• このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitter14年1月29~30日 国家戦略特区と新自由主義こそ都知事選の重要な争点 中央銀行と政府通貨
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Twitter14年1月29~30日 国家戦略特区と新自由主義こそ都知事選の重要な争点 中央銀行と政府通貨

2014-01-30 17:20

    703b56dc94a70ad09f02995d0ee9051e5b79817e

    RT @matu923:
    ”アベノミクス”とは、1%の富裕層だけ焦点に当てた政策。
    資本の論理から、他の国民には恩恵が無い。
    『「1%vs99%」の地獄に突き進む“国家戦略特区法”』(神州の泉
    shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2014/01/…

    posted at 03:55:07




    RT @xciroxjp:
    ↓だから、そーだって(笑) 驚いた!
    「国家戦略特区」を肯定する細川氏は宇都宮氏を狙った刺客なのか!?
    shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2014/01/…
    もしも細川氏が特区を理解した上でこれを肯定しているとすれば、
    彼は舛添要一氏と同じ自民党の別動隊として、宇都宮氏の刺客として登場した…

    posted at 03:53:35

    RT @SeriousTom1: これはアウトでしょう(笑)
    #ツンデル“@olivenews:
    国家戦略特区の主な規制緩和案(TPPの前線)
    https://pic.twitter.com/L4rlKvbZS4

    posted at 03:53:02




    金正恩氏 反「中国の犬」キャンペーン開始
    ⇒消息筋によれば、金正恩氏は、配下の懲罰機関に対し容赦なく「中国の犬狩り」を
    するよう個人的に指示したと言う。
    japanese.ruvr.ru/2014_01_29/127…
    反中国を唱えても、統一教会やその周辺の勢力との同盟が北にはある。
    国際悪魔連合

    posted at 03:47:37

     



    RT @kumanokodou:
    ②-①「政府通貨発行で財政赤字も消費税増税も復興増税も必要なし」天野統康 
    2013年12月  討論Barシチズン
    fb.me/Wlvi656p

    posted at 18:22:57




    安倍政権は昨年10月分から老齢年金一覧を更新他記事の画像も表示 を1%削減。
    2015年4月までに3段階で計2.5%引き下げる予定。消費税増税と重なり、
    一気に庶民の生活困窮が増すだろう。

    posted at 17:49:58




    中央銀行の独立性が無いということは、
    政府の国際金融軍事権力からの独立性が高いことを示している

    posted at 17:15:27



    日経新聞の記事で糖谷広島経済大学教授によると、
    インド、トルコ、ブラジルは中央銀行が政治的に独立していないとのこと。

    posted at 17:12:56

     ==================
    【募集】
     メールマガジン『マネーと政治経済の原理からニュースを読む』では
    皆様からの相談や要望を募集しています。
    どんな些細なことでも結構です。
    メルマガ上で天野統康がお答えいたします。
    家計や政治経済、金融商品の問題で質問したい方は下記からメールをお送りください。

     応募はこちらから。http://ch.nicovideo.jp/letter/ch2526055




    【成甲書房からの内容紹介】

    そうだったのか!マネーと民主主義、すっきり分かる!お金の秘密、世の中のカラクリ。
    とっても重要なのに、あなたはなぜか知らされていません!
    マネーがどのように生まれ、どのように無くなるのか、どのような性質を
    持っているのかを理解していますか?
    複雑怪奇に見える金融システムがひと目でわかる図解解説版。
    こんなに簡単に読める金融の本は今まで見たことがない!。
    本書ではどのようにしてマネーと民主主義が生まれたのか、
    社会派ファイナンシャルプランナーの天野氏が、マネーの支配者によって
    民主主義と経済が操作され、利用されてきたのか、
    さらにはその克服方法までを分かりやすく記述していきます。

    ==================

    アマゾン・ランキング「一般・投資読み物」部門 第1位
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。