• このエントリーをはてなブックマークに追加
seek & YURAサマ(Psycho le Cému)友情対談! 第1回(全2回) 「YURAサマは昔からすごく自由な人で、家に遊びにいっても僕をほったらかして1人で遊ぶんですよ。(seek)」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

seek & YURAサマ(Psycho le Cému)友情対談! 第1回(全2回) 「YURAサマは昔からすごく自由な人で、家に遊びにいっても僕をほったらかして1人で遊ぶんですよ。(seek)」

2021-07-29 18:00
    c35a0ea8d8861706a08e94503a667f26c4e5b97d

    seek(Psycho le Cému/MIMIZUQ)がパーソナリティを務めるニコ生ラジオ番組『seekのFish Dance Hour』とリンクした対談シリーズ。今回はseekと共にPsycho le Cémuのリズム隊を担うYURAサマを招き、2名の出会いや関係性、それぞれの人生観など、様々な話題に花を咲かせた。seekとYURAサマが醸し出す、穏やかな雰囲気を感じ取っていただければ嬉しく思う。


    Interview:村上孝之


    ――お二人は、どんなふうに知り合ったのでしょう?

    YURAサマ最初に会ったのは、高校生のときです。

    seek通っていた学校は別々だったけど、同学年だったんですよ。初めて会ったのは、僕が人生初のライヴをしたときでしたね。高1の10月に友達のバンド3つくらいでイベント・ライヴをして、YURAサマはそれを観にきていたんです。共通の友達がいたみたいで、楽屋にいたような気がする。

    YURAサマ:多分、いたね。偉そうに座っていたと思う(笑)。

    seek偉そうだったかは覚えていないけど(笑)、当時のYURAサマはすでに髪の毛が長かったんですよ。僕らはがんばってちょっと伸ばしているくらいだったのにYURAサマは結構なバンドマンっぽいオーラが出ていて、同い年だとは思わなかった。だから、そのときは喋らなかったよね?

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。