• このエントリーをはてなブックマークに追加
第65回ゴー宣道場 「9条に自衛隊って本気か!?」感想受け付けます!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第65回ゴー宣道場 「9条に自衛隊って本気か!?」感想受け付けます!

2017-08-05 17:15
  • 24
いよいよ明日・8月6日、
午後2時~5時(予定)
第65回ゴー宣道場
「9条に自衛隊って本気か!?」
開催されます!!

ゲストは
法哲学者の井上達夫氏と、
民進党憲法調査会の会長・枝野幸男議員

妥協も欺瞞も一切許さぬ
リベラルの権威・井上達夫氏が
ゴー宣道場で、いかなる議論を
展開するか?

そして民進党代表立候補を
表明している枝野幸男氏は、
ゴー宣道場にて自らの改憲案を公表!

これは、日本を揺るがす
画期的なことになる!

今回も、
会場までお越しいただけない
ネット視聴者の方々からも、
会場で行われるアンケートと同様に、
このブログのコメント欄を利用して
感想を募集します!

1c2a1cfbbfa0a7fe0d53e81746e6b9020281251f

記入項目は…

性別 年齢 お住まい(都道府県) 職業

1.参加(視聴)の動機(目的)は何ですか?

2.今回のゴー宣道場の感想をお聞かせください
 ① 第1部について
 ② 第2部について
 ③ 全体的な感想
 ④ 今後「道場」や「ネット道場(動画)」で
   取り上げて欲しいテーマ(企画)があれば
   ご記入ください

となっていますが、自由にお書き
いただいて結構です。

お寄せいただいた感想の一部は、
『語らいタイム』や道場ブログで
紹介いたします。

特に締切は設定しませんので、
タイムシフトや動画で後日
ご覧になる方もぜひ
ご感想をお寄せください。

お待ちしております!!
チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
ゴー宣道場ブログ
更新頻度: 不定期
最終更新日:
チャンネル月額: ¥540 (税込)

チャンネルに入会して購読

他14件のコメントを表示
×
井上さんが面白かったのでエキサイティングな道場になったと思いますが
枝野氏に関しては不満が多いです。事前に予告されていた日本中が驚く発表というのは
急遽中止になったということで良いんでしょうか?
放送中断事故の最中に説明があったのかもしれませんが
それならそう言ってもらいたかったですね。
空気を読んでそういう風に理解している状態ですし
話している内容も、
「言いたくても言えないけど空気を読んで自分を応援してください」
というものに終始しているようにしか見えなくて
そういう、言えないけど信じなさいではちょっと議論にならないと思いました。
16ヶ月前
×
誤解されるのがいやだからと言ってましたが
自衛隊は合憲だと力説しているので、本音は護憲サヨクなんでしょと誤解(?)されることはいい
ということなんでしょうか。
それに、合憲だと思っているんだったら憲法に書き込んでも同じだからいいでしょ、と安倍に言われたら
どう反対するのかなと。
やはり本来的な議論を前提としなければ十分な反対もできないように思います。
どっか偉そうなのに中身はのらりくらりとしているという、今までの枝野氏のイメージが
変ることはありませんでした。
16ヶ月前
×
42歳、男 滋賀県在住
 今回は、加計学園疑獄で炙り出された獣医養成問題と、自衛隊を巡る憲法解釈問題が語られてました。あくまでも原理原則に拘る井上氏と、政策を実行する上で落としどころを探る様な枝野氏、どちらも解る気がします。ただ、どちらも実現は困難とも、自分は思いました。特に憲法は、どう解釈しようが、どこまでも矛盾がついて回る覚悟をしておかないといけない気がしました。拙い文章と知識で、何だか申し訳ないです。
16ヶ月前
×
こういうのは反則とは思いますが、道場に参加した人もこちらに書いているようなので、別に調子に乗っているわけではなく、一晩考えて、例えとしては、石原莞爾VS東条英機が最もしっくりくるかと。
考えてみれば、民主党は鳩山政権の時に、理念ばかり唄っていて大こけしたのだから、枝野氏の誠実性から、無責任に大風呂敷をひろげるようなことはしないのも無理はない。
ただ、民衆はやっぱり政治家にビジョンを求めようとするもので、そこが難題かと。安倍政権の加憲案は、害毒だし、パースペクティブさは全くないが、大衆ウケという点では確かに良くできてはいる。その欺瞞を明らかにし、潰すために、今回の議論を経た枝野氏が果たしてどう戦術戦略を繰り出すか?ぺてん師さながらに幻想ばかり見せてくる安倍政権に、その誠実さをどこまで武器として展開できるか?
16ヶ月前
×
男 38歳 宮城県 内装屋営業
世間一般の誤解として日米同盟絶対の安倍自民の安保外交政策こそが現実的だと思われている。しかし枝野さんが言うとおり、アメリカは日本がいくらアメリカのために外国に自衛隊を出そうがアメリカの国益に叶う時以外は絶対に日本を守らないということこそが真のリアリズムだと感じた。55年体制の悪しき遺産である日本人の対米従属の惰性の安保意識を啓蒙出来るかどうかが民進党が国民政党になれるかどうあの鍵だと思いました。
16ヶ月前
×
男 37歳 群馬県在住

まずは、よしりん先生はじめ、師範の方々お疲れ様でした。進行の仕切りや議論に割って入るのは相当大変だったかと思います。井上氏物凄すぎて圧倒されました。

応募したものの、残念ながら落選したため、冷房のあまり効かない自室にて生放送を視聴していたのですが、今回の道場は猛暑とパソコンの発する熱を超えるほどの白熱ぶりを画面越しに感じました。熱すぎて脳が熱中症になるか心配になったくらいです。

終始一貫して理論的かつ原理・原則を重んじる姿勢の井上氏。それに対し、所々ホンネとボヤキを混じえて政治家としての現実主義を見せながらも、段階的な積み上げで理想を達成していく姿勢の枝野氏。双方の立場の違いはあれど、真に白熱した議論を拝見できたのは勉強になり、こういう議論の仕方もあるのかと刺激になりました。ヒートアップしつつも最終的に、安倍首相の発した欺瞞的な自衛隊加憲論の愚かさ・姑息さ・危険性について合意されたのは、さすがお二方、心は熱くても頭は冷静なのですね。

総評としては、井上達夫氏の想定を超える恐ろしさと対峙しながら、防御的ではあるけれども逃げずに応戦し、自分の立場を堂々と表明する姿を見せた枝野幸男氏は立派ですし、比べるのは失礼かもしれないが、議論しない・できない・逃げるなど卑劣さしか感じない安倍首相とは雲泥の差がある。この点に限っても将来の首相候補にふさわしいと言えるでしょう。

何より民進党代表戦を控える微妙な時期に、リスクを恐れずゴー宣道場で登壇した氏の勇気は素直に讃えたい。それは、道場の最後に苦笑しながらも、握手を求めた本物のリベラリスト井上達夫氏の「フェアネス」な態度にも現れていたのではないかなと思います。
16ヶ月前
×
性別 男
年齢 45
住まい 神奈川
職業 彫刻家

1.参加(視聴)の動機(目的)は何ですか? いつも見ています。また参加少しあります。

2.今回のゴー宣道場の感想をお聞かせください
 ① 第1部について 全体の感想にまとめさせていただきます。
 ② 第2部について 全体の感想にまとめさせていただきます。

 ③ 全体的な感想 拝見後一昨夜明けてもまだモヤモヤは多少していました。それでも寝ていた間に大部分整理されたのかもしれません。正午まで師範達のブログを読みながら頭の中を整理した所もあります。

色々考えた上、私は枝野氏は信念のしっかりした政治家だと思います。
数々の井上氏の論戦に対し、決してぶれずに主体性を通す。
こう言えば当たり前に感じますが、果たして現在ここまでできる政治家は与党の閣僚はどれほどいるでしょうか。そもそも首相である親分自身が無理でしよう、、、。

私は当日ニコ生をみながらコメントを繰り出していました。かなり辛辣なコメントもしたかもしれません。いまではその内容にたいしてとても恥ずかしく思います。浅薄でした。
思考とはけして止まってはならない。深く考えていかねばならない。そしてその面白さを学びました。
思い出せば震災の時に政権の全面に立ち誠実に対応していたのは枝野議員です。
今も変わらぬその枝野議員に心からエールを送ります。


 ④ 今後「道場」や「ネット道場(動画)」で
   取り上げて欲しいテーマ(企画)があれば
   ご記入ください
16ヶ月前
×
二回目の書き込み、失礼致します。
今回のゲストお二人が居れば、小林先生も、心おきなくフィクションの世界に立ち返れそうですよね♪
16ヶ月前
×

立場の違い、見解の相違と言える恐ろしいほどに厳しい議論は、中々無い事なので貴重でした。

議論の細密については、すでに多く語られているので、ゲストについて、自分なりに申します。

これまで(他を含むと)議論の前に議論にならぬ破綻論理の相手が多く、また、破綻論理に移行する不安要素を感じ取れる人が目立ちました。もちろん、親しみやすい議論は有りました。しかし、今回ほどに厳しい議論は初めてでは無いかと思います。

自分は、普段は時に威勢良く、目標に囚われて、周りを顧みず突っ走る好い加減さが有ります。人については、高を括って上から目線です。ところが、自然に居住まいをただし、拝聴する事になりました。

井上先生と枝野議員は、互いにぶれずに、しっかりした議論をして頂いたと思います。御両人の御意見に、不和感、不自然を感じませんでした。互いに論が通じ、将来にわたって理解する事が可能な御二人と思えたからです。

井上先生は、妥協を許さぬ理念の原理原則で迫ります。一方、枝野議員は、あくまで議員の立場で有り、矛盾を抱えた憲法を運用して来た歴史を背負いながら、誠実に、堅実に歩む事が議員の仕事で有り、立憲主義だと定義付けておられました。これは、正当な態度だと思います。師範方に同じです。

枝野議員は、政治の歴史財産を背負いながら、その中心に有る理念の矛盾を、どう突破するかに、更に力を求められます。躊躇すると、そこを突かれます。

その前提となる、井上先生の理念も正当なので批判は困難です。ただ、生意気を申せば、大きな理念は大きな声で、はっきりと道筋をもって示せます。その分、聞いている者にとって心地良いです。

しかし、枝野議員は代表選を控え、それでまた、民主党時代の失敗の教訓に神経質になっている為か、歯切れの悪さが有りました。これは、一筋縄で行かない実際の現場を保つ為に仕方無しと思います。

その分、井上先生の旗は明確で、大衆からしたら、一気に、その旗に集いたくなります。一方、枝野氏には、歯切れの悪さで、物足り無さを感じた人が、多かったかと思います。こうしたコメントを、いくつか見かけました。しかし、この点を考慮せず、枝野議員を印象で片付けるのは公平さに欠けます

枝野議員は、随分不利な状況ながら、一歩も引く様子無く、議論可能な力量には感心しました。

しかし、民主党時代の悪い印象と重なってしまい気の毒に感じました。民進党員としての活動や、党首選挙に影響しないか苦慮されたと思います。

そんな議論に、あえて挑んだ枝野議員は立派で、力を備えた人物と見ます。ただ、民進党の力として発揮出来るかは、不確定要素が有り予測不能です。信仰するのでは無く、政治家として期待します。

再び落ち着いた環境で、また来て頂くのも有りと思います。立場の違い、見解の相違の切羽詰まった議論を、またして頂きたいです。

中国共産党独裁と同じく、日本は憲法を守れない。中国共産党独裁と同じく、日本は民主国家では無いとは本当です。日本国憲法には矛盾が有ります。これを歴史上、是正して来なかったのは国民の罪です。しかし、憲法の歴史的落着を全て無駄にし、今回また、愚かな加憲案で、憲法是正の後退危機です。安倍の支持率低下で、確率が低くなったものの油断出来ません。

安倍晋三内閣の日本国憲法を台無しにする所業を断固阻止し、骨抜きにされた部分は、可能な限り元に戻さなければなりません。安倍晋三に憲法を おもちゃにされた為、日本人は負の点から始発点としなければなりません。道理の無い、無頭脳な改憲至上主義で、安倍晋三を支持した極左偽装、劣化保守の罪過は大きいです。

16ヶ月前
×
感想遅くなり申し訳ありません。

今回の道場は動画からでも現場の熱さが伝わってくるような、画面にグイグイ引き込まれて行くような、素晴らしい議論を展開されておられましたね。
枝野議員の政治家としての憲法論、自衛隊が違憲ならば国の予算は付けられない。には頷けましたし、井上先生の学者としての憲法論にはなるほど全くその通りと考えさせられました。
(井上先生の手を上げられて発言される姿が朝生といっしょだ~ってワクワクしてしまいました。)
枝野議員が皇位継承問題においては「もっとやれた、やるべきだった」という立場と仰いましたが、少し以外に感じてしまいました。私は枝野議員に対して誤ったイメージを持っていたようです。
考えを改め、党内のリベラル派と言われる方への配慮の中、大健闘された勇気と覚悟に敬意を表します。
代表選、頑張って頂きたいですね。
終わったらまた井上先生と第2ラウンドを期待致します。

16ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。