• このエントリーをはてなブックマークに追加
HAKUEI(PENICILLIN / The Brow Beat) × HIZUMI(ex-D'espairsRay / NUL.) リラックス対談!第1回(全2回) 『あとはもうタクシーに乗るときとかも小さいホワイトボードみたいなヤツに行き先を書いたりして、一切喋らなかった。(HAKUEI)』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

HAKUEI(PENICILLIN / The Brow Beat) × HIZUMI(ex-D'espairsRay / NUL.) リラックス対談!第1回(全2回) 『あとはもうタクシーに乗るときとかも小さいホワイトボードみたいなヤツに行き先を書いたりして、一切喋らなかった。(HAKUEI)』

2022-05-05 18:00
    7dd2d90c3b1be7f0e003ad5152939324bf3e30de

    大好評を得ているニコ生ラジオ『居酒屋はくえい』とリンクして行われているHAKUEIとゲストによる対談シリーズ。今回はD'espairsRayのヴォーカリストとしてデビューを果たし、現在はNUL.で活動しているHIZUMIをゲストに迎えて行われた。シンガー同士ならではといえる両名の“喉事情”の話や5月のゴールデンウイークにちなんで休日をテーマにした話題など、今回も密度の濃い対談となった。そんな2人のやり取りを、2回に亘ってお届けする。

    Interview:村上孝之


    ――お二人が初めて会ったのは、いつ頃でしょう?
    HIZUMI
    最初にお会いしたのは、もう10何年前ですね。星子さんと三軒茶屋で一緒に飲んだことがあって、そのときにHAKUEIさんがいらしていたんです。
    HAKUEIあれは、三軒茶屋でしたっけ? どこかで会ったことは覚えているけど、三軒茶屋だったことは忘れていた(笑)。
    HIZUMI三茶です(笑)。初めてお会いしたのがそのときで、数年前にAiji(L.M.C/PIERROT)さんのバースデー・イヴェントがあって、そこにHAKUEIさんも顔を出されていましたよね?

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。