• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

超特集:みく(アンティック-珈琲店-)×葵(葵-168-) / ロングインタビュー④、テーマ別インタビュー、フォトギャラリー #日刊ブロマガ!club Zy.チャンネル
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

超特集:みく(アンティック-珈琲店-)×葵(葵-168-) / ロングインタビュー④、テーマ別インタビュー、フォトギャラリー #日刊ブロマガ!club Zy.チャンネル

2016-05-20 18:00
    Q.「青春」という言葉を聞いて一番最初に思い浮かべることは?

    みく 「女」ですね。

    ――ストレートな答えですね。それがやっぱり青春ですか?
    みく はい。それが青春なんじゃないかなって。そこが終わっちゃうと人生の旬が過ぎちゃいますからね。

    ――そこは大切ですよね。
    みく でも俺、旬が過ぎているんですよ。まったく女性に興味がなくて。

    ――まだまだ年齢的にはこれからじゃないですか。
    みく 年齢的にはそうなんですけど、これは28歳頃から言ってますからね。

    ――早めに枯れてしまったんですね。
    みく そうです。(笑)青春が終わってしまいました。

    ――葵さんは?
     僕はずっとスポーツをやっていたので、パッと浮かんでくるのは「グランド」と「部室」です。

    ――スポーツマンならではですね。
     汗臭いような、ホコリ臭いようなのが青春だと思います。


      5月1日にZepp Tokyoで開催になる、MASK一夜限りの復活ライブ。みくは、アンティック-珈琲店-としてゲスト参加。葵は、初代MASKのヴォーカリストとしてステージに登場。ここでは、二人の関係性をあれこれと語っていただきました。

    撮影:菅沼剛弘 / インタビュー:長澤智典
    Photographs by Takehiro Suganuma / Interview by Tomonori Nagasawa

    何事もそう。演ってからでないと気づけないことってあるんですよね。
    ――MASKが解散してから、今年の5月1日で10年経つんですね。 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。