• このエントリーをはてなブックマークに追加
有料動画を無料公開 中央銀行やマスコミが世界に誤解を与えている銀行のカラクリの根本を説明
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

有料動画を無料公開 中央銀行やマスコミが世界に誤解を与えている銀行のカラクリの根本を説明

2014-12-09 22:30

    =======================

    ■HP
    <リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


    ■無料セブンステップ

    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    ■本
    <リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円



    ■Youtube
    https://www.youtube.com/user/07amano/videos



    ■Twitter
    https://twitter.com/amanomotoyasu



    ■無料ブログ
    <リンク>
    天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論
      


    ==========================

    3c8a8e01703926884e8d16a59b86b77641896d3f

    「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」
    で6月24日にUPした有料動画を無料で公開します。

    【動画】世界を誤解させている銀行のカラクリの根本を、
    欧州中央銀行のマイナス金利政策を基に解説  

    http://www.nicovideo.jp/watch/1403548030

    2014年6月4日に発表された欧州中央銀行のマイナス金利政策を
    伝えるマスコミ各社で,誤解を与える報道が盛んにされてい
    ました。

    世界に大いなる誤解を与えている銀行会計の根本について
    欧州中央銀行のマイナス金利政策を基に,以下の記事と関連
    させて解説しています。

    <リンク>超重要!マスコミで誤解され報道されている欧州中央銀行(ECB) 
    に預ける預金へのマイナス金利の意味とその影響
    日銀やFRBの政策を理解する鍵 



    誤解の根本は、銀行が預かったお金を貸し付けているという神話。

    誤解をさせる銀行の仕組みと、欧州中央銀行のマイナス金利
    政策のもたらす本当の経済への影響と投資動向について。

    また、日銀の量的緩和政策やFRBのQE3の誤解されている
    経済への影響もこの問題と絡んで解説しています。

    銀行が保有しているお金を貸し付けているという神話こそ、
    日米欧の自由民主主義が国際銀行家によって操作されてきた
    根源的な騙しのツールです。

    紙幣を作り出した数百年前から現在まで、世間を堂々と誤解させ
    欺いてきたマインドコントロールは続いています。

    アベノミクスの第一の矢の金融緩和や、FRBの行ったQE政策は、
    景気対策という名の金融経済を牛耳る金持ち達への富の譲渡
    であり、必然的に超格差社会を作り出します。

    投資関係者や社会や経済の仕組みを知りたい方,
    経済変動に興味がある方は必見です。
     
    是非、ご覧下さい。

    06efa2409e0a15e3260abd46515975967db7527e


    72ab98f36af02111df951f867a5cd8b98d118d2a


    ================

    【募集】
     メールマガジン『マネーと政治経済の原理からニュースを読む』では
    皆様からの相談や要望を募集しています。
    どんな些細なことでも結構です。
    メルマガ上で天野統康がお答えいたします。
    家計や政治経済、金融商品の問題で質問したい方は下記からメールをお送りください。
    http://ch.nicovideo.jp/letter/ch2526055



    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。