• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ゲストさん のコメント

今おかしいのってギャビ?
No.1
26ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
世界中で盛り上がりを見せる女子総合格闘技の歴史を学ぼう! というわけで「日本初の女子総合格闘家」 高橋洋子 さんにインタビュー。女子プロレスのレフェリーをしながら、MMA、キック、柔術、ボクシングとなんでも果敢にトライしていた高橋さんですが、荒れ地だった女子格闘技という世界にはどんな苦労があったのでしょうか――? <関連企画> ・ 恐るべし全女の異種格闘技戦/ダンプ松本、究極の親分肌■アジャ・コングインタビュー② ・ 藪下めぐみ「私、総合格闘技の練習をしたことが一度もないんですよ」 高橋  なんでまた私なんですか?(笑)。 ―― いま女子MMAの人気が出ているので、ジャンル自体が影も形もなかった頃から活躍されていた高橋さんに話を聞きたいなと思いまして。 高橋  ありがとうございます(笑)。取材になるかどうかわからないですけど。 ―― こうしてインタビューされる機会ってあまりなかったですよね。 高橋  私の時代だと『週刊プロレス』にちょっとコメントが載っていた程度で。やっぱり試合が頻繁にあったわけじゃないですから、どうしても取材もされないんですね。 ―― 高橋さんってどうして総合格闘技を始めようと思ったんですか? 高橋  私は全女にちょっといたんですけど、全女って格闘技もやってたじゃないですか。 ―― グローブマッチをよくやってましたけど、スタートはそこなんですか? 高橋  先輩方が練習されてて、私は見てるだけだったんですけど、「こっちのほうがいいなあ」って思っちゃって(笑)。 ―― あ、やりたくなっちゃったんですか(笑)。 高橋  バンテージを巻く姿がカッコイイなって。前川(久美子)さん、伊藤(薫)さんとか特定の選手が格闘技の練習をしてて。プロレスの練習もやっていたから大変だったと思いますけど、憧れましたねぇ。 ―― 全日本女子に入ったのはプロレスラーになりたかったからなんですよね? 高橋  はい。私の世代だとクラッシュギャルズに憧れて。北斗晶さんがまだ本名の宇野久子としてやってる時代が大好きで。 ―― 北斗さんは宇野久子時代からやっぱり違いました? 高橋  いやもう惹きつけるものがありましたねぇ。 ―― その憧れからプロレスラーになろう!と。 高橋  高校を卒業するときに全女のオーディションを受けたかったんですけど、その勇気がなかったんです。スポーツインストラクターになるための専門学校に2年通って、そのあと就職することになって。このタイミングが最初で最後だってことで受けたら一発で合格したんです。 ―― 凄いじゃないですか! 高橋  ラッキーでした。だって私、腕立て、腹筋、スクワットの基礎体力テスト、どれもほぼできなかったから(笑)。 ―― 凄くないですけど、それで受かったのは凄い!(笑)。 高橋  たぶんですけど、身体が大きかったからだと思います。松永(国松)マネージャーに「手を見せて」って聞かれたんですよ。広げて見せたら「デカイね」って。この手の大きさで受かったんだと思います(笑)。 ―― 素材型として合格したというか。オーディシィンは何人くらい受けてたんですか? 高橋  オーディションを受けたのは30〜40人くらいで。受かったのは13人。全女の歴史の中でもたぶん一番多かったです。 ―― 受けた人数も少ないですね。 高橋  昔は応募だけでも大変な人数だから書類審査で落とされたり、それでも何百人も集まったという世界ですよね。 ―― 全女人気が落ちついてきた時期なんですね。練習生の生活はづいうものだったんですか? 高橋  全女のビルの中にあった寮に住んで、同じビルにあった『SUN賊』という喫茶店でウエイトレスとして働いて。 ―― 全女多角経営の象徴、『SUN賊』ですね(笑)。『SUN賊』にはプロレスファン以外のお客さんは来てたんですか? 高橋  近所に会社があったんで、みんな昼ごはんを食べに来てましたね。私は早くから巡業についていったんで、そんなに『SUN賊』で働いてなかったんですけど。 ―― 練習はキツくなかったですか? 高橋  キツイものだと思って入ったんで。キツかったですけど、やめたいとは一度も思わなかったです。 ―― 全女の上下関係は厳しいですよね? 高橋  けっこうかわいがられてたんです。運動部の世界って先輩から茶化されたり、いじられるじゃないですか。それがイジメだとは思わなかったですね。仕事で失敗すれば、もちろん怒られますけど。 ―― 当時は誰がトップだったんですか? 高橋  堀田祐美子さん、みなみ鈴香さんですね。北斗さんはまだやめてなかったんですけど、旅(巡業)にはほぼ出ていないという状況で。中野さんもまだ所属はされていたんですけど、単発出場で。だから中野さんや北斗さんには、ほぼお会いしたことはなくて。 ―― ブルさんとアジャさんが血で血を洗う抗争後の、静けさも感じる全女。 高橋  「昔はもっと凄かったんだろうな……」って想像はしてました。まだギリギリお給料が出ていた時期です(笑)。 ―― ハハハハハハハハ! 堀田さんはそこまで厳しい感じではないですよね。 高橋  堀田さんは優しかったですね。でも、控室でバチバチの雰囲気が流れているときもありましたし、「これが全女なんだろうな」っていう。 ―― お話して思ったのは、高橋さんはあまり物事に動じないタイプですか? 高橋  いやあ、だいぶ変わりましたよ。昔がガチガチでした。「これはこうじゃなきゃいけない!」って考え込んじゃうタイプで。私、あまり格闘技に向いてないんですよ。格闘技をやりながら「メンタルが合ってないな」とは途中から思ってました。 ―― プロレスは1年でやめちゃいますよね。 高橋  全女をやめたのはヘルニアが原因なんです。全女1年目で巡業が休みのときに、事務所での仕事を終えて一歩外に出たら、足が痺れて動けなくなってしまって。もうそこからおぼえてないんですけど、誰かに事務所に担がれたみたいで。 ―― ヘルニアの兆しはあったんですか? 高橋  もともと腰痛ではあったんです。受け身を取っても痺れていたし、いまだに小指と薬指に痺れる感覚は残ってて。倒れたあとは2ヵ月休んで、手術して退院するんですけど、それでも腰に不安が……。お医者さんからは「もう大丈夫」と言われてたんですけど、受け身に恐怖心があったんですね。 ―― 恐怖感があると受け身は取れないですよねぇ。 高橋  痛みじゃなくて恐怖感ですね。もう受け身を取りたくなくて。でも、格闘技はやれたんですから面白いですよね(苦笑)。 ―― 格闘技は怖くなかったんですか? 高橋  格闘技って自分がやられなきゃいいじゃないですか。プロレスって技を受けたり、受け身を取るというものなので。まあ格闘技も受け身を取るんですけど……。 ―― ちょっと違いはありますよね。 高橋  プロレスラーってホント凄いなって思いますね。あんな上から飛んだり、技を受けたり凄いなって。でも、さっきも言いましたけど、私の中で女子プロレス以上に格闘技の方が楽しそうと感じてしまったんです。でも、新人だからそんなことが言えないですよねぇ。 ―― 生意気だって話になりますし、高橋さんは何か格闘技のバックボーンがあるわけじゃないですもんね? 高橋  そうなんですよ(苦笑)。まだ新人なのに格闘技をやらせてもらえるわけないし、もしくはプロレスをやめて格闘技だけで全女所属なんて許されない。じゃあ腰にも不安があるし、全女をやめるしかないなって。 ―― 全女の前座は押さえ込みマッチという、ある意味で格闘技スタイルですよね。 高橋  ガチガチでやってましたね。私、耳が湧いてるのは格闘技じゃなくてプロレスの寝技なんです。それほどハードにやっていて。 ―― それだけ格闘技志向ということは、高橋さん、押さえ込みマッチでかなり強かったんじゃないですか? 高橋  はい!……あ、「はい」って言っちゃった(笑)。 ―― 強かったんですね(笑)。 高橋  同期の中では一番二番くらいで……よっちゃん(田村欣子)に負けたことあるかな。 ―― アジャさんに取材したとき聞いたのは、押さえ込みマッチで勝つと、お給料が違うんですよね。 高橋  勝てばお給料は違いましたね。いくらだったのか値段は忘れましたけど、勝つと違いましたから頑張りますよね。あと勝ったほうが気持ちがいいですし(笑)。 この続きと、折原昌夫、諏訪魔、谷津嘉章、天心vs武尊消滅、DDT買収、マクレガーvsメイウェザー…などの記事がまとめて読める「12万字・記事詰め合わせセット」はコチラ    http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1341729   この記事だけをお読みになりたい方は下をクリック!    
Dropkick
プロレス格闘技マガジン『Dropkick』公式チャンネルです。【更新コンテンツ】スペシャルインタビュー/斎藤文彦INTERVIEWS/小佐野景浩の「プロレス歴史発見」/プロレス点と線/OMASUKI FIGHT/アカツキの『味のプロレス出張版』/大沢ケンジ/二階堂綾乃/オレンジ色の手帳/中井祐樹日記/ジャン斉藤……のコラムなど。週一の音声配信もやってます!