• このエントリーをはてなブックマークに追加
【有料】何故、民間銀行は貸出に積極的になっているのか とある情報筋から
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【有料】何故、民間銀行は貸出に積極的になっているのか とある情報筋から

2014-01-13 18:20


    =====================

    マネーと政治経済の原理からニュースを読む

    ======================

    本日の話題

    ・ニュース 
    「マネー、穏やかな浸透続く」 日本経済新聞 1月13日15面
     
                          

    ・ニュースの分析


    ======================
    「マネー、穏やかな浸透続く」 日本経済新聞 1月13日15面
    (記事の要約)
    11月の銀行貸出残高は前年同月比2,4%増と2009年6月以来の高い伸びを示した。
    ただ、貸出しの増加は必ずしも旺盛な資金需要を反映しているわけではない。
    11月新規貸出の約定平均金利は0,8%台まで低下しており、
    銀行が貸出に積極的なことが分かる

    ====================
    (ニュースの分析)
    銀行貸出が増加し続けているが、新規貸出の平均金利は
    過去最低レベルの0.8%台。
    66b5af31da329f68f5fdd48697a6e1009639bd0c

    つまり、銀行貸出残高が増加し続けている原因は、企業が資金を欲しがっているというよりも
    銀行が低金利でも積極的に貸し出している、ということだろう。
    その背景について、とある情報筋から以下のコメントを聞いた。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。