• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ご利用の皆様へ

【チャンネルへの感想、生放送やブロマガに対するご意見、ご要望】

http://ch.nicovideo.jp/bureaukikuchi/letter

決済に関するお問い合わせ、動画が再生できない、生放送が見れないなど
参照URL:http://faq.nicovideo.jp/EokpControl?&event=TE0008

※ニコニコのシステムを利用している為、システム部分のご不明点は
上記のニコニコへプルをご確認の上、ニコニコユーザーサポートまでお問い合わせください。

月額のお支払方法などにつきましてはniconicoヘルプをご覧ください。
http://faq.nicovideo.jp/EokpControl?&event=CE0002&cid=10307

2018/5/13 ※全編視聴※『TABOO LABEL Presents GREAT HOLIDAY』ライブ生中継

2018/5/13 『TABOO LABEL Presents GREAT HOLIDAY』ライブ生中継

マネージャーTwitter

ブログ・メルマガ

  • <菊地成孔の日記2019年2月15日午前5時記す>

     初日の演奏も終わり、打ち上げも終わりまして、もう、富豪が止まるスイートルーム風の、その実安普請の、応接間でウトウトしています。いやあ、何から何まで規格外の国だと知ってはいたけど、こんなもん一歩ごとに見えるものの説明してたら1冊軽く言っちゃいますよ。まずホテルでしょ。部屋でしょ。その近所でしょ。昨日、アライヴァルウエルカムパーティーやった、円卓がある北京ダックの店の話でしょ。  それに何はともあれ、「ブルーノート北京」という存在でしょ。これ、全然自慢とかじゃないよ。中国は深い。っていう話ですが、キャパ約500以上、青山本店と同じ広さで(青山店はキャパ約300)、何と2階がある北京店が、昨日も今日も、一枚もチケットが余ってないの(笑)!!ソールドアウトですよ!!述べ1000人ですよ!!(笑)意味わかんねえ!!!(笑)。「花と水」だよ?(笑)。プレイヤー、ボクと小田さんだけですよ!!(笑・小田さんなんて、ブルーノートデビューが北京店なんだから、大陸的ですよやっぱ)。    まあまあ、小田さんが「シャーマン狩リ」を10枚だけ(笑)持って来てくれたお陰で、プチサイン会になりま...

    1日前

    • 3 コメント
  • <BOSS THE NKの回想録(23)

     私と OD は、 OD への報酬としてワイン付きのディナーを重ね、周期的に菊地君と OD が会う機会を持つこと、 OD が小田朋美さんのマンションに住み、私服を借用し続けることで、成りすましのボディ・ダブル業にほとんど緊張することがなくなっていた。ただ、私は「菊地くんらしく」振舞えばよかったのに対し、 OD は逆に、もしこれが恒常的なボディ・ダブルであるならば、小田さんに OD らしく振舞わせることを強要することになり、流石にそれは無理だった為に、「あらゆる現場で、自由自在に入れ替わる」という、スパイめいた事まではできなかったが、我々4人が、4人で4役を担っているという屈折した形態に対する免疫は完成しつつあった。  デビューステージである「 GREAT HOLIDAY 」の日は、その試金石だった。我々は黒スエットの上下と黒のニットキャップ、黒いサングラス、黒いマスクという、何をそこまでという黒装束で OD が運転する(なんと驚くべきことに、 OD はパン工場時代にパンもしくは原料を積載した大型車を、見よう見まねで乗れるようになっていた。私は職業柄、数多くの免許を取得していたが、菊地君は無免許の徒で小型...

    2日前

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記2019年2月14日午前1時記す

     北京に着いたは良いけど、結構な高級ホテルなんで、 wi-fi なんか楽勝!あるいは中華人民共和国マナーで、見た目豪華だけど、 wi-fi もちゃんとしたトイレットペーパーもねえ!のどっちかだと思ったら、後者でした(笑)。ただ、ほとんどプールぐらいの(実際、プールと同じ、階段とパイプ手摺で入る)でかいバスタブがベッドルームの真ん中にどかーんとある、超高級ラブホテルみたいなんで「うわー、これで潜ってくれるプロの方っていないのかしら。それにしても、こんな、ハワイのコンドミニアムみたいなだだっ広い部屋あてがわれても、もて余すだけだよな。いくらバンマスだからって、こんな厚遇トゥーマッチですよ~」と思っていたら、長沼、高見、アテンドのブルーノート山田(仮名)小田も全員同じ部屋だったことが発覚(笑)、中華人民共和国のおもてないハンパねえし!しかし、10基ぐらいあるルームライトの半分ぐらいは壊れてて、フロントに電話が通じるのは博打、と云った有様。つまり、僕を除く全員が wi-fi 依存なので、全員、イライラしたりパニクったりして超面白い、のですが、つまりこれを書いているのは、1時間だけ日本より先の世界である北...

    2日前

    • 2 コメント
  • <菊地成孔の日記2019年2月13日午前5時記す>

     デミアン・チャゼルのアポロ映画が公開され、僕がなんと言うか注目してるとか、絶対に酷評するに決まってる、とか、森の小鳥たちがピーチク騒いでいるようだが、小鳥たちよすまない。観てないしこれからも観ないよ(笑)。そもそもアポロ映画なんて興味ないし(一本も見た事ない。外道である、「火星着陸陰謀論映画」である「カプリコン1」はすんげー面白いです。とはいえ、アポロは月に行ってると思いますよ。普通に)。  ただ、僕の警告をちゃんと聞いて、脚本を他人(ジョシュ・シンガー。この人グリグリに優れてますよ。「スクープ」から「スポットライト」の人だもん)に任せ、ジャズにストーキングしてないらしいから、少しはマシでしょうそりゃあ。ちゃんと言って聞かせればわかる素直な子なんだよね。言葉の壁を超えてさ。感動しちゃうねちょっと。    でも、リスクヘッジすれば作品全体のクオリティが上がるとは限らない。競馬新聞読んでるおっさんみたいに言うならば、 AAA (米国アカデミー賞)が全てじゃないが、チャゼル作品が、初めて主要賞のノミネートを全て逃した。詳しく言うとノミネートは録音、音響編集、視聴効果、美術、と、...

    3日前

    • 2 コメント
  • <BOSS THE NKの回想録(23)>

      OD は予想通り、<アガる>という心理自体を知らないようだった。「 GREAT HOLIDAY 」に向けてリハは着々と進み、 OD は既に、スタッフや関係者の前で、歌いながら踊れるようになっていた。    前々回に説明した通り、「口パク」は第二期とのシュミュラクラという側面もあるが、菊地君がいきなり、歌いながら踊れる人になる、というのは、いかにファイナルスパンクスに気合が入っている、という設定にしても、現実的に無理すぎた。つまり、 OD は鞘に収めたのだ。  私のコレオグラフは菊地くんも大変気に入ってくれた。「スターティングセットとしては上々だ。でも、スキルフルにはなんないでね。こいつ、ガチでやらせたら世界大会とか出そうだから(笑)」「分かった。落とし所について、後でミーティングしよう」。菊地くんは、スキルフルの時代(彼に言わせれば、「不景気または戦前」)にアゲインストしているわけでも、単なるバブル期ノスタルジーでもなく、何か、「ヘタウマ」にオブセッションがあるように思える。    我々は「ヘタウマがスキルというフィルターを通過して、ウマウマと混血した、い...

    4日前

    • 0 コメント
  • *本日の「BOSS THE NKの回想録」は休載します。

    *本日の「 BOSS THE NK の回想録」は休載します。ご了承ください。

    5日前

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記2019年2月10日午前2時記す>

     北京まであと5日!というわけで、オリンピック選手だったらもうとっくに最終調整を終えイメージトレーニングに入ってる訳ですけど、「花と水クラシックス」は最終調整どころか、これからリハに入るのです(来週の月火)。今は仕事で、ビートたけしさんの小説後2篇と(どっちもヤバいです)、カールドライヤーの映画をまとめて観ています。察しの良い方ならお分かりになると思われますが、シンラの北欧シリーズですね。食レポを1年がかりでやって、こないだ最終スパンクハッピーで「 VOLVO で冬デート」やって、映画編に入りまして、既にベルイマンとバーグマンに関して書いたんですが、ここでドライヤーが出てくるわけですよね。当然。  「吸血鬼」を観ると思うでしょ?違うんだなあ。「裁かるるジャンヌ(28)」は観るけど、あとは「むかしむかし(22)」「怒りの日(43)」「奇跡(54)」というラインナップ。「むかしむかし」なんて、初めて観たけど、すんげえ面白いよ!!それにしても僕が学生時代に観た頃は「カール・テオドール・ドライエル」って表記されてましたけどね、今、なんて表記されてるか知ってる?    ...

    6日前

    • 4 コメント
  • <BOSS THE NKの回想録(22)>

     私は今、 自作の録音機で録音したマイクロカセット・テープの山から一本選び、ヘッドフォンで聴いている。 会議録音用の有名機、オリンパス光学の「パールコーダー」は、もしあなたが「マイクロカセット」で検索すれば、 Wikipedia の最初か二番目の写真として、本体が掲げられているはずだ。栄光のパールコーダー。私が手にした、これの 1 台目は、私の上司が私の入社記念に与えてくれたものだ。勿論、当時の私の仕事は請負屋ではない。  機材ファティッシュや録音マニア、音楽ファンの方ならばご存知かもしれない。マイクロカセットは、まだ生産も流通も馥郁と続けられている。同様の例は枚挙にいとまがない。私はクエンティン・タランティーノの映画人としての業績を菊地くんが言うほど評価できないが、コダック社に働きかけ、35ミリフィルムの生産再開にこぎ着けたという点は、どれだけ大きく評価しても仕切れないほどだ(言うまでもないが、これにはクリストファー・ノーランの尽力も大きい。クリストファー・ノーランは素晴らしい映画人だと私は思っている)。    当ブロマガをご覧の、菊地くんのファンの方なら「ベイビー...

    2019-02-09

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記2019年2月8日午前2時記す>

     北京まであと一週間。と、まるでオリンピックみたいですが(笑)、毎日、ビートたけしさんの小説を読んで、毎日、各バンドの新曲を書いて、毎日ソプラノサックスの練習をして、毎日、ボデイメイキングに勤しんで、毎日、各バンドの年間活動をプランニングしています。 とにかくラジオパースナリティ職をやめると(やめさせられたワケですが・笑)やることが音楽と文筆だけになるんで、ちょっと気が緩むと、遊びから遠のいてしまい、よくないですね(笑)。つまんない男になっちゃう(笑)。やっぱ遊んでナンボですよねこの仕事は。って、いきなりヴァースがパラドキシカルですが、、、そうでもないか。逆転すると「やっぱ仕事してナンボですよねこの遊びは」となりまして、全くパラドキシカルじゃない。まあ、ボディメイク中で、飲み食いにかまけてない。というのもありますが。とにかく博打が打ちたいですね。ボスとよくつるんでた頃に( OD がまだ小田さんの部屋に居候していて、ボスがまだ湾岸の倉庫をリフォームする前。今、彼らは、子分たちと一緒に湾岸の倉庫に住んでいます)、やたら賭け事をしていたのが懐かしい。斎藤工つう奴は、 WOWOW で...

    2019-02-08

    • 11 コメント
  • <BOSS THE NKの回想録(21)>

      OD の才能の中で特に助かったのは、彼女が写真を撮られる時に、全く自意識による屈折がなかったことだ。記憶喪失症との関係は私にはわからないが、彼女は歌った歌はそれそのものとして理解するし、撮った写真も同じで、それは録音時、撮影時の段階で、全く自意識という遮蔽物が介在しない事に現れていたが、出来上がったものへの客観的な解釈にも遮蔽物はなかった。極端な唯物主義というか、幻想がない。  こうして彼女には20世紀的な言い方をすれば「動物的」な「本能的」な「野生的」な部分が多々あったが、私はこうした表現はあまりにロマンティークだと思うし、特にそれを女性に向けるのは、著しいアンチ・フェミニズムだと思うし、それ以前に、 OD にこの表現は当該しないと感じていた。なんだろう、この奇妙な新しさは。    自意識とロマンティークとトラウマの塊であり、そこから創作や表現を行う、まるで19世紀人のような小田朋美氏(読者に於いては、これが彼女に対する批判ではないことはご理解できると思う。クラシックの作曲を大学教育で習得した人物を舐めてはいけない。外在化するかしないかはともかく、...

    2019-02-07

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記2019年2月6日午前1時記す>

     ビートたけしさんの小説家へのトライ、についてインタビューを受ける事になって、とりあえず3作読むわけですが、、、、っていうか、ビートたけしさんであれ、北野武さんであれ、「あれ?まだ小説家デビューしてないの?」という感じです。    著作は不勉強ながら読んだ事ないんですが「たけしくん、ハイ!」とか(曖昧)、下手するとものすげえ数出してるんじゃないかと思うんですけど、小説は初めてなのかな、、、、それとも書き下ろし自体が初めてなのでは?、、、、といった感じで、先ずは「フランス座」を読んでみまして、著者名は「ビートたけし」、文藝春秋から39×14の141ページ、程よい軽さですね。北野武名義でユリシーズみたいな厚いのが出たら、それはそれでヤバそうですけど(笑)。    又吉直樹さんの「火花」を意識したんだかどうか、駆け出し芸人と師匠の半世紀、というか、あるひととき、を描いた、自伝的小説ですが、こーれがもう驚きの、今いきなり出たか、話には聞いてたけれども、幻の芸人、深見千三郎(テレビ進出を拒み、失火死した事で知るものは少ないが、コント55を始め、浅草出身の...

    2019-02-06

    • 12 コメント
  • <BOSS THE NKの回想録(20)>

     アー写の撮影が終わり、レコーディングが終わると、私と OD はライブ用のリハーサルに入った。    最初のステージは菊地くんのレーベル・フェスで、ショーケースとして、スタジオコーストのサブステージで20分だけだったが、既にその段階ではフジロックでの30分のステージも決定していた。菊地くんの DJ に、我々が継いで入る。菊地くんと私はバックヤードで入れ替わる。そうしたアクロバットに全く不安がないほど、我々は鏡面の日々を過ごし続けていた。  最初、「新生」とか「第3期」と呼ばれていた我々は、「最終スパンクハッピー」と名を定めた。理由は書くまでもないだろう。    しかし、菊地くんのプロデュースと私の実行力により、「最終スパンクハッピー」は、スパンクハッピーの最終形態をいきなり開陳することを避け、少なくとも初動から1 st ALBUM までは二期のフォームの擬態を採り入れた。またしても菊地くんのグルーヴが「早すぎた音楽」を作らないためだ。そして何よりも、そのことが最も困難だった。菊地くんの速度は常人とは違う。これは優位を意味しない。菊地くんの呪われた部分で...

    2019-02-05

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記2019年2月4日午前3時記す>

     あと10日で北京に行きます。ブルーノートは一時期、ソウルに支店を出して、これは慧眼だなと思ったんですよ。大韓民国はジャズがヤバいんで。夜電波のリスナーだった方なら、時折僕が韓国のジャズのビッグバン(そういう意味じゃないですよ。本来の意味で・笑)から最新のクラブジャズまでプレイしていたことをご存知かもしれないし、韓流最高会議の最終回は「ジャジー・ヒップホップが増加傾向にある」という、南朝鮮のヒップホップシーンをトリイサキコさんにご紹介頂きまして、全曲水準が高かったですよね。ラジオプレイしなかったけど、カシオペア型のフュージョンもハンパねえんだからソウルは!メチャクチャ正確に、メカニカルなキメをビッチビチに合わせるんですよね。北半球のキューバという感じがします。  僕が大韓民国に最初に行ったのは、まあ観光的な意味合いもありましたが、ブルーノートソウルに行って、ブッカーと話をすることが一番重要だったんです。まあぶっちゃけ、当時まだダブセクステットがあったから、出たかったんですよね(笑)、ところが、いざ行ってみたところ、潰れてて(笑)、「ワンス・アポン・ア・ブルー...

    2019-02-04

    • 6 コメント
  • <BOSS THE NKの回想録(19)>

     私と OD は青山の中華料理店で待ち合わせた。ブルックスブラザースの並び路地裏にある、ミシュラン1スターで、現在予約を取るのは不可能と言われている店だ。菊地くんはシェフが修行時代を過ごした新宿の店の常連で、シェフが独立して青山に出店した時から、予約無しで入れる店の一つとしてガラケーの中にマウントしていた。私も菊地くんの成りすましで、シェフの腕を堪能したことが何度かある。     OD はランバンの赤のワンピースに赤のマントコートを羽織り、トーガ・プルラの、かなりデコラティヴなグリーンのスリングバックパンプスでご機嫌だった。ファッショニスタ諸氏には「18年 SS で、とうとうルカ・オッセンドライバーがレディスの指揮をとった最初のコレクションで話題になったマント」と言えばわかるだろう?公式インスタグラムでワンピースが3641、マントコートが6001 LIKE になっているので、確認されたし)言うまでもないがランバン・オウ・ブルーではない。あれは着れる服がない。      菊地くんは工場長氏と事前に待ち合わせ、初対面の挨拶を済ませて、すっかり意気投合したよう...

    2019-02-03

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記2019年2月2日午前9時記す>

     「<鬼は外、福は内、なんて言ってるから、街路が鬼でいっぱいになる。それが差別や通り魔の起源だ>と授業中に語った中学教諭、辞職を求めた学校側を不当解雇だとして告訴。<発言が不適正だと問答無用で解雇される、という校則はない。また、発言を不適正だとされる基準を知らされていない。家の中が一番安全だという安全神話は蒙昧。自宅内で起きる尊属殺(*菊地注*家族を家族が殺す事)と、通り魔の年間被害者数を比べてみればわかる>と twitter で呟いて物議に」  ↑ と、いうのは、今、僕が2秒ででっちあげたフェイクニュースですが、鬼は良いんですよ。いじめたって(笑)。架空の生き物なんだからさあ(笑)。ダメなのか?今やアニメのキャラとかの人格も大切にしなといけない気が(笑)。    と、2月になりましたね。ペン代の授業が休みで、ライブが一本しかなかった1月も終わり、2月はブルーノート北京でまでライブがあるイベント目白押し!というか、3月から7月まで予定びっしりになってしまった(笑)。夜電波が終わっていきり立ち、ライブやイベントのブッキングやり過ぎました(笑)。   ...

    2019-02-02

    • 0 コメント
  • <BOSS THE NKの回想録(18)>

    「 OD 、どっちにする?すまんが、工場のパンをお前、昨日食い終わっただろ?だからセブンの食パンになるけど、ダブルソフトと超熟とどっちがいい?」   「超熟デス」   「わかっった。両手で持つのか?」   「本当に一番良いのは、頭の上に乗せるじゃないスか!でも、ヘッドホンしてるから無理じゃないスか。なんで、手で持つデス」 「小田さーん、イヤホンに変えますか?」   「自分は OD じゃないスか!!似てるからしょうがないけど~。ミトモさ、、、、小田さんは自分より大人っぽくてセクシーセクシーセクシーじゃないスか~(笑)」    「アカクくんごめん(笑)。小田さん入り込んでるから、付き合ってくれ(笑)」    「了解です。 OD 、イヤホンあるよ、、、、、そのう、、、、どうしてもパンを頭の上に?、、、、、乗せたかったら、、、、、」    「うっヒャッヒャ!!それではお願いするじゃないスか!!」      サルバドール・ダリのモチーフで、頭にバケットを乗せ、ネッカチーフで...

    2019-02-01

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記2019年1月31日午後22時記す>

     日付けに注目して頂きたいんですが、例外的に夜の10時に書いてます。それはなんでかつうと        1)今日の午後1時からジャン・リュック=ゴダール(88)の最新作「イメージの本」の1号試写に行ってきたから    と    2)今から1時間後に「粋な夜電波」の番組打ち上げが、赤坂の高級料亭(笑)で繰り広げられるんで、もう、行っちゃうと書けないんで(笑)。    という都合上なんですね。休載2連はまずいっすよねえ自分やっぱ。      (1)ここではルグラン追悼は数日前にやったばっかりですけど、「ヒルズライフ」の連載に、昨日の朝まで書いてたんですよ。大体ここと同じことを(笑)。それで、2時間半だけ仮眠して、そのまま試写会場に行ったのね。    まあ、公開前の映画の内容に関して書いたらダメって保安官に言われてるんで(笑)、一切書けませんが、ゴダールクラスタの皆さんにひとつだけ。    噂に聞いていた「人間が登場せず、 AIGA セリフを喋るだけ」っていうのは、<ゴダールある...

    2019-02-01

    • 6 コメント
  • <BOSS THE NKの回想録(17)>

     我々は初リハーサルからインスタグラム用に写真や動画を撮影した。 OD のファッションフォトも含め、時折、コントめいたものも入れようというアイデアは菊地くんからのもので、どうやらインスタグラマーとユーチューバーを混同しているようだったが、コントなら電光石火の速さで書いてしまう菊地くんが、携帯電話の電話越しに1分間のコントを口伝し、私と OD はゲラゲラ笑って、どんどん実行した。  しかしこれは後の話である。順番としては、作曲、アーティスト写真の撮影、伊勢丹のウエブコンテンツへのコメントの収録、そしてレコーディングがあった。    レコーディングは驚きの連続だった。パン工場の中と川縁でしか歌ったことのない OD は、 Wikipedia で「レコーディング 音楽」と検索したのを手始めに、ヘッドフォン、マイクロフォン、モニターボックスという基本の機材を手がかりに、小田朋美さんの自室にある制作環境から類推して、全てを一晩で使いこなせるようになり、更には、デモ以降の、いわゆる本チャンのレコーディングスタジオに生まれて初めて入った時には全てを熟知しており、私は何も説明する必要がなかった...

    2019-01-30

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記2019年1月30日午前8時記す>

     今、オーニソロジーのリリパを終えて、打ち上げに行って、日本酒をかなり飲んで、事務所で寝てしまい、起きて、盆踊りを踊って、水を4リットル飲んで、これからヒルズライフの原稿を書こうとしているところで、また盆踊りを踊り出してしまいました。僕の両親も兄も酒は飲めず、自動的に僕も飲めなかったので、家系とか体質の遺伝だと思っていましたが、さっきの酒量を鑑みるに、数時間寝て起きて、盆踊りを踊って原稿を書きまくっているのだから、酒には強いようで、きっとこれは、両親も兄も(幼少期の僕も)、悪酔いしている客が嫌いだっただけで、酒は飲めた。つまり、坊主憎けりゃ袈裟まで憎い。と、今、「ぼうずにく」まで入力したら、一発変換で出た(笑)。凄いねキミ。と、新しい PC に拍手を送り、話が逸れましたが、うちの一家は全員、体質的には酒飲みだったと思います。  すでに「昨夜の」という事になりますが、オーニソロジーのリリパにお越し頂いた、全ての皆様に感謝させて頂きます。有難うございました。本当に良いライブとは、ああいうものを指すのだと思います。生物として、人類としての辻村くんを誕生させ、育んだ、お母...

    2019-01-30

    • 3 コメント
  • <菊地成孔の日記2019年1月29日午前3時記す>

     緊急特集 「 BOSS THE NK による菊地成孔へのミドルサイズインタビュー」      今日まだ間に合いますよオーニソロジー1 st アルバム「101」のリリース記念ライブ。なんていうかな~。用事がある方でさえキャンセルしてでも行った方が良いですよ全然(付き合うかどうか決まるデートとか、そういうのは優先していただいて結構ですけど、東大の受験ぐらいだったらドタキャンしましょうよ)。だってめっちゃくちゃカッコいいですもの。なーんて、プロデューサーとして馬鹿みたいだなあ(笑・まあ、相当な馬鹿ですけど)。ドライヴしてでも食う価値ありとかミシュランタイヤみたい(ミシュランが馬鹿な訳ないですよ!笑)。    とまあ、プロデューサーの責任ちゅうのは「アルバムをより良く完成させるまで」でありまして、秋元康さんみたいなのはグランドプロデューサーとか言うんだよね。でももう秋元さんになっちゃうと、単なる GP 超えてるけどねえ。そんな話は地球4周分ぐらいどうでも良くてですねえ、つい先日、「カルロス・カスタネダの迫害と暗殺 feut DC/PRG 」が発表されたことで、オーニソロジー...

    2019-01-29

    • 4 コメント

会員限定動画

23:05会員無料

再生152 コメ5 マイ3

2019/02/13 10:00 投稿

「ゼロからの音楽文法」 第67回

2年に渡った「モダンポリリズム」を終え、ビュロー菊地/菊地成孔が満を持してスタートする「ゼロからの音楽文法」。ドレミの...

71回目ですね テンションは音を足す ハーモニックマイナー

ニコニコポイント432pt30日間

30:47会員無料

再生186 コメ7 マイ3

2019/02/09 10:00 投稿

「ゼロからの音楽文法」 第70回

2年に渡った「モダンポリリズム」を終え、ビュロー菊地/菊地成孔が満を持してスタートする「ゼロからの音楽文法」。ドレミの...

ハーモニックとメロデ これはこれで良いかも angel craft~~~~~!!! ネオソウル系のコード ジェシーボイキンスの bVIIとかbVII...

ニコニコポイント432pt30日間

32:28会員無料

再生286 コメ2 マイ3

2019/01/30 00:00 投稿

「ゼロからの音楽文法」 第69回

2年に渡った「モダンポリリズム」を終え、ビュロー菊地/菊地成孔が満を持してスタートする「ゼロからの音楽文法」。ドレミの...

抱きしめたい ♭Ⅶをトライアドで使う

ニコニコポイント432pt30日間

関連HP

TABOO レーベルHPはこちらからどうぞ!
http://taboolabel.net/

Rinbjö Twitterは、こちら!
https://twitter.com/

レギュラー番組、連載

TBSラジオ「菊地成孔の粋な夜電波」毎週日曜日18:30~20:00
http://www.tbsradio.jp/denpa/index.html

UOMO(集英社)「売れている映画は面白いのか?」
http://www.webuomo.jp/thismonth/


2017/05/02 08:43

5月のビュロー菊地チャンネル動画コンテンツアップスケジュールに関しまして

いつもビュロー菊地チャンネルをご購読いただきまして、誠にありがとうございます。今月の「ゼロからの音楽文法」「ポップアナリーゼリローデッド」は5月10日(水)から隔週で順次更新いたします。 今週の更新はございませんので、ご了承ください。 今後とも宜しくお願いいたします!

2017/04/01 10:22

2017年3月29日 TABOO LABEL Presents『HOLIDAY』菊地成孔ソロ アップロードのお知らせ

いつもビュロー菊地チャンネルをご購読いただき、誠にありがとうございます。 3月29日(水)に生放送をしておりましたTABOO LABEL Presents「HOLIDAY Vol.1」ですが、21時頃から21時30分頃まで回線の不具合により、放送できませんでした。誠に申し訳ございませんでした。 本日の12時より菊地成孔ソロの全編をPart1、Part2に分けてアップロードさせていただきます。 チャンネル会員の皆様におかれましては、無料でご覧いただけますので、ぜひご覧ください。 今後は今回のような事故の無いような運営をしてまいります。今後とも宜しくお願いいたします。

2017/02/02 19:18

ビュロー菊地チャンネル「ゼロからの音楽文法」 第20回の配信につきまして。

いつもビュロー菊地チャンネルをご購読いただき、誠にありがとうございます。 2月1日(水)に配信を予定しておりました、“ゼロからの音楽文法 第20回”ですが、大変申し訳ございませんが、都合により一週間延期させていただき、2月8日(水)の配信とさせていただきます。 これにより、その後の“ポップアナリーゼリローデッド 第20回”も一週間ずつリリースを延期させていただきます。お客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒、ご了承ください。 今後ともビュロー菊地チャンネルを宜しくお願いいたします。

菊地成孔プロフィール

ビュロー菊地チャンネル

ビュロー菊地チャンネル

菊地成孔(きくち なるよし)

音楽家/文筆家/音楽講師
ジャズメンとして活動/思想の軸足をジャズミュージックに置きながらも、
ジャンル横断的な音楽/著述活動を旺盛に展開し、ラジオ/テレビ
番組でのナヴィゲーター、選曲家、批評家、ファッションブランドとのコラボレーター、映画/テレビの音楽監督、プロデューサー、
パーティーオーガナイザー等々としても評価が高い。「一個人にその全仕事をフォローするのは不可能」と言われるほどの驚異的な多
作家でありながら
、総ての仕事に一貫する高い実験性と大衆性、独特のエロティシズムと異形のインテリジェンスによって性別、年齢、国籍を越えた高
い支持を集めつづけている、現代の東京を代表するディレッタント。

公式HP“第三インターネット
http://www.kikuchinaruyoshi.net/

チャンネルタグ

2012/08/21 開設 326動画