• このエントリーをはてなブックマークに追加
首振りDolls マンスリーインタビュー第13弾『首振りDolls 新アートワーク&MV解禁!』 第2回(全4回) 「今回の衣装もツアー先の大阪でみんなで古着屋に探しに行ったりしたけど、あれ結構楽しかったしね。(ジョニー)」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

首振りDolls マンスリーインタビュー第13弾『首振りDolls 新アートワーク&MV解禁!』 第2回(全4回) 「今回の衣装もツアー先の大阪でみんなで古着屋に探しに行ったりしたけど、あれ結構楽しかったしね。(ジョニー)」

2020-04-13 18:00
    52acbe2fdeb3b42622181ba516fe497d794ca549476640b669e4249c688b683eeafb76f6d68d9f2b


    ガレージロックなのか? ロックン・ロールなのか?  ハードロックなのか? パンクなのか?  はたまた、ブルースなのか? 歌謡ロックなのか? 北九州が生んだ異端児が放つサウンドは、何処にも属さぬ毒を孕み、 いつの間にか聴く者を抜け出せない蟻地獄へと引きずり込む。 胸を打つポップなメロディと、妖しげなファンキーさと、剥き出しの情念を乗せたオドロオドロしさこそが首振りDolls。 中性的なセクシャリティとド派手でグラマラスなルックス。 70年代前半のロックシーンを彩った華やかなムーヴメントは今、 彼らによって呼び起こされる。 首振りDollsの新アートワークに迫ってみた。

    撮影:maru 取材・文:武市尚子


    今回の衣装もツアー先の大阪でみんなで古着屋に探しに行ったりしたけど、あれ結構楽しかったしね。(ジョニー)

    ――着物はナオのルーツでもあるサンハウスの柴山俊之さんからの影響が大きいんでし

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。