• このエントリーをはてなブックマークに追加
首振りDolls マンスリーインタビュー 第12弾 『首振りDolls with THE BOHEMIANS酒呑み対談 第2回(全4回) ビートりょう「まぁ、平田ぱんだには俺しか居ないだろうな。俺にはもっと居ると思うけど(笑)。」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

首振りDolls マンスリーインタビュー 第12弾 『首振りDolls with THE BOHEMIANS酒呑み対談 第2回(全4回) ビートりょう「まぁ、平田ぱんだには俺しか居ないだろうな。俺にはもっと居ると思うけど(笑)。」

2020-03-17 18:00
    104139e6573efdf671af146fa45dfb5d3983cb13476640b669e4249c688b683eeafb76f6d68d9f2b


     “こんなロックバンドやりたかった!”と、ギターのジョニーが絶賛したというTHE BOHEMIANS。2月9日に念願の対バン開催し(with 爆弾ジョニー)、互いの仲を深めつつも、若手ロックンロールバンドとしては、シーンを盛り上げるべき良きライバルとして、今の時代に存在し合う彼ら。マンスリーインタビュー第12弾では、THE BOHEMIANSの平田ぱんだ(Vo)とビートりょう(G)をゲストに迎え、ロックン・ロールシーンのルーツとバンドへの想いと今後の展開について、“酒呑みトーク”で、まったりと語り合ってもらった。

    取材・文◎武市尚子


    ビートりょう:まぁ、平田ぱんだには俺しか居ないだろうな。俺にはもっと居ると思うけど(笑)。


    ――探ってたの(笑)?
    平田ぱんだ:そうそう。探ってたの(笑)。どっちかなぁ〜って。本当はすごく怖い人なのかもしれない……と思って。
    ナオ:いやいやいや、ただのお酒好

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2023/01/30
      予告!2月の「club Zy.チャンネル」
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。