• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

《第1回》陸山会事件公判傍聴記 ── 水谷建設からの5000万円は断じてありません!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

《第1回》陸山会事件公判傍聴記 ── 水谷建設からの5000万円は断じてありません!

2011-02-08 19:36
    2月7日晴れ。公判初日ということで、東京地裁前にはたくさんのメディアが集結。門の前では傍聴者へのインタビューも行われていて、テレビレポーターに呼びかけられて傍聴を希望する理由を聞かれる人も。ちなみに、筆者が耳にした50歳代ぐらいの女性の回答は、

    「西松事件にはじまる一連の東京地検特捜部の捜査は何も証拠がないと思う。そのことをたしかめるために、傍聴にきました」

    との旨でレポーターに話していた。冷静で説得的な回答だったけど、「放送では使われないのかなあ」と心配になりながら傍聴希望者の列に並ぶ。ちなみに、最終的に傍聴希望者は452人、開放された傍聴席は55席だった。

    10時に開廷。石川知裕衆院議員、大久保隆規氏、池田光智氏の3人が入廷。

    最初に罪状認否で発言したのは大久保氏。以下のように述べる。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。