• このエントリーをはてなブックマークに追加
これが国際政治の現実 テロリストISとトルコの関係は明らかなのに無視する欧米日の首脳陣とマスコミ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

これが国際政治の現実 テロリストISとトルコの関係は明らかなのに無視する欧米日の首脳陣とマスコミ

2015-12-03 09:50

    ef0086263852b52304214c300de676c802c2bb08e3363b6549b3856539b4d744ee6228c12c889cb1



    =======================


    HP

    <リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


    ■無料セブンステップ


    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    ■本
    <リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円



    ■Youtube
    https://www.youtube.com/user/07amano/videos



    ■Teitter
    https://twitter.com/amanomotoyasu



    ■無料ブログ
    <リンク>
    天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  



    ===================


    06c57e4b7b75efa4bbc0787da61b65089e567ec6

    (上記本は北野氏の著作 プーチン最後の聖戦)


    世界中からテロリスト勢力として指弾されているISイスラム国と
    トルコ政府は石油取引などを行い、密接な同盟関係にあった。

    このことを連日、プーチン・ロシア大統領がG20、および、
    COP2015などの国際社会の舞台で指摘している。

    にも拘わらず、欧米日の首脳陣やマスコミは、真に衝撃的な
    内容を精査しないし、反応をしない。

    つまり無視をを決め込んでいるのである。

    このことの重大性、犯罪性は明らかなのだが、
    マスコミ真理教と化している欧米日の市民には
    よくわからない、といった状況だろう。



    そのことについて、ロシアのモスクワ在住の国際政治ジャーナリスト
    北野幸伯氏が本日のメルマガで解説しているので下記に転載した。

    長文だが、西側のマスコミの洗脳を説くうえでは重要なので
    ご一読をお勧めする。


    西側の民主主義と人権という概念が、あくまでも国際銀行権力に
    とって都合の良い範囲でのみ、適用されているものであることを
    理解できるだろう。

    市民が政治に関心を持ち参加しなければ、市民のための民主主義と
    人権は確立されないのである。



    (ロシア政治経済ジャーナルより転載)

    ★プーチン、トルコとISの石油密輸関係を叫ぶが・・・


    全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

    北野です。


    今回は、トルコの戦闘機がロシア軍機を撃墜した件の続報です。

    「つづきもの」になりますので、以下二本、まだの方は是非ご一
    読ください。



    【プーチン激怒】★トルコがロシア軍機を撃墜した理由 11月25日
    http://archives.mag2.com/0000012950/20151125185320000.html

    ロシア軍機撃墜~プーチンは、「アメリカの関与」を疑う 11月28日
    http://archives.mag2.com/0000012950/20151128163757000.html


    ロシア側は、「撃墜事件」について、以下のような見方をしていま
    す。


    1、トルコは、「イスラム国」(IS)から、石油を密輸している

    2、ロシア軍がIS石油インフラへの空爆を開始し、石油の密輸が
    困難になってきている

    3、それでトルコは、「石油密輸ルート」を守るために、ロシア
    軍機を撃墜した



    事件直後からこのことを語っているプーチン。

    ISによる「同時多発テロ」の記憶が生々しいフランスで、ロシア
    の見解を繰り返しました。



    <露軍機撃墜は「ISとの石油取引守るため」 プーチン氏がトル
    コ非難

    AFP=時事 12月1日(火)7時19分配信

    【AFP=時事】ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)
    大統領は11月30日、先週トルコが露軍機を撃墜したのは、イス
    ラム過激派組織「イスラム国(IS)」からトルコへの石油供給
    ルートを守るためだったと述べ、トルコを非難した。

    プーチン大統領は、フランス・パリ(Paris)近郊で開幕した
    国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)第21回締約国会議(COP21)
    に出席する傍ら開いた記者会見で、

    「われわれの航空機を撃墜するという決断が、トルコ領内へ
    の石油供給ルートを保護したいという考えに基づいていたと考
    えるに足る、あらゆる理由がある。

    石油をタンカーに積み込む港に直結するルートだ」

    と言明した。

    さらに同大統領は、「遺憾なことに、ISなどのテロ組織が
    支配する地域で生産されたこの石油が、産業規模でトルコ
    に輸送されていることを確認する追加情報も得ている」と
    述べた。>



    トルコは、ISからの「石油密輸ルート」を守るためにロシア機を
    撃墜したと。

    これがロシア側の見方です。

    ところで、「トルコがISから石油を密輸している」のは事実なの
    でしょうか?


    読売新聞11月27日には、こうあります。



    <シリア北東部とイラク北部の「イスラム国」支配地域には多くの
    油田があり、石油密売は「イスラム国」の主要な資金源となってい
    る。

    米財務省の推計では、石油密売の収入は毎月約4000万ドル(約
    50億円)。

    イラクの旧フセイン政権が、経済制裁をかいくぐって石油を密売し、

    この地域に

    トルコとの国境を挟んで石油密売を行うシステムが確立した
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    とされる。>



    さらに、「欧米の情報当局もこのことを知っている」という情報も
    あります。




    <欧米情報当局「イスラム国がトルコに石油密売」

    読売新聞 11月28日(土)10時22分配信

    【パリ=石黒穣】イスラム過激派組織「イスラム国」から大量の石
    油がトルコに密輸されているとの見方は、欧米情報当局の間でも強
    い。

    米軍特殊部隊は今年5月、シリア東部で「イスラム国」の石油事業
    責任者を殺害した。

    英有力紙ガーディアンは、同部隊がその際押収した文書から、「ト
    ルコ当局者と『イスラム国』上層部の直接取引が明確になった」と
    伝えた。>



    なんと、「トルコ当局者」、つまり「トルコ政府」が直接密輸に関
    与していると。

    これらの情報を見ると、「トンデモ系」とか「陰謀論」で片づけら
    れないですね。

    新聞記事は、エモーションが入っていないので、あまり私たちの心
    に響きませんが。

    それでも皆さん、このことを冷静に考えてみてください。


    1、ISは、トルコへの石油輸出(密輸)で、年600億円稼いでいる

    2、ISは、その金を使って、ロシア旅客機を爆破し、パリ同時多
    発テロを起こした


    これって、「ものすごいこと」ではないですか?

    トルコがISの石油を買わなければ、ISは金がなくて、今のよう
    に強力ではいられないはずなのです。

    プーチンは、「トルコはISの共犯だ!」と名指しで批判してい
    ますが、

    「密輸」が事実だとすれば、当然ですね。

    しかし・・・。



    ▼「密輸問題」を完全にスルーする欧米指導者たち



    冷静に考えればわかりますが、ISが強いのは、「金があるから」
    です。

    ISを打倒しようとすれば、「資金源」を断つのが一番いい。

    で「一番の資金源は、石油だ」と、テレビでもいい、新聞、雑
    誌、「イスラム国」本にも書いてあります。

    それなら、「ISは、どこに石油を売って利益を得ているのだろ
    うか?」

    これは、ISをつぶしたい欧米指導者たち、「最大の関心事」で
    あるべきなのです。

    ところが、欧米の指導者たちは、プーチンの指摘を「完全に無
    視」しています。

    その理由ですが、私は、「知っていて黙認しているのでは?」
    と考えています。

    もう一度、こちらの記事を。



    <欧米情報当局「イスラム国がトルコに石油密売」

    読売新聞 11月28日(土)10時22分配信

    【パリ=石黒穣】イスラム過激派組織「イスラム国」から大量の石
    油がトルコに密輸されているとの見方は、欧米情報当局の間でも強
    い。

    米軍特殊部隊は今年5月、シリア東部で「イスラム国」の石油事業
    責任者を殺害した。

    英有力紙ガーディアンは、同部隊がその際押収した文書から、「ト
    ルコ当局者と『イスラム国』上層部の直接取引が明確になった」と
    伝えた。>


    欧米情報当局が知っていて、欧米のトップが知らないなどありえな
    いでしょう?



    ▼「事実」より「政治」が優先される世界



    では、なぜ欧米の指導者は、


    ・トルコがISから大量に石油を買っている

    ・ISはそれで潤い、テロを行っている


    事実を意図的に無視するのでしょうか?

    考えられる理由は二つです。


    1、トルコはNATO加盟国、つまり欧米の「同盟国」だから

    2、ISはテロもするが、同時にアサドとも戦う「都合のい
    い存在」だから


    私は、「どっちもそうだろう」と思っています。


    私たちは、「中ロは独裁国家で悪」と思っています。

    そして、「欧米は、人権、民主主義を守る善なる存在」と信じて
    います。

    しかし、そういう信仰は、「ナイーブすぎる」ということですね。

    わかりやすい例を。

    日本人の大部分は、アメリカについて、


    「反独裁で世界の民主化を推進している」


    と信じています。

    実際、アメリカは、イラクのフセインを倒し、リビアのカダフィ
    を倒し、今はシリアのアサドと戦っている。

    一方で私たちは、アメリカが、【絶対君主制】の人権侵害国家
    サウジアラビアと昵懇の関係であったことを知っています。



    「あれ~~~、確かにサウジも独裁だよね~~~~??」


    つまりアメリカにとって、「親米独裁者=善」であり、「反米
    独裁者(フセイン、アサド)=悪」ということなのです。


    このことは、ナイーブで平和ボケしている私たち日本人に大き
    な教訓を与えてくれます。


    私たちは、「日本軍が韓国人女性20万人を強制連行し、性奴隷
    にした」

    という韓国の主張は「ウソである」証拠をたくさんもっていま
    す。


    (例、

    米軍報告書1944年

    動画は↓

    https://www.youtube.com/watch?v=ggQaYD37Jm4

    報告書はこちら↓
    http://texas-daddy.com/comfortwomen.html


    マイケル・ヨン氏の記事
    http://ameblo.jp/workingkent/entry-11958461771.html

    IWG報告書2007年
    http://www.archives.gov/iwg/reports/final-report-2007.pdf  )


    しかし、この「圧倒的な証拠」を提示しても、しばしば「完全スル
    ー」され、深く傷ついている。

    「完全スルー」はなぜかというと、

    要するに、「事実より、政治的意図が優先されている」ということ
    なのです。


    「ISとトルコの石油密輸問題」も同じですね。


    あるいは、米中が、「日本の世界征服計画書」=「田中メモリアル」
    を「偽書」と知りながら、大いに活用したのも、同じ構図。


    だから、「情報戦」を戦う私たちは
    、「事実」も大事ですが、もっと
    上のレベル、

    「政策」「大戦略」のレベルで懐柔していく必要があるのです。

    (転載終了)

    <リンク>ロシア政治経済ジャーナル




    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。