• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

seek×小林写楽×masato座談会 第2回(全4回) 小林写楽「音楽に対する姿勢のマジメさをすごく感じて、こんな飲み会にこんなマジメな人がくるんだって感動しました。」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

seek×小林写楽×masato座談会 第2回(全4回) 小林写楽「音楽に対する姿勢のマジメさをすごく感じて、こんな飲み会にこんなマジメな人がくるんだって感動しました。」

2020-01-20 18:00
    4708aefc44ec932da7e11e2274a594794885730d476640b669e4249c688b683eeafb76f6d68d9f2b


    12月12日、LOFT/PLUS ONEで開催された“凡思社企画「seekのFish Dance Hour 2時間目~新宿、ヴィジュアル系を考察する会~」”。前回、seekにこのイベントについての思いを語ってもらったが、今回はそのイベント開始時間の直前、企画発案者であるseekに加え、小林写楽(メトロノーム/FLOPPY/ヘクトウ)とmasato(defspiral/NUL.)をまじえての緊急対談が実現! 改めてこの才能豊かな3人の関係性に迫った!

    Interview:海江敦士



    小林写楽:音楽に対する姿勢のマジメさをすごく感じて、こんな飲み会にこんなマジメな人がくるんだって感動しました。


    ――写楽さんはその最悪の出会いを経て、その後、seekさんと親しくなったキッカケは何だったんですか?
    seek:急接近は最近ですよね。
    小林写楽:そうだと思います。
    seek:僕が勝手に心の中で写楽さんを

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。