• このエントリーをはてなブックマークに追加
■久瀬太一/8月9日/21時
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

■久瀬太一/8月9日/21時

2014-08-09 21:00
    久瀬視点
    banner_space.png
    「箸で食うパスタは、やっぱりフォークで食うパスタとは別物だ」
     と八千代が言った。
     オレたちはチェーンのスパゲッティー屋で向かい合っていた。
    「ここに誘ったのはお前だろ?」
    「嫌いだとは言ってない。別物だ、と言っただけだよ」
     たしかに箸で醤油バター味の麺をずるずると食っていると、それはパスタだとは思えなかったけれど、美味いは美味い。
     たらことカルボナーラのスパゲッティーに箸をつける八千代に、オレは言った。
    「あんたのスマートフォンとミュージックプレイヤーを盗んだ知人なんだが」
    「ああ」
    「あんたに会いたいと言っている。謝罪の菓子折りを持ってくるそうだ」
     八千代はわずかに、首を傾げた。
    「会えばあのふたつを返してくれるのかい?」
    「そのつもりなんじゃないか、たぶん」
    「なら、会ってもいい。人に会うのは嫌いじゃない」
    「いいのか? こんな状況で」
    「もちろんタイミングは考えるよ。もう少し先でいい」
     やっぱり八千代は、あのスマートフォンか、ミュージックプレイヤーを取り返したがっているようではあった。でも少なくとも、慌ててはいない。
    「彼女――スマホやミュージックプレイヤーを盗んだ女性は、ある雑誌の編集をしていてね」
    「へぇ」
    「へんなオカルト雑誌なんだ。それでみたんだけど、あんた、水曜日の噂って知ってるか?」
     たらこスパゲッティーを口に運ぼうとしていた八千代は、途中で箸をとめて、こちらをみる。
    「いや。聞いたことがないな」
    「水曜日の歌声には暗号が隠れている。水曜日のバスは終点に辿り着かない。そんな噂話だ」
    「それで?」
    「それだけだよ」
     八千代はスパゲッティーをずるずると食ってから、言う。
    「なにかもう少し、オカルトらしいオチはないのかい?」
    「さあな」
     それらの噂の結末はわからない。なにせオレは、今もまだそれを体験している途中だ。
    「都市伝説にはオチと悲劇的な真相が必要だって、その記者に伝えておいてくれ」
     と八千代が言った。
     オレのみた限りでは、彼が嘘をついている様子はなかった。八千代が本気で嘘をつこうとしたなら、それを見破れる自信もないが。
     ――八千代は、あのバスのことは知らない?
     思えば、あのバスが今のところ、もっとも正体不明だ。
     ほかの超常現象はとりあえずプレゼントみたいだけど、あれも同じく、誰かのプレゼントなのだろうか?
     そういえばプレゼントのことも訊けと言われていたな、と思い出して、オレはきり出す。
    「ノイマンって知ってるか?」
    「ふたり思い当るな」
    「片方は、ジョン・フォン・ノイマン?」
    「その通り。偉大なコンピュータの発明者だ」
    「そっちじゃない。まだ生きいてる方だ。女性らしい」
    「なら、何度か会ったことがあるよ」
     へぇ、と思った。
    「お前の友達は、強硬派ばかりじゃなかったのか?」
     ノイマンは穏健派だときいている。
    「そっちの方が多いってだけだよ」
    「ノイマンもプレゼントを持っているのか?」
    「そんな話を聞いたことがあるな」
     八千代は意外に素直に答える。
     オレはパスタの上に載っているナスをつまんで、口に運んだ。
    「どんなプレゼントだ?」
    「そこまでは知らない。でも、名前は聞いたことがある」
    「なんだ?」
    「ノイマンの世界」
     ずいぶん大げさな名前だ。
    「強そうだな」
     とオレは、小学生みたいな感想をもらした。
     八千代は肩をすくめる。
    「まったくだよ。強そうな女性は敵にしたくない」
    「ドイルの書き置きだって、充分強そうだぜ」
    「おいおい、それがオレのプレゼントだってのかい?」
    「ファーブルはそう言っていた」
    「信じてるのか?」
    「あいつが嘘をつかないって言ったのはお前だろ?」
    「だれにだって勘違いはあるさ。勘違いは嘘じゃない」
     オレはため息をついて、またパスタに箸をつける。底の方は味が濃くて、グラスの水をごくごくと飲んだ。
    「イコンってのが、プレゼントとかかわってるんじゃないかな」
    「ああ。オレもそうじゃないかと思ってるよ」
    「どうかかわっているんだと思う?」
    「そこまではわからない」
    「イコンってのは、たくさんあるのか?」
    「少なくともひとつではないみたいだよ。ひとつのプレゼントにつき、イコンもひとつ、と考えるのが自然じゃないか?」
     ――あのミュージックプレイヤーも、イコンなんじゃないかって説があるぜ。
     と、言ってみようかと思ったけれどやめる。はぐらかされるだけだろう。
    「オレの部屋から盗まれた、あの白い星。あれもイコンだったんじゃないかな」
    「可能性はある。それなら、4つの鍵のついた箱で守られていたのもわかる」
    「なら、ファーブルはイコンを手にいれようとしていたってことか?」
    「それはわからない」
     まあ、オレにしてみれば、白い星の方はどうでもいい。
     大事なのはソルのスマートフォンだ。
    「あいつに盗られたものを取り返したい」
    「ああ。賛成だよ。奴らが欲しがってるってだけで価値はある」
     八千代はスパゲッティーの、最後の1本を丁寧に口に運んで、首を傾げた。
    「ファーブルから連絡は?」
    「ない。こちらから電話をかけても繋がらない」
    「それは不思議だ」
     八千代は口元で笑っている。
    「あいつは君を、仲間に引き込もうとしてたはずだ。どうして君からの連絡を拒む理由があるんだろう?」
     わからない。いや。
     ――オレが必要なくなったからじゃないか?
     傍からみればオレは、特殊だろうと思う。
     なにも知らないただの大学生が、でもところどころで、妙に聖夜協会に深く関わっている。小箱にかかった4つの鍵もあけた。ファーブルからみれば、悪魔を確保したのもオレたちだ。あいつはその辺りに興味を持ったのかもしれない。
     でもそれらはみんな、ソルの力によるものだ。
     ファーブルの興味が、オレからソルに向いたのだとすれば、納得がいくように思う。
    「なにか思い当るかい?」
     と八千代が言う。
    「いや」
     と、とりあえずオレは首を振る。
    「なんにせよ、向こうから接点を切られると、ちょっと手を出しづらいね。ファーブルについて調べるのは骨が折れそうだ」
     その通りだ、とオレは思う。
     スイマたちに見張られたまま、ファーブルの行方を追うのは、途方もなく困難なことに思えた。
     ――もう一度、オレの前にファーブルが現れるように仕向ける?
     どうやって?
     そうだ、と思い当る。
     今、ソルたちは、ファーブルと連絡が取れるのではないか?
     彼らならなんとかしてくれるかもしれない。
     ――オレが意識するだけで、ソルにはメッセージが伝わる。
     たしか以前、ソル自身からそんなメールをもらっていた。
     だから心の中で、オレは念じる。

           ※

     頼む、ソル。
     どんな方法でもいい。
     ファーブルがもう一度、オレの前に現れるように仕向けてくれないか?
     可能なら、あのスマートフォンを手にした状態で。

           ※

    「さっさと食えよ。冷めちゃうぜ」
     と八千代が言って、オレは目の前のパスタを思い出す。
    「ま、ファーブルをなんとかする方法は、オレも考えてみるよ」
     彼は笑う。でも。
     オレは八千代が、血を流して倒れている未来を知っている。

    ――To be continued読者の反応

    闇の隠居 @yamino_inkyo 2014-08-09 21:00:40
    @sol_3d こここここ更新と……電波きたーーー  


    セトミ@レンブラント派アイちゃん派 @setomi_tb 2014-08-09 21:01:52
    世界!  


    秋沙(あいさ) @Isa_Laurant 2014-08-09 21:02:14
    電波!!  


    minion @minion_strife 2014-08-09 21:03:30
    ファーブルと交渉だー!  


    かめ@kameaaa32 @kameaaa32 2014-08-09 21:03:50
    とりあえずう○この画像おくろう。割と真面目に  


    少年(ベルくん) @3d_bell 2014-08-09 21:05:11
    久瀬さんのアドレスから、メールが届きました!
    とにかく、コピペします!


    少年(ベルくん) @3d_bell 2014-08-09 21:05:30
    【誰かからのメール】
    はじめまして。スマートフォンを預かっている者です。
    どうやらあなたは、「私共」の事情に、充分お詳しいようにお見受けします。
    私たちはよい友人になれるように思うのですが、いかがでしょう?
     

    やんわり@町会議8/30山口! @yanwalee 2014-08-09 21:05:45
    ファーブルか!?  


    少年(ベルくん) @3d_bell 2014-08-09 21:05:50
    【誰かからのメール】
    こちらは、「名前のないプレゼント」のイコンをほぼ特定しております。
    お話できましたら幸いです。ご連絡、お待ちしております。


    サトウ地依図@sato @siam1224 2014-08-09 21:06:14
    @sol_3d ってメールきとんのかーい!返信かんがえな!!w   


    スター(ロボ)/Lost公開! @Sutaa 2014-08-09 21:07:22
    強そうだな。(小並感)


    少年(ベルくん) @3d_bell 2014-08-09 21:10:14
    ↓のメールを送りました!
    「君の方は私についてどれくらい知ってる?」
     

    少年(ベルくん) @3d_bell 2014-08-09 21:16:38
    ↓のメールを送りました! 制作者からの返信でした。でも、いつもとはちょっと違いました。
    「あなたは誰ですか?」


    少年(ベルくん) @3d_bell 2014-08-09 21:17:07
    【制作者からのメール】

    賢明で行動力に溢れる諸君。
    残念だが、現在は電波が入っていない。 


    少年(ベルくん) @3d_bell 2014-08-09 21:20:18
    @yuki_seiyudo いつもはメールのうしろに「今回送信されたメールは、近々彼に届くだろう。」という文があるんですけど、それがなかったです!  


    極端P@3D小説楽曲担当班 @Piri_dm_ 2014-08-09 21:15:07
    電波きれたwwwwwwwなんだそりゃwwww 


    やんわり@町会議8/30山口! @yanwalee 2014-08-09 21:17:48
    ( ゚д゚)  


    OMG @omg_red 2014-08-09 21:15:07
    電波切れるの早いなおい  


    交響楽 @koukyoraku 2014-08-09 21:15:59
    電波切れたか
    次に繋がるまでに対策を立てないと 


    リコリス@単冠湾泊地 @lycoris_alice05 2014-08-09 21:21:15
    ファーブルが探してんのは英雄の証だったか?  


    OMG @omg_red 2014-08-09 21:23:13
    この手の交渉はソルが2番目に苦手なことと思われる。意思統一が難しすぎてどうしたものやら
    1番苦手なのは能動的に動くこと  


    ユノノギ@3D小説『bell』第1部完 @yunonogi 2014-08-09 21:25:05
    スプレッドシートにて、スマホ拾った人への対策はじまってます!https://docs.google.com/spreadsheets/d/1HJONnnJX6M48MzW0XqbY/edit





    ※Twitter上の、文章中に「3D小説」を含むツイートを転載させていただいております。
    お気に召さない場合は「転載元のアカウント」から「3D小説『bell』運営アカウント(  @superoresama )」にコメントをくださいましたら幸いです。早急に対処いたします。
    なお、ツイート文からは、読みやすさを考慮してハッシュタグ「#3D小説」と「ツイートしてからどれくらいの時間がたったか」の表記を削除させていただいております。
    banner_space.png
    久瀬視点
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。