• このエントリーをはてなブックマークに追加
現実と見分けがつかない…鉄オタが100時間以上かけて作った完璧すぎる鉄道3DCGが公開
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

現実と見分けがつかない…鉄オタが100時間以上かけて作った完璧すぎる鉄道3DCGが公開

2014-12-01 16:10
  • 6
06cg03


どっちがどっちだ!? 本物と見分けがつかないほど精巧に作られた鉄道車輌の3DCGモデルが、某シミュレータ会社の元スタッフが運営しているブログ「元・元スタッフの部屋」で公開され話題となっています。

注目を集めているのは旧国鉄が運行させていた「103系」車輌の客室を再現したCG作品で、完成までにかけた作業時間は100時間を超えるそうです。

 車輌内部のパーツも精巧に作られており、実際に鉄道博物館に行って現物の採寸データを元に再現したそうです。 ブログ「元・元スタッフの部屋」では、各パーツの解説やCGを作っていく工程も掲載されているので、興味をもった人はぜひ見に行ってみてください。  



【そのほかの画像やリンクはコチラ】


[カルラボ編集部(Google+Twitter)]
カルラボ編集部Twitterやってます! よかったらフォローしてくださいね!
×
すげぇwwwどっちも本物って言われてもわかんねぇなこれwww
65ヶ月前
×
これが、プロ、か…
65ヶ月前
×
ぱっと見で区別できんなぁ
65ヶ月前
×
左右対比だときづかなかった
65ヶ月前
×
こっち方面で就職できるレベルだろこれ
65ヶ月前
×
トレインシミュの運転台の人だと思ったら、まさにその人だった
65ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。