• このエントリーをはてなブックマークに追加
(有料)日欧EPAが参議院を可決 止まらない国家主権を制限するグローバリゼーション政策
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

(有料)日欧EPAが参議院を可決 止まらない国家主権を制限するグローバリゼーション政策

2018-12-09 07:00
    f698f781dee8b8ded11f3e226a19be9694be9bbb

    日本と欧州連合の経済協定であるEPAが11月29日に
    衆議院で、12月8日に参議院で採決された。

    https://www.agrinews.co.jp/p46073.html

    今国会では外国人材法案改正などが注目されており
    日欧EPAについては殆ど報道されてこなかった。

    しかし、今回の経済協定は日本の国家主権を更に
    制限していく危険なものである。

    早くも来年の2月1日に発行される日欧EPAについて解説する。

    <参考リンク>
    日欧EPA承認案などへの宮本徹議員の反対討論 
    しんぶん赤旗 11月30日
    https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-11-30/2018113004_05_0.html




     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。