• このエントリーをはてなブックマークに追加
■山本美優/12月21日/15時30分
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

■山本美優/12月21日/15時30分

2014-12-21 15:30
    山本視点
    banner_space.png
     山本さん、と赤いジャケットの男は言った。
    「わざわざ解説が必要な肩書きなんてものはバカバカしいと、オレ自身思うけれどね。旅先案内人ってのは、まあ便利屋みたいなものだと考えてもらえればいい。何でも屋ってほどなんでもはしない。でも一言では言い表せないくらいに、いろいろなことをする仕事だ。今回はある女性に頼まれて、ひとりの男を捜している。――って、これは、さっきも言ったかな?」
     私はその男――八千代さんの話を、ほとんど聞いていなかった。
     彼が私の名前を知っていたことに、ただただ驚いていた。
    「食事、続けて。せっかくの料理が冷めてしまう」
     そう勧められて、本当に箸を握ろうとして、だがどうにか踏みとどまる。
     ようやく尋ねた。
    「どうして、私の名前を知っているんですか?」
    「依頼人から聞いたんだ。写真もみせてもらった。明日、大学の方に行ってみるつもりだったんだ。今日ここで会えたのは偶然だよ。オレも目を疑った」
    「依頼人って、だれですか?」
    「ごめんね、それは言っちゃいけないことになっている。とはいえ君を捜していたのは、本当に話を聞きたかっただけだよ。住所も電話番号も知らない。わかっているのは大学と、あとは愛媛出身だってことくらいだ。それほど警戒する必要はない」
     警戒がいらないといわれても、そんなもの、気になるに決まっている。
    「どうして、私に?」
     とどうにか尋ねる。
    「捜している男が最後に会った人物が、どうやら君らしくてね。とはいえ、もうずいぶん前のことだ。ええと――」
     八千代さんは手帳をめくって、言った。
    「今から、ちょうど10年前の、春。思い当たることは?」
    「あります」
     もちろん、ある。
     10年前の春に消えた男の子。――彼のことは、クリスマスシーズンになるたびに思い出す。いや、思い出すという表現は正確ではないかもしれない。そもそも私は、彼のことを忘れたことがない。 
    「久瀬くんを捜しているんですか?」
     八千代さんは少しだけ眉をひそめる。
    「久瀬? ――いや、たぶん違う」
    「たぶん?」
    「オレも本名は知らないんだ。でも、君が『くん』とつけて呼ぶ歳じゃない。きっと君のお父さんよりも年上だよ」
     違うのか。
     確信していただけに、気が抜けた。
    「じゃあわからないです」
     ほかにいなくなった人なんていない。
    「待って。関係あるかもしれない。久瀬くんっていうのは?」
    「小学校のころの同級生です。一緒に学校に通っていたのは半年くらいですけど」
     彼は小学3年生のクリスマスでひどい事故に遭い、そのまま長い間、入院していた。
     そして小学4年生が終わるころ――10年と9か月前の3月に消えてしまった。
     そう説明すると、八千代さんはせわしなく手帳をめくって、言った。
    「もしかして君は、その少年のお見舞いにいったのか?」
    「ええ、はい。何度か」
     とはいえ彼は、関東の病院に入院していたから、そう頻繁には訪ねられなかった。
    「最後に会ったのは?」
    「彼がいなくなる直前です」
     仕事の都合で、父がたまに東京に行くことがあって、私は無理を言ってそれについていった。
     でも、あの3月、私が会ったすぐあとに、彼は消えてしまった。
    「消えたってのは、どういうことだい?」
    「そのままです」
     急にその病院からいなくなって。どこに行ったのかもわからなくて。
     小学生の私には、彼の行き先を調べる方法も思いつかなかった。
     大人になったら調べようと思っていて――なのに、どうしてだろう――今まで忘れていた。
     八千代さんは頷く。
    「君は、その少年の病室で誰かに会わなかったかい?」
    「誰か?」
    「そう。たとえばセンセイと呼ばれる、初老の男性だ」
     センセイ? センセイ――
     そんな風に呼ばれていたのかは、知らない。
     でも。
    「確かに、男の人には会いました」
     お父さんよりも年上の、お祖父ちゃんくらいの歳にもみえる男性。
    「オレが捜しているのは、その人だよ。その人もね、君がいう、久瀬って少年とほとんど同じ時期に姿を消している」
     どういうことだ?
     もしかして――
    「その、センセイという人が、久瀬くんを連れ去ったんですか?」
    「わからない。あの人のことは、本当にわからないんだ。どんな話をしたの?」
    「覚えていません。ほとんど意味のあることは話さなかったような気がします」
    「じゃあ、センセイからなにか受け取らなかったかな?」
     どうだろう? なにか? なにを――
     そうだ。
    「携帯電話」
    「携帯?」
    「携帯電話か、なにかそういうものを、渡された気がします」
    「それだ」
     八千代さんが身を乗り出す。
    「その電話、どこにある?」
    「たぶん実家に。捨てた覚えはないから、どこかにしまい込んでいるのかも……」
    「実家っていうのは愛媛の?」
    「ええ、はい」
    「近いな。今すぐ確認したい」
     八千代さんがそう言ったタイミングで、ちょうど店員さんが料理を運んでくる。
     彼は言った。
    「食事のあとで、すぐに移動しよう」
    「いや、あの、私は明日まで学校です」
    「今夜愛媛に戻って、明日の朝戻ってくればいい。学校は何時から?」
     答えたくない。
     なんなんだ、一体。
    「久瀬って子のことも、まとめてわかるかもしれない。センセイはその少年の病室を訪ねたんだ。そしてその少し後に、姿を消した」
     久瀬くんに関係しているのだろうか? あの携帯電話が?
    「もうすぐ実家に帰る予定です。数日、待ってもらえませんか?」
     でも八千代さんは首を振る。
    「実はね、制限時間は24日までだと聞いているんだ」
    「制限時間、ですか?」
    「センセイをみつけるまでの制限時間。オレもよくは知らない。たとえば、24日までに足取りを終えなければ、センセイが海外に行ってしまう、という風な事情があるのかもしれない。なんにせよオレには時間がない。君も久瀬って少年の行方を知りたいのなら、急いだ方がいい」
     24日? イヴだ。
     いや、そんなことはどうでもよくって、あと3日しかない。
    「どうする? 車なら出せる」
     と八千代さんは言った。
     私は首を振る。
    「いえ」
     知らない男性の車に乗るつもりはない。
    「まだ高速バスの便に間に合うと思います」
     そう答えて私は、冷めかけた煮魚定食に箸をつけた。
    読者の反応

    スター(着ぐロボ) @Sutaa
    「待って。関係あるかもしれない。久瀬くんっていうのは?」

    え?


    aranagi@静岡ソル @arng_sol
    これはまた別の話なのか、八千代が久瀬を知らない・・?


    belka109 @belka109
    久瀬くんと面識のない平行世界とか? 


    ほうな@bellアカ @houna_bell
    更新きたけど時系列がおかしくねぇかこれ 過去の話? 


    そらいろ @s0rat0kum0
    これいつの話・・・?
    で、たぶん依頼主はメリーか?


    神を信じる者@3D小説足引っ張り組 @kamishinzya3d
    訳分かんねwww楽し過ぎですわぁww


    マユズミ@メリー様派 @A_Craisi
    凸るなら今日か明後日になるけど…問題は今、腹いっぱいで定食屋に入る気にならないこと。
     


    ゆゆ子。 @yuzuyoriyuyuko
    おー今アタッシュケースの時の電話番号にかけたらお疲れ様これからもよろしくーっていわれたー!


    羊っ子の古書店さん@閑話まとめ班 @aozikosyoten
    未だ、資料用ファイルはパスが不明です。これは、ソルには関係ないかもしれません。 





    ※Twitter上の、文章中に「3D小説」を含むツイートを転載させていただいております。
    お気に召さない場合は「転載元のアカウント」から「3D小説『bell』運営アカウント( @superoresama )」にコメントをくださいましたら幸いです。早急に対処いたします。
    なお、ツイート文からは、読みやすさを考慮してハッシュタグ「#3D小説」と「ツイートしてからどれくらいの時間がたったか」の表記を削除させていただいております。
    banner_space.png
    山本視点
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。