• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

甲斐良治:3月4日は「鳴子の米プロジェクト」発表会
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

甲斐良治:3月4日は「鳴子の米プロジェクト」発表会

2007-02-08 17:59

    この4月からの「戦後最大の農政改革」―品目横断的
    価格安定政策―についてはこれまでこのコーナーでも
    何度かふれてきましたが、国が切り捨てようとしてい
    る小さな農業、山間地農業を村の力、地域の力、人の
    力で支えるプロジェクトもまたいくつか立ち上がろう
    としています。

    4b086d9dba8944a601f7fffa51aa3fc7b1ffa82f

    その先頭を走っているのが宮城県大崎市旧鳴子町の「鳴子の米プロジェクト」。現状60㎏1万3000円の米を2万4000円で買ってくれる応援団を地域につくり、農家には手取り1万8000円を保証するかたわら差額6000円を「鳴子の器」づくり、「鳴子のおむすび」開発、米粉やくず米をつかったパンやお菓子の開発、酒の試作、「鳴子の米通信」の発行など、米にまつわるたくさんの「小さな仕事」の開発に充てようというものです。

    経済合理でいけば「消費者」にとって米は安いほどよい、ということになりますが、「地域住民」にとってみれば地域で米がつくられ続けると

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。