• このエントリーをはてなブックマークに追加
【第367号】烈子とヤマトとハサウェイ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第367号】烈子とヤマトとハサウェイ

2021-11-08 07:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第367号 2021/11/8

    烈子とヤマトとハサウェイ

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    【選挙とハサウェイ】


    今週は選挙の結果にただただ落胆しながら始まった。

    投票所の列は見た事のないほど混み合っていたし(僕のタイムラインでは)SNSも投票に行く人達で溢れていたのだから期待もしてしまう。


    ところが現実はあの様な有様で、多少の変化はあったものの、これほどまでに国民を不幸にしている現政権が維持されたという。


    「何だこれ?」


    僕の中の違和感はピークに来ている。

    「絶対におかしい」

    本格的に目隠しをされたまま暗闇に突き進んでいる気がする。


    暗澹とした気分のままディスカバリーの企画を考えるが進まない。

    結局最近観た「閃光のハサウェイ」の話と政治の話を組み合わせて考察をまとめる事にした。


    こういう時「ガンダム」という共通言語の存在は本当にありがたい。

    (ぜひディスカバリーレイジチャンネル122を御覧ください)

    f0bfa8bb823abf596c3f2e679dd4cde9e4b46710

    そして「バグラビ」収録。

    今回はアライグマのOLがデスボイスで叫ぶ「アグレッシブ烈子」の話。

    (3シーズンあったのだけど、途中からかなり面白くて一気見できた)

    bce121739cd53876652c26a4dab70972e72a661c

    その直後に「宇宙戦艦ヤマト」考察のヤンサン生放送というスケジュール。


    漫画学校の講義(オリキャラの作り方)も挟んでいるので中々の忙しさだった。



    【ヤマトから鳥山明へ】


    久しぶりに観たヤマトはひたすら「他者のために闘う物語」だった。


    全キャラクターが「俺はいい、お前が生きろ」と本気で思っている。


    「俺が私が」という内面的葛藤など出てこない。


    同時に戦前の全体主義や武士道の「桜と死」みたいな「滅びの美学」も強く感じる。

    そっちの危険性も感じるのは否めない。


    そんなヤマトが「古臭いもの」とされた80年代、鳥山明が現れる。


    「滅び」も「死」もない世界で、主人公は無邪気に「遊び」「強いやつと闘いてえ」と言う。


    自分のやりたい事をやればいいという時代になったのだ。


    しかし「烈子」になると「自分が何をしたいのかわからない人生」に悩む。

    2e6289e1a6a9405b9b66388a3083ca137d82e7fd

    「他者」を捨てて「自分のため」に生きれば幸せだったはずが、肝心の「自分」を見失なうという現代(いま)が続いている。


    おまけにヤマトの時代には常識でもあった「誰かのために生きたらその苦しみは終わる」という選択肢を烈子は誰にも教えてもらえないまま生きている。

    (カバ恵さんが近い事を伝えてはいるけど)



    【ハサウェイの中の松本零士】


    「男には負けるとわかっていても闘わなければいけない時がある」というセリフは松本零士作品の定番のセリフだ。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。