• このエントリーをはてなブックマークに追加
(有料)日銀がこだわる物価上昇率2%よりも、需給ギャップの克服の方が重要
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

(有料)日銀がこだわる物価上昇率2%よりも、需給ギャップの克服の方が重要

2015-06-23 01:28




    =======================
     

    HP
    <リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


    ■無料セブンステップ


    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    ■本
    <リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円



    ■Youtube
    https://www.youtube.com/user/07amano/videos



    ■Teitter
    https://twitter.com/amanomotoyasu



    ■無料ブログ
    <リンク>
    天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  


    =====================
    d6f0990d232419ac351c77ccd65ad31d5ebf8b82

    (上記図 日本経済新聞 6月22日より転載)

    【今回のニュース】
    ・日銀総裁会見要旨 個人消費、底堅く推移 物価2%は来年度前半 日本経済新聞 6月20日
     
    http://www.nikkei.com/article/DGKKZO88317750Q5A620C1EE8000/



    ・来夏の品目改訂、物価押し上げ?日銀に追い風も 高齢化・原油高の影響大きく

    日本経済新聞 6月22日

    http://www.nikkei.com/article/DGKKASGF28H01_R20C15A6NN1000/




    19日に行われた日銀総裁の会見では、
    目標とする物価上昇率2%の達成は
    2016年度の前半だという。

    異常なこだわりを物価に対してもちつづける日銀だが
    様々な要因で変化する物価よりも重要なのは、
    国内の需給ギャップである。

    日銀総裁の会見の内容とともに解説する。


    【内容】


    ・日銀総裁の会見内容について

    ・物価上昇率よりも需給ギャップこそ重視するべき



    (以下有料)

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。