• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

団長(NoGoD)×featuring16(Jin-Machine)対談 第1回(全4回) 「久しぶりにお客さんの前に立ってライブをやったとき、間違いなくいろんな感情が沸き上がってくるんだろうなとは思う。」(団長) 「久しぶりにお客さんの前に立ってライブをやったとき、間違いなくいろんな感情が沸き上がってくるんだろうなとは思う。」(featuring16)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

団長(NoGoD)×featuring16(Jin-Machine)対談 第1回(全4回) 「久しぶりにお客さんの前に立ってライブをやったとき、間違いなくいろんな感情が沸き上がってくるんだろうなとは思う。」(団長) 「久しぶりにお客さんの前に立ってライブをやったとき、間違いなくいろんな感情が沸き上がってくるんだろうなとは思う。」(featuring16)

2020-07-02 18:00

    e6cdf0f601c158a45ed633b07da0476bcf1bbaab

    お互いに、今年結成15周年を迎えた間柄。本当なら、今年15周年を迎えるバンドたちと一緒にいろんな企画を行うはずだった。が、ご存じのように「コロナ」の影響で、春からは様々なバンドがライブ活動の停止を余儀なくされた。そんな中、ネットを介しリモートワークで積極的にバンドの情報を配信し続けていたのが、結成15周年組のバンドのヴォーカリストである団長(NoGoD)とfeaturing16(Jin-Machine)だった。彼らが、ライブ活動もままならない今の時期だからこそ伝えるサバイブ法を、2人の対談という形を通してお伝えしたい。

    Interview:長澤智典


    お互い、今年結成15周年を迎えました。本当なら一緒にいろんなイベントも企画していましたが、今の社会情勢的にライブ活動どころか、春先は、バンドとして表立って動くのも難しい期間を過ごしてきました。



    featuring16
      こういう騒動がなければ、いろいろと計画はしていたんですけど…。

    団長  同じく、今年結成15周年を迎えるjealkbやえんそくらと一緒に面白いイベントを行おうと計画をしていて、みんなその時期をすごく楽しみにしていたんだけど…。

    featuring16  残念ながら、すべて中止になってしまいました。きっと、あのまま一緒にイベントを決行出来ていたら、「次はこういうことをやろうよ」など、一緒に過ごしている時間の中でいろんな話をしながら、「じゃあ、次はこういうことをやろうか」という話にまで発展していたのかも知れないけど。イベントの中止どころか、お互いのバンドどうしが会うこともままならない状況へ陥ってしまったから、その先の話さえ何も出来ない状態。

    団長  当初は、イベントが中止になったことから、みんなで「ごめんね配信」をやろうかという話もあったけど。それ以前に、それぞれのバンドの中でもメンバーどうしで直接会うことが難しい状態へ陥ったことから、それぞれのバンドが、まずは目の前のことを…という環境になっていたからね。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。