• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

club Zy.ロングインタビュー HAKUEI(PENICILLIN) 第4回(全4回) HAKUEI「僕はプロデュースだと思ってたら、Ryujiくんはツインボーカルでやれると思ったらしい(笑)。」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

club Zy.ロングインタビュー HAKUEI(PENICILLIN) 第4回(全4回) HAKUEI「僕はプロデュースだと思ってたら、Ryujiくんはツインボーカルでやれると思ったらしい(笑)。」

2020-03-30 18:00
    e8bc0af9097fdd5b0a3ff463364dc51c1cfe8b48476640b669e4249c688b683eeafb76f6d68d9f2b


    毎度、おいしいゲストを酒の肴に迎え、大好評企画の『居酒屋はくえい』。ここでは毎回、ゲストの方との対談をお送りしてきましたが、今回は久々にHAKUEI本人のロングインタビューを決行! 近況から話題のつけ麺店『銀座 魄瑛』、さらにはthe Brow Beatの誕生秘話など、4回にわたって熱く語ってもらいました。貴重な話のてんこ盛りなので、じっくりお楽しみください。

    Interview海江敦士



    僕はプロデュースだと思ってたら、Ryujiくんはツインボーカルでやれると思ったらしい(笑)。


    ――そこからは早そうですね。
    HAKUEI:その話をしてから1年とか2年くらいに具体的になったのかな。まぁ、やっぱり飲みの席の話だし、具体的になるには少しだけ時間がかかりました。その後、Ryujiくんが『月刊佐藤流司』っていう写真集を出したんですけど、その前に僕が『月刊HAKUEI』を出していたんですね。たま

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。