• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • The Seafares 海の旅人たち Vol.7   プラヤ・デル・カルメンの空 第2章

    2014-11-30 22:00  
    220pt
    「未婚の母親が、自分の部下から出るとはな」 食べかけのパスタはフォークに巻かれたまま、メインの料理が出てくる前に、用事を思い出した、と吐き捨てるように言い残して課長は帰っていった。 1人残された絵美は、どうしてよいかわからず、平静を装いながら最後のデザートとコーヒーまでおいしくいただいて店を出た。店を出た瞬間から、なんだかわからない涙が出てきた。 昼休みが終わって仕事に戻ると、課長は職場にはいなかった。見た目は何もかもさっきのままだったが、なんとなく違う空気を感じた。本当に空気が変わってしまっていたのか、絵美ひとりだけがそう感じていたのかは、今となってはわからない。