• このエントリーをはてなブックマークに追加
(有料)カルロス・ゴーンの勾留延長の異例の棄却と、米国のフリンの判決延長は欧米権力間の争いの表れ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

(有料)カルロス・ゴーンの勾留延長の異例の棄却と、米国のフリンの判決延長は欧米権力間の争いの表れ

2018-12-21 05:40
    1cde84bf5b2bb3b2edb1403ccce19c0cf4fd4a25


    20日に東京地裁がカルロス・ゴーン被告の勾留延長を
    認めない異例の判決を下した。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181221/k10011755001000.html

    また18日には米国でワシントンの連邦地裁が、
    ロシア疑惑の偽証罪に問われているトランプ大統領の
    元側近で元大統領補佐官であるマイケル・フリン氏の
    判決を3月まで延長した。

    https://jp.wsj.com/articles/SB11034305465659204216804585007863035622790

    一見、無関係に見えるこの二つの判決は、実は
    欧米の国際銀行軍事マフィアの分裂を象徴する
    事例なのである。

    二つの判決の背景と関係について解説する。



    (以下有料)

     

    クリックして拡散のための応援をお願いします


    br_c_4523_1.gif

    社会・政治問題ランキング  

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。