• このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】国際銀行家の景気変動のツールである信用創造の仕組み 311人工地震原発爆破テロなど
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【動画】国際銀行家の景気変動のツールである信用創造の仕組み 311人工地震原発爆破テロなど

2018-05-02 02:20
    ※この記事は無料ブログ「天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論」
    からの転載です。
    https://ameblo.jp/amanomotoyasu/day-20180502.html


    4月7日に行った「真の民主社会を創る会」の勉強会の動画をYoutubeにアップしました。

    https://youtu.be/syzHqnHWsQk

    訂正 
    23:38 23:58 
    誤)最終消費財(消費者が購入する金額) 
    正)最終生産額(各企業の売上金額) 
    付加価値=名目GDP=総生産額(最終生産額×生産量)ー原材料費
    または、名目GDP=最終消費財の平均価格(消費者物価)×生産
    量 
    ※日銀が物価目標2%としている物価とは、最終消費財の物価の事

    当日の資料はこちら→https://1drv.ms/w/s!Am6yoORUmDYOjBgc2...



    天野統康のブログに掲載した記事を元に、18年3月の政治経済について解説しました。

    講演時間は2時間。

    「講師」
    真の民主社会を創る会  天野統康

    【内容】
    ・銀行家の景気変動のツールである信用創造の仕組みを解説した会報4号の動画と解説
    動画→https://ameblo.jp/amanomotoyasu/entry...
    会報4号→https://1drv.ms/b/s!Am6yoORUmDYOjBasu...

    ・国際銀行権力が普及させてきた主流経済学は、お金が創られる信用創造の仕組みと、市場の景気変動を研究するマクロ経済学を意図的に融合させてこなかった

    ・市場の説明 お金と商品の交換場所

    ・GDP(経済規模)取引の計算が行われる製造業などの実体経済

    ・株や不動産などの金融経済の取引はGDP取引に含まれない

    ・主流経済学が新規の購買力を実体経済向けと金融経済向けに分けることができない理由

    ・主流経済学は現金+預金のみで購買力を考えている

    ・新規の購買力を信用創造量で考えれば実体経済向けと金融経済向けに分割可能

    ・中央銀行は民間銀行の蛇口を様々な政策で操作する

    ・日銀の総裁さえ、信用創造量の操作(窓口指導)から目隠しされていた

    ・日銀も含めた各国中央銀行内部にプリンスと言われる秘密結社の派閥が存在とヴェルナー氏

    ・日本および世界で繰り返される中央銀行の意図的な景気操作は金融クーデター

    ・統計は公表されているが、どのように考えるかを学問とマスコミで管理

    ・哲学の悪用 金と知は力なりを実践

    ・操作される民主政治の源流 メンデルスゾーンが怒ったフリーメーソンの真理の秘密とは何か?
    https://ameblo.jp/amanomotoyasu/entry...

    ・サバタイ派ユダヤの歴史

    ・フリーメーソンがルシファーを崇拝しているといわれる理由

    ・資本主義も民主主義も基本システムを無意識化させることで操作する 仕組みが悪いのではなく、教えないことが悪い

    ・19世紀、20世紀、現在までの欧米の主流学問は、自由民主制の真のモデルから巧みに目を逸らさせる役割をはたした

    ・311人工地震原発爆破テロから7年目 911自作自演テロと共に人類が解決するべき権力犯罪
    https://ameblo.jp/amanomotoyasu/entry...

    ・311や911が可能になるのは、自由民主制のマインドコントロールシステムで真の権力が見えなくなっているため

    ・日米欧の自由民主制の負の側面が純粋な形で現れた事例としての911、311

    ・経済的利益だけの問題ではなく、生殺与奪権の問題

    <関連リンク>3月の記事の一覧

    https://ameblo.jp/amanomotoyasu/archi...



    ※「真の民主社会を創る会」では
    会員を募集しております。

    代表 天野統康(あまの もとやす)


    副代表 古村 剛(ふるむら つよし)




    会員の申し込みは下記の項目をお書き頂き
    以下までメールをください。

    amano-jimusho@nifty.com


    ・メールアドレス※

    ・電話番号(携帯番号可)

    ・お名前※

    ・フリガナ※

    ※ボランテイアスタッフ募集
    講演会などで紙を配る、参加費を受け取るなど
    お手伝いをしていただける方いましたらご連絡ください。

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    ■HP 真の民主社会を創る会
    http://sinnominshushakai.world.coocan...



    ■勉強会のご案内 真の民主社会を創る会

     

    <リンク>5/12(土)民間が所有する中銀NY連銀の人事 自作自演による英米仏のシリア空爆の背景

     

     

     

     

    ■会報 真の民主社会を創る会

     

    毎月、会報を作成しています。隠されてきた経済の仕組みと景気変動の原因を誰にでもわかりやすくビジュアル化しています。


    <リンク>会報第1号が完成 世界一わかりやすく景気変動の原因を図解  真の民主社会を創る会


    <リンク>【会報2号と動画】「国際銀行家に管理される通貨システムの全体像」を解説した会報と動画


    <リンク>【会報3号と動画解説】「民間銀行がお金を無から作り、消滅させる信用創造の仕組み」をビジュアル解説



    真の民主社会を創る会では、現代の自由民主主義体制の

    社会的矛盾の根本である政府と通貨発行権の分離と

    軍事支配を無くす社会を目指しています。


    <リンク>真の民主社会を創る会HP

     

    (記事終了)



    クリックして拡散のための応援をお願いします


    br_c_4523_1.gif
    社会・政治問題ランキング  

      

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




    ■フリーメーソン最上層部ユダヤ系国際銀行権力に操作される日米欧の自由民主制(資本主義経済と民主政治)のモデル


     


    ・上記の経済システムの説明動画はこちら→<リンク>真の民主社会を創る会 Youtube










    ■上記の自由民主制の欠陥を克服し、民主主義の完成を目指す理想の社会モデル(下図)







    日米欧の自由民主制の隠されてきた仕組みについての詳しい解説は

    こちらの本をお読みください。

    o0220032213601420005.jpg?caw=800 o0220032213602313086.jpg?caw=800




    <リンク>頂いた書評の一覧 『世界を騙し続けた[詐欺]経済学原論』 『洗脳政治学原論』

    <リンク>天野統康の本 amazon


    ■動画での解説

     

    <リンク>世界を騙し続けた「詐欺」経済学と「洗脳」政治学

     

    <リンク>天野統康氏「世界を騙し続けた【詐欺 経済学】【洗脳 政治学】を越えて」出版記念講演ワールドフォーラム2016年5月

     

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


    ■最新刊


    98a6cb7263d7e2c5e1c243d60ddaa71f54231fee

     

    マルクスもケインズも触れなかった

    嘘まみれ世界金融の「超」最大タブー

    お金はどう作られ、どう失くなっていくのか

    著者:安部 芳裕、天野 統康    価格:1500円+税

    ☆2016年12月6日全国発売☆

    amazon 経済学ランキング1位

    購入はこちらから→<リンク>ヒカルランド

    動画による本の解説はこちら→<動画リンク>著書「嘘まみれ世界金融の超最大タブー」を解説


    ■無料ブログ
    <リンク>
    天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  


    HP

    <リンク>天野統康事務所 


    ■無料セブンステップ


    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    ■Youtube
    https://www.youtube.com/user/07amano/videos



    ■Teitter
    https://twitter.com/amanomotoyasu



    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。