• このエントリーをはてなブックマークに追加
極東と中東の緊張が高まる中、アルバート・パイクの第三次世界大戦の計画書の信憑性について検討
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

極東と中東の緊張が高まる中、アルバート・パイクの第三次世界大戦の計画書の信憑性について検討

2017-12-09 00:50

    クリックして拡散のための応援をお願いします


    br_c_4523_1.gif
    社会・政治問題ランキング  

     

     

    (上記写真は1901年に建てられた高さ33メートルのアルバート・パイクの銅像 

    米国の首都ワシントンDCの司法広場にある)



    北朝鮮を中心とした極東(ロシア、中国、米国、日本、韓国)と、

    イスラエルを中心とした中東(サウジ、イラン、エジプト、トルコなど)の軍事的
    緊張が高まっている。


    この状況は、偶然起きたものであなく、フリーメーソン最上層部・国際銀行力が

    意図的に引き起こしている、とする説がある。


    その根拠の一つになっているのが、19世紀後半の米国フリーメーソンのトップ
    であったアルバート・パイク(1809~1891)が、イタリア統一の指導者であった
    マッツィーニ(これもフリーメーソンの最上層部階級)に1871年に宛てた手紙の
    存在である。


    そこには、以下のような内容が書かれていたという。


    (アルバート・パイクの予言より転載)

    http://hexagon.inri.client.jp/floorB1F_hap/_floorB1F_ap.html



    第一次世界大戦は、ツァーリズムのロシアを破壊し、広大な地をイルミナティのエージェントの直接の管理下に置くために仕組まれることになる。そして、ロシアはイルミナティの目的を世界に促進させるための“お化け役”として利用されるだろう。」


    第二次世界大戦は、『ドイツの国家主義者』と『政治的シオニスト』(パレスチナ地方にユダヤ人国家を建設しようとする人々)の間の圧倒的な意見の相違の操作の上に実現されることになる。その結果、ロシアの影響領域の拡張と、パレスチナに『イスラエル国家』の建設がなされるべきである。」


    第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている……」

    「キリストの教会と無神論の破壊の後、ルシファーの宇宙的顕示により、真の光が迎えられる……」

    (転載終了)


    第一次世界大戦(1914~1917)の末期の1917年にロシア革命がおこり、
    ロシア帝国は崩壊した。

    そのロシア革命を大規模に資金的に支援したのは、ウォール街の国際銀行財閥であった。


    そして、第二次大戦を起こしたヒトラーのナチス・ドイツを支援したのも国際銀行家であった。

    例えばナチスは創設時からFRBの創設者のポール・ウォーバーグの兄弟である
    マックス・ウォーバーグが支援金を出していた。

    またその後も、ドイツの中央銀行総裁であり、産業界を統括していたシャハトらが
    ナチスを支援した。

    戦争中も、スイスのバーゼルにある中央銀行の国際組織であるBIS国際決済
    銀行が、ナチスと米国や南米の物質的取引の資金決済を行っていた。

    その第二次大戦後、イスラエルが誕生した。

    そして現在のシオニストとアラブ・イスラム諸国との深刻な対立が起きている。

    また、イスラエルの後ろ盾である米国では、核戦争のハルマゲドンを待望する天啓史観の

    キリスト教根本派が7000万人と米国の最大の宗教勢力になっている。

    http://amzn.to/2B26AjW


    このキリスト教カルトが巨大化したのは20世紀に入ってからである。

    ロックフェラー財団などから大規模な支援金を受け取ってきた結果だ。


    この宗教勢力が、ブッシュやトランプなど共和党の最大の支持基盤となっている。


    まさに上記のアルバートパイクの予言の記述の通り、歴史は進展してきている。


    この書簡は、第一次世界大戦までは、大英博物館で公開されていたが、

    その後は、非公開にされてしまった、と述べられている。


    問題は、この書簡の存在が事実なのかどうかだ。


    最初にアルバート・パイクの書簡の存在に触れたのは

    ロドリゲス、ホセ・マリ・カロ枢機卿の
    「フリーメーソン団の暴かれた秘密」1925年

    であると、「原爆と秘密」の著者であるデイヴィッド・J・ディオニシ氏(元米国陸軍
    情報将校で米国最大の資本規模のメットライフ生命の元副会長)

    は述べている。


    つまり1925年に上記の書簡が確認されていた、ということであるなら、

    この書簡の内容は、後だしジャンケンではないという事になる。

    その後に起きた1945年まで続いた第二次大戦とイスラエルの建国、

    更に現在のイスラエルとアラブ諸国の対立、北朝鮮を中心とした極東の対立
    などは計画的に仕組まれてきた、という可能性はありえるだろう。


    第一次大戦、第二次大戦、そして現在の極東と中東の軍事的緊張の背後には

    全て国際銀行権力の強い関与が認められるためだ。


    この予言書が事実であると仮定した場合、何故、アルバート・パイクは3つの
    世界大戦を計画する必要があったのか?


    それは、世界統一政府を創造し、フリーメーソン最上層部・国際銀行権力の
    支配する世界政府を実現するためのシナリオだという事だろう。

    第一次世界大戦後の国際連盟の創設、第二次世界大戦後の国際連合の創設

    そして第三次世界大戦後の世界統一政府の建設・・・

    秘密結社による自由民主制の統治は、一般市民の合意が無く進められる
    非民主的なマインドコントロールシステムであり、知らず知らずのうちに
    地獄へと誘導されかねない極めて危険な要素をはらむものなのだ。


    この支配システムの変革を人類は総力をあげて直ちに行うべきである。


    直近の関連Twitter

    HX4HOALc_normal.jpg天野 統康@amanomotoyasu 

    シリア防空システム イスラエルのミサイルを再び迎撃: https://t.co/1B284TRps8 6発のうち3発を撃ち落としたという。2分の1の確率で撃ち落とせるとは凄い。イスラエルは主権国家の領土に何発もミサイルを打ちこんで… https://t.co/1KLfxN2GNI

    2017年12月06日 23:42

    HX4HOALc_normal.jpg天野 統康@amanomotoyasu 

    米大統領 6日にエルサレムの首都認定=ホワイトハウス高官: https://t.co/85kiv779ws 遂に親シオニストのトランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定。現在の銀行権力は、ロシアに寛容で反イスラムか、反ロ… https://t.co/zJWlqKyQHM

    2017年12月06日 23:26

    HX4HOALc_normal.jpg天野 統康@amanomotoyasu 

    ■「現在の北朝鮮危機は朝鮮半島を『戦争半島』にするために『世界支配階級』が仕掛けた」とする経営評論家鈴木啓功氏の分析は正しいだろう https://t.co/F3BbBoxou4北朝鮮にミサイルを渡したのはウクライナの企業である。… https://t.co/4bxa0EQBlE

    2017年12月01日 04:11

    今回の記事の参考書籍






    現在の日米欧の自由民主制度は次の図のような状況にある。











    このマインドコントロール体制を次の図のように変化させなければならない。

     

     

     

     

     

    日米欧の自由民主制の隠されてきた仕組みについての詳しい解説は

    こちらの本をお読みください。

    o0220032213601420005.jpg?caw=800 o0220032213602313086.jpg?caw=800




    <リンク>頂いた書評の一覧 『世界を騙し続けた[詐欺]経済学原論』 『洗脳政治学原論』

    <リンク>天野統康の本 amazon


    ■動画での解説

     

    <リンク>世界を騙し続けた「詐欺」経済学と「洗脳」政治学

     

    <リンク>天野統康氏「世界を騙し続けた【詐欺 経済学】【洗脳 政治学】を越えて」出版記念講演ワールドフォーラム2016年5月

     

     

     

    ■真の民主社会を創る会

     

    真の民主社会を創る会では、現代の自由民主主義体制の

    社会的矛盾の根本である政府と通貨発行権の分離と

    軍事支配を無くす社会を目指しています。


    <リンク>真の民主社会を創る会HP



    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

    ■講演会

     

     

    <リンク>12月23日 増山れな監督の最新映画の上映会&トークイベント 増山れな&天野統康




    ■最新刊



    98a6cb7263d7e2c5e1c243d60ddaa71f54231fee

     

    マルクスもケインズも触れなかった

    嘘まみれ世界金融の「超」最大タブー

    お金はどう作られ、どう失くなっていくのか

    著者:安部 芳裕、天野 統康    価格:1500円+税

    ☆2016年12月6日全国発売☆

    amazon 経済学ランキング1位

    購入はこちらから→<リンク>ヒカルランド

    動画による本の解説はこちら→<動画リンク>著書「嘘まみれ世界金融の超最大タブー」を解説


    ■無料ブログ
    <リンク>
    天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  


    HP

    <リンク>天野統康事務所 


    ■無料セブンステップ


    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    ■Youtube
    https://www.youtube.com/user/07amano/videos



    ■Teitter
    https://twitter.com/amanomotoyasu




    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。