• このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ・メルマガ

  • 腐女子の心理学2  準備稿――すももファイヤーの原因は兵頭新児だった!?

    すもも師匠の、恥ずかしい間違いについて。

    3日前

    • 12 コメント
  • 【反フェミはこれ一本でおk】風流間唯人の女災対策的読書・第3回『#KuToo 靴から考える本気のフェミニズム』【ゆっくり解説】

    さて、動画の第三回です。  石川優実師匠の名著を紹介するためのものですが、ぶっちゃけ大した内容もないので、実際には「フェミニズムの(誤謬の)基本」を解説するような内容になっています。しかし逆に基礎編という感じでそれもよいのではと。

    2020-01-11

    • 6 コメント
  • 2019年女災まとめ『ジョサイダー01(れいわ)』大百科!

    というわけであけましておめでとうございます、みなさま。  令和二年、初の更新です。  さて、毎回年末年始はその年(去年)のまとめめいた記事を書いているのですが、今回の企画はこれ。  特撮を知らねば通用しないネタは控えよう控えようと思いつつ、何か、ついこうなってしまいました……。

    2020-01-10

    • 3 コメント
  • 【ゆっくり解説】風流間唯人の女災対策的読書・第2回『ぼくたちの女災社会』(その2)【反フェミはこれ一本でおk】

    第二回目です。 近年、「フェミニズム」という思想の害悪は広く認識されるようになりました。 しかし、果たしてツイッターなどで囁かれるフェミ批判には、どこまで有効性があるものなのでしょうか? まだ甘口の反フェミが多いとお嘆きの貴兄に、辛口の「女災対策的読書」を送ります。

    2019-12-22

    • 1 コメント
  • 【ゆっくり解説】風流間唯人の女災対策的読書・第1回『ぼくたちの女災社会』【反フェミはこれ一本でおk】

    どうも、ここしばらく動画を作るのにかまけておりました。  自著、『ぼくたちの女災社会』を紹介するためのもので、大意としては当ブログに書いたようなことなのですが、何やかやで元の記事の動画化というよりは新規書き直しの内容になってしまいました。

    2019-12-13

    • 3 コメント
  • 十年目の『ぼくたちの女災社会』(その3)  ――『女災』は「負の性欲」を予言していた!――

    ツイッターで今月28日、「負の性欲」という言葉がトレンド入りするという珍事が起こりました。いえ、この概念そのものは以前から結構評価されていたものであり、当然、当ブログでも折に触れ、扱って参りました。 が、当然というか何というか、ツイッターではフェミニストが聞きつけ、脊髄反射で拒否反応を起こしている場面、どう見ても語幹から適当に想像して勝手なことを言っているだけという場面などが散見され、まあ、しょうがないとはいえ何だかなあな状況を呈しています。

    2019-11-29

    • 3 コメント
  • 十年目の『ぼくたちの女災社会』(その2)――『女災』は「これフェミ」を予言していた!――

    青識亜論と石川優実師匠のトークイベント、「これフェミ」。 しかしこのイベント以降、石川師匠は後出しじゃんけんで、ブログで不満を爆発させました。 そこには女災というものの本質が現れています。

    2019-11-22

    • 6 コメント
  • 秋葉原のアダルトゲーム広告問題

    撤去された秋葉原のアダルトゲームの広告。 しかし、それをめぐってのオタ論壇の論調は、今までのものと少々変わりつつあるようです。

    2019-11-15

    • 16 コメント
  • ショウジョマンガガガ(その2)

    ※この記事は、およそ12分で読めます※  はい、続きです。 『トクサツガガガ』について、ことにドラマ版について書くべきことがあったにもかかわらず、前回はそれについて述べることができないまま終わってしまいました。  というわけで、 前回記事 を未読の方は、本エントリの前にお読みいただくことを強く推奨します。  また、これ以前に本作について述べた記事、『フェミナチガガガ』 *1 を併せて読まれますと、より内容が深く理解できようかと思いますので、そちらの方も是非。まあ、全部読むとかなりなテキスト量になっちゃいますけどね。 *1 過去の記事は以下を参照。   フェミナチガガガ   フェミナチガガガ(その2)   フェミナチガガガ(その3)  また、当エントリにおいてはこの一番最初の記事(無印)を便宜上、(その1)と表現します。 ●笑え!大きな口で  本作は「負のポルノ」そのものである、というのが前回記事におけるまとめでした。  本作ではチャラ男や小野田君のみならず、初期はネパール料理店の店員など、仲村さんの「子分」的な男性キャラがより取り見取りで揃っていた。仲村さんが彼らに慕われつつ、彼らを...

    2019-11-01

    • 9 コメント
  • ショウジョマンガガガ

    今回のテーマは『トクサツガガガ』です。  以前にも幾度にも渡って採り挙げたものの * 、最後(その3)はどうにも消化不良なままで終わり、しかしもうさすがに書くこともないなあと思っていたのですが、最近、新しい巻が出たので一応、読んでみました。

    2019-10-25

    • 4 コメント

Twitter

生放送

放送済みの番組はまだありません。

動画

7:56

ドクター差別と詰られし者たち

再生5,114 コメ644 マイ3