• このエントリーをはてなブックマークに追加
(有料)日経と赤旗の違い 昨年14年度の実質GDPと今年度の1~3月期GDPについて
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

(有料)日経と赤旗の違い 昨年14年度の実質GDPと今年度の1~3月期GDPについて

2015-05-21 17:30



    =======================
     


    HP
    <リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


    ■無料セブンステップ


    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    ■本
    <リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円



    ■Youtube
    https://www.youtube.com/user/07amano/videos



    ■Teitter
    https://twitter.com/amanomotoyasu



    ■無料ブログ
    <リンク>
    天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  



    =====================


    5717800e89907dd43e992e215fa4f1165e218053

    (2015年5月21日 しんぶん赤旗1面より転載)


    【今回のニュース】

    ・14年度 GDP1%減 個人消費 落ち込み最大 しんぶん赤旗 5月21日

    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-05-21/2015052101_04_1.html


    ・1~3月GDP実質2.4%増 消費浮上 景気押し上げ 日本経済新聞 5月21日
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS20H48_Q5A520C1EA2000/


    昨年2014年のGDP成長率と、今年2015年の1~3月期のGDP成長率
    が発表された。

    資本主義的立場を代表する日経と、反資本主義的立場を代表する赤旗
    の記事は、表現が好対照で面白い。

    それぞれの見方と、私の分析をお伝えする。

    ・GDPとは何か

    ・名目GDPと実質GDPの違い

    ・昨年と今年のGDP増加率

    ・なぜ実体経済はよくならないのか

    (以下有料)

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。