• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

koyan1962さん のコメント

昔ながらの横浜をギリギリ知らない世代(菊地さんと同世代)としては、当時の様子を垣間見える場所ですね〜
No.11
79ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
9月21日(土曜)      横浜の大さん橋ホールという所で、全国のカフェとカフェ好きの大会みたいなのがあって(「海のカフェフェス」というのですが)、ナオミ&ゴロー&菊地成孔でお招き頂きまして、30分ほど演奏して来たんですが、いやあ本当にアウェイだホームだ言いませんが、やっぱ世の中には人がいっぱいいるのだなあと思うばかりで、咄嗟に思い出したのは90年代の終わりぐらいに木場の都現代美でデイジーワールドの決起集会みたいなのがあって、グラウンドビートとかディープハウスとか言ってる世に、大中の人民帽被ってサスペンダーの人がいっぱいいたので「うおーうおーYMOノットデッド!!」と興奮した事でして、要するに1000人ぐらいだったら、日本というのは相当いろんな班があるなという事で、テレビと雑誌しか見ていないと、今の日本にはAKBとあまちゃんの2班しかないように思ってしまいがちなんですが(ま、思ってませんけど・笑)、確かに10万人規模に上げたら4班ぐらいになってしまうかも知れませんが、1000人(この日の大凡の入場者数。因に昨日めでたく写真が載ったアヴァランチは約700人)規模であれば下手すっと1000班あるかも知れません。そもそもそのうちのひとつに「ビュロー菊地チャンネル」班が入る訳ですが(笑)、今日はカフェ班の総力戦で、頂上には、ええとワタシも予測していた様なしていなかった様な、原田知世さんがいらっしゃる訳です。もし音楽をされていたら、としますが、蒼井優さんも間違いなく頂上付近に君臨されていた筈です。  
ビュロ菊だより
「ポップ・アナリーゼ」の公開授業(動画)、エッセイ(グルメと映画)、日記「菊地成孔の一週間」など、さまざまなコンテンツがアップロードされる「ビュロ菊だより」は、不定期更新です。