ、今回は少し余裕がありそうだ」
    「余裕? どうしてだ?」
    「行き先が8月24日だった」
     まだひと月ほどある。すぐ明日ってことはない。少なくとも今夜、シャワーを浴びるくらいの時間はありそうだ。
     きぐるみは、けけけ、と作り物めいた笑い声を上げる。
    「そう油断はできねぇぜ? 終着点が、8月24日ってだけだ」
     ドアが閉まり、バスが走り出す。
    「お前、何が目的なんだよ?」
     と尋ねてみた。
    「そのうちわかるさ」
     ときぐるみは答えた。
     バスはトンネルの中に入る。
    読者の反応

    和雄@7/31大富豪8/01カジロワ? @kazuo_niconico 
    次のフラグ日程は8/24!!!


    桃燈 @telnarn 
    いつまでやる気だ!これ!


    交響楽 @koukyoraku 
    まじでひと月やる気か!(歓喜恐怖驚愕その他


    灰色(しろくろ)パンダ@3D小説参加中 @Miraclekurami 
    予告状のなかにいる怪獣、茶色い何か、ケーキが未回収かね 


    ヴァニシングちえみは試験中 @_surrealisme_ 
    スイマにヨフカシにメリーって全部夢関連なのか メリーさんの羊的な 





    ※Twitter上の、文章中に「3D小説」を含むツイートを転載させていただいております。
    お気に召さない場合は「転載元のアカウント」から「3D小説『bell』運営アカウント(  @superoresama )」にコメントをくださいましたら幸いです。早急に対処いたします。
    なお、ツイート文からは、読みやすさを考慮してハッシュタグ「#3D小説」と「ツイートしてからどれくらいの時間がたったか」の表記を削除させていただいております。
    banner_space.png
    久瀬視点
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。