• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

HAKUEI(PENICILLIN)×平沼紀久(映画監督)×山口乃々華(E-girls) スペシャル座談会! 第1回(全4回) ノリ(平沼監督)はね、とにかく天真爛漫。ポジティブで、おおらかで、裏表がない。ノリのことが嫌いだという人には会ったことがないんですよ。(HAKUEI)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

HAKUEI(PENICILLIN)×平沼紀久(映画監督)×山口乃々華(E-girls) スペシャル座談会! 第1回(全4回) ノリ(平沼監督)はね、とにかく天真爛漫。ポジティブで、おおらかで、裏表がない。ノリのことが嫌いだという人には会ったことがないんですよ。(HAKUEI)

2020-08-03 18:00

    ee4b55879dc73b75df408c264ce5063c0cfd0ed9

    大好評を博しているニコ生ラジオ【居酒屋はくえい】と並行して行われているHAKUEIの対談シリーズ。今回はHAKUEIが長年にわたって交流している平沼紀久氏が監督を務めた映画『私がモテてどうすんだ』が劇場公開されたことを祝して、平沼氏と同作のヒロインを演じた山口乃々華(E-girls)を迎えて開催。3名の人柄や人生観、大きな注目を集めている『私がモテてどうすんだ』についてなど、様々な話題で話が弾んだ。

    Interview:村上孝之


    HAKUEIさんと平沼さんは、20年来の知り合いだとお聞きしました。お二人は、どんなふうに出会ったのでしょう?


    HAKUEI:最初は、たまたまという感じだったよね?

    平沼:うん。共通の知り合いがいて、出会ったんです。初めて会ったときから意気投合して、翌日には僕はHAKUEIさんの家にいっていました。それからよく飲むようになって、仕事がないときはほとんどHAKUEIさんと一緒にいたんです。その頃の僕は仕事があまりなくてずっと暇だったから、しょっちゅう会っていました。

    HAKUEI:当時の僕は、ほとんど友達がいなかったんです。友達がほしいとも思っていなかったから。家に友達を呼ぶなんてことはまずなかったけど、ノリ(平沼)は初めて会ったときからビビッときた……“ビビッときたというのは、あまり男性同士で使う言葉じゃないけど(笑)。初めて会った日がすごく楽しくて、翌日の僕の仕事終わりにノリが家にきて、2人で盛り上がったんです。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。