• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • プロレスと結婚した風間ルミさん■小佐野景浩の「プロレス歴史発見」

    2021-10-21 17:51
    110pt
    プロレスラーの壮絶な生き様を語るコラムが大好評! 元『週刊ゴング』編集長小佐野景浩の「プロレス歴史発見」――。今回は風間ルミさんを偲びます


    <1記事から¥100から購入できる連載記事! クリックすると試し読みできます!>

    武田有弘☓小佐野景浩 「これまでのノアと、これからのノア」



    ――
    小佐野さんと親交の深かった風間ルミさんがお亡くなりになりました。

    小佐野
     突然のことで本当にビックリしました。新型コロナに入ってから会う機会がなかったんですよね。2017年11月にキャプチャーの大会で北原(光騎)と風間のトークショーがあって、私がMCをやったんだけど。それが最後かもしれない。 最近は昔のように飲んだりしてなかったから。最後に飲んだのは、彼女は神楽坂で『絆』という飲食店をやってたでしょ。あの店を閉めるということで、その前に夫婦で行ったんですよ。そうしたら尾崎魔弓と元デイリースポーツの宮本さんもいて、4人で飲んだ記憶がある。

    ――宮本さんとはデイリーの名物記者だった方ですね。

    019cbb0115c8f1df540d15d3dc66c34c0d3d5acb
    98〜00年頃、元アイドルの木原美智子(中央)がパーソナリティをしていたラジオ番組に一緒に出演した風間ルミさんと小佐野さん。


    小佐野
     あと山本小鉄さんのお通夜のときに、ジャパン女子のみんなが風間ルミの店で明け方まで飲んだ。私はジャパン女子がどうして分裂したのか詳しくは知らないんだけど、LLPWとJWP に分かれたみんなが仲良く飲んでいたからね。

    ――
    小佐野さんはジャパン女子自体は取材はされたことがないんですね。

    小佐野
     表面的な取材しかしたことはない。結局女子プロって自分のフィールドじゃなかったから、どんな内紛があったのかはよく知らない。 ジャパン女子の関係で最初に知り合ったのは神取忍。彼女はフリーだなんだって面倒な時期があったでしょ。

    ――
    神取さんが当時・全女の長与千種とやる・やらないでゴタゴタしていた時期ですね。

    小佐野
     ある日、『ゴング』の編集部に行ったら神取が寝てて(笑)。「おはよう」って起きてきて、 そこから知り合いになったんだよね。

    ――
    すごい出会いですね(笑)。

    小佐野
     浪人中に『ゴング』編集部に遊びに来ていたみたいで。それから天龍(源一郎)さんや三沢(光晴)さんの飲んでるところに神取が来るようになって、ほかのLLPWのメンバーも集まるようになった。つまり最初は飲み友達。仕事はまったく関係ない。 神取はそんなに飲まないんだけど、風間がいてイーグル沢井がいて、大沢ゆかり(ジェンヌゆかり)がいて、 穂積詩子、半田美希、遠藤美月、レオ北村がいて……。大向美智子は当時まだ未成年だったかな。 そのうち私が編集長になったんだけど、「それはそれ、これはこれ」ということを約束して一緒に遊んでた。それでLLPWを1回見に行くかということで取材してね(笑)。

    ――
    ホントに仕事抜きだったんですね(笑)。 

    小佐野
     仕事で関わった……というのはちょっと違うかもしれないけど。穂積詩子が引退試合で結婚する維新力と組んで、藤原組長&神取忍とやったんですよ。

    ――
    素晴らしいカードですね(笑)。

    小佐野
     試合前に穂積から電話がかかってきて「何か連携技はないか」と。しかも夫婦になることが発表されたあとだから、夫婦っぽい技じゃないといけない。そのときに維新力との連携プレーを考えてあげたことはある(笑)。

    ――
    仲人みたいな仕事!(笑)。LLPWの妖しげなカラーからすると、ピュアハートのJWPと割れて当然なのかっていう。

    小佐野
     根っこは同じなのにJWPとは別世界でしょ。 LLPWは“夜の世界”だから。それはやっぱり風間と神取のカラーだったんだろうね。 LLPWは三禁(酒、煙草、男)がなかったし。

    ――
    LLPWは三禁解禁の団体!

    小佐野
     LLPWに参加した立野記代は全女出身だったでしょ。本当に全女に三禁がなかったか聞いたら「本当に三禁だったんです」と。スポンサー関係でお酒を飲まなきゃいけないときも必ずウーロン茶を飲んでいた。そういうふうに松永会長に言われていたらしくて。 全女には中学を卒業して入る子が多かったから、親御さんの手前「ちゃんとしてますよ」っていうところはあったんだろうね。

    ――三禁は親御さんの不安解消の面もあったということですね。

    小佐野 ただ、昔の LLPWの道場は埼玉のどこかにあったんだけど、そのときから門限には厳しくて。必ず時間になると誰か先輩が寮に電話をして、ちゃんといるかどうか確認してたね。 

    ――取材してみたLLPWはどうでした?  

    小佐野 団体としては泥臭いというか……。印象的だったのは対抗戦になると急に殺伐とするんだよね(笑)。全女とJWPの対抗戦ってうまく成立してたでしょ。でも、 全女とLLPWがやると本当に「ふざけんなよ!」の世界。

    ――
    ああ、わかります。全女とJWPのような「Win-Win」感はLLPWにはなかったですよね。

    小佐野
     全女からするとLLPWもJWPの格下で下に見てたんだけど……違いがあるとすれば、JWPの場合はフロント同士の交渉。でも、LLPWの場合、全女と交渉するのは選手兼社長の風間だから。 

    ――
    フロントのワンクッションがLLPWの場合なかった。全女の言い分がストレートに選手に伝わったら殺伐としますよね(笑)。

    小佐野
     そうそう。フロントがソフトな内容に変換して選手に伝えることがないから。そもそもLLPWは全女から「とりあえず会場に見に来てください」ってお願いされて行ってみたら、リングの北斗から挑発されて「騙された!」と。最初から不信感もあったりするわけですよ。ましてや北斗は嗅覚があるから JWP とやっても綺麗な対抗戦になってしまう。 自分には美味しくないということで、あえてLLPWとやったのかもしれないしね。

    ――駒沢での対抗戦は伝説ですよね……。LLPW勢が秒殺されまくって。

    小佐野
     風間いわく「みんな泣きながらあっという間に控え室に帰ってくる。ウチはパンクラスなの?」と思ったって(笑)。しかも全女の選手たちは場外に椅子を置いて座ってヘラヘラ見ててね。

    ――
    全女の恐ろしさがいかんなく発揮された興行ですねぇ。

    小佐野
     言えるのはLLPWは基本的に男のプロレス。それは小鉄さんに教えてもらったから。

    ――
    小鉄さんはジャパン女子のコーチだったんですよね。

    小佐野
     初めてLLPWを見に行ったときに「LLPWは男のプロレスなんだ」と思ったことを覚えてる。全女は女子プロレスだから、そこの噛み合わせも面白かったのかもしれない。あと風間がすごいなと思ったのは、あの時代に女社長やったことだよね。当時の地方興行って反社の縄張りがどうのこうの絡んでくるでしょ。「ここで興行をやるのにウチに挨拶がない!」って、呼び出しをくらって……。

    ――うわ~!!
     
  • RENAvs山本美憂、再戦……あなたはどんな5年間を過ごしてきましたか

    2021-10-19 11:251
    110pt
    この記事はRENAvs山本美憂、再戦語ったDropkickニコ生配信を編集したものです(語り:ジャン斉藤)


    【1記事から購入できるバックナンバー】

    ・「魔法の煽りVをつくる男」 RIZIN演出統括・佐藤大輔17000字インタビュー



    人間って誰でも好き嫌いはありますけど、自分が嫌いなものだからって「必要ない」とするのは違うんじゃないかと思ってまして。

    なんの話かといえばRIZINって発足から6年近くになりますけど、いまだに三浦カズの息子を出すことが批判されていて。もうRIZINをなんだと思ってるんですかね。これぞオレたちのRIZINじゃないですか!(笑)。 それで彼を出すことで大晦日地上波で20分近く尺が取れるとツイートしたら、絵文字でゲロ吐かれる返事があったんですけど。SNSで距離感が狂ってる人って多いですよね(笑)。

    「三浦カズの息子なんか見たくないよ」という意見はよくわかるんですよ。でも、大晦日格闘技番組は5時間近くの長時間枠ですから。格闘技をよく知らない視聴者に向けて、三浦カズの息子みたいな世間へのフックがある選手はありがたい存在ではあるんですよね。こういったら「三浦カズの息子がそんなに数字は持ってない」という意見が飛んできたんですが、三浦カズの息子にそこまでの爆発力はないのはたしか。ただ、これは何度も繰り返し言ってるんですけども、一般世間が興味を持ちそうな選手やカードで繋いで構成するのが格闘技長時間番組のやり方で。格闘技を見ない一般視聴者の手をちょっとでも止める武器はいくつあっていいんです。ないよりは、あったほうがいい。

    ボクも是が非でも見たいわけじゃないですけど、RIZINの世界観ならあってもいいのかなと。それは最近話題になった平本蓮vs佐々木大もそう。平本選手のキャリア的にはそういうカードもあってもいいし。好き嫌いはともかくとして、そういう手段はあってもいいって話なんですね。かつてボクはボブ・サップvs大砂嵐の再戦をしつこく煽っていましたけど、正直べつに見たくないですよ(笑)。それなのになんで煽っていたかといえば、 どんなジャンルでも先鋭化すると潰れますよというキャンペーンとしてやっていて。その象徴がボブ・サップvs大砂嵐なわけですけど。見たくないカードや選手はあるのはわかるけど、必要がないとは思わない。ごくたまに「……これは必要ねえな」ってやつはありますけどね(笑)。<会員ページへ続く>
     
  • ぼんやり層に届けたいキックボクシングの世界■竹村哲☓高崎計三

    2021-10-19 10:174
    110pt
    a184121d39c6327b5af83316a4189ae5713d0da0
    NKB興行統括・竹村哲氏とライターの高崎計三氏による「Dropkickメルマガ読者が知らないキックボクシングの世界」! キックぼんやり層のアナタは必読です(聞き手/ジャン斉藤)


    【1記事から購入できるバックナンバー】

    沢村忠から天心vs武尊まで…キックボクシングの始まりと、その光と影■細田昌志☓高崎計三




    ――
    日本キックボクシング連盟(以下NKB)の竹村さんがキックボクシングの歴史において重要な役割をはたしてると高崎さんから伺いまして。「キックぼんやり層」ですが、ご教示よろしくおねがいします!

    竹村 いやいや、何もやってないですよ! 高崎さん、勘弁してください(笑)。

    高崎
     ハハハハハハハハハ。

    ――
    まずは竹村さんの経歴から伺わせてください。

    竹村
     ええと、もともとは SNAIL RAMP というバンドのボーカルをやっていて、それは1995年から始めて途中に活動休止2年間を挟みながら、 2015年8月のライブを最後にほぼ活動停止しています。キックは2001年の30歳のときにジムに通いだして。2002年11月にNKBでデビューして、43歳のときにウェルター級ベルトを獲って、2015年に引退しています。

    ――この経歴からして面白いですね!(笑)。現在はNKBのマッチメイカーなんですよね。

    竹村
     そうなんですけど、引退後は運営に関わるようなかたちではなくて、大会パンフレットに1ページのコラムを連載するくらいだったんですが……。NKBの前任のマッチメーカーがやめることになりまして、2018年の頭にNKB代表の渡邉(信久)から「マッチメーカーをやってくれないか」と急に言われたんです(笑)。

    高崎
     竹村さんはそれまでNKBのリングで司会的な仕事をやっていたんです。

    竹村
     あー、そうだ、そうだ。全然忘れてましたよ(笑)。前の大会のMVP を発表する仕事をしてたんですよ。

    高崎
     つまりスポークスマン的な立ち位置だったんですよ。もともとボーカリストだから選手より全然声がでかい(笑)。

    竹村 選手はみんなボソボソ喋るんですよね(笑)。

    ――外野の高崎さんとしては、竹村さんがマッチメイカーになるのは自然な流れだったんですか?

    高崎
     竹村さんが暗躍してマッチメーカーになったじゃないですけど……やがて興行にスーツ姿で来るようになって(笑)。

    竹村
     俺が何か悪いことをやってたみたいじゃないですか?(笑)。

    高崎
     そんな話が飛び回っていたという(笑)。マジメな話、どこかのジムの会長さんがやらないんだったら竹村さんなんだろうなって思ってました。
    竹村 えっ、ホントですか? 渡邉会長から言われたときには「なんで俺が!?」って驚きましたよ。実際にマッチメイクだけじゃなくて興行全体を見る役割なので、そんな重要な仕事は無理だと思ってて。周りの会長さんはみんな年上ですし、「竹村、オマエはついこのあいだだまで現役だったんだろう」っていう関係ですから。それにNKB加盟ジムだけで、他団体との交流もなしにやっていけるのかなあという不安もあって。

    ――NKBは他団体との交流はしてなかったんですか?

    高崎 そもそも前のマッチメーカーの時代になるまでは、NKBはまったくの鎖国状態だったんです。前任は元キックボクサーの小野瀬(邦英)さんなんですけど。

    ――キックぼんやり層のボクでも小野瀬さんの名前は存じ上げております。

    高崎 それまでは渡邉会長がやってたんですけど、興行を新しくしようということで小野瀬さんがやるようになって。小野瀬さんは4年間くらいやったんですかね。それまでは鎖国。

    ――
    00年代のK-1MAX時代も鎖国ですか。

    竹村
     完全鎖国。 

    高崎
     NKBからK-1MAXに出た選手はいたんですけど、そのときはNKBから離脱するしかなかったんです。それが小野瀬さんがマッチメイカーをやるようになって、最初はフリージムの選手がNKBに出ていい、ということに変わったのかな。

    ――
    鎖国を解いたというより、長崎の出島ができたみたいな感じですね(笑)。NKB加盟ジムってそんなに多くはないですよね。

    竹村
      全然多くはないですよ。

    ――
    それでも鎖国を貫くってすごいですね。

    高崎
     NKBの年間スケジュールというと、後楽園ホールが5回。以前は8月に茨城のジム主催の水戸興行があったんですけど、いまはなくて、 あとは大阪で年2回ぐらい。階級もいまはどこの団体もウェルター級の上が「スーパーウェルター級」だったりして小刻みに分かれてるんですけど、NKBって階級にスーパーがないんです。だから約5 キロ刻み。

    ――
    珍しい!

    竹村
     あと、あいかわらず当日計量です。もうウチにだけになりましたね。当日計量は。

    ――
    前日計量に変える予定はあるんですか?

    竹村
     いまのところないです(キッパリ)。

    高崎
     当日計量なのはタイがそうだからなんですよね? 渡邉会長が「ムエタイが当日だからな」と言っていて。

    竹村
     基本はそうです。代表の渡邉はこだわりが強い人なので、ヒジありは絶対。鎖国が解かれたときもヒジなしルールに出て行くのはNGで。 いまではヒジなしの試合に出ることは許してもらったんですけど、NKBのリングでは女子選手以外の試合はヒジありは絶対です。

    ――
    なるほど。鎖国というよりは自分たちのルールがにこだわってきたということですね。

    高崎
      いや、それはあくまでひとつの理由で、鎖国に至る歴史があるんです。そもそもNKBという団体は4団体が参加する画期的なものだったんです。結成は2001年。NJKF(ニュージャパンキックボクシング連盟)、渡邉会長の日本キック連盟、キックユニオン(K-U)、アジア太平洋キックボクシング連盟(APKF)がそれぞれの興行をやりながら、ランキングやチャンピオンを統一してひとつでやろうと。NJKFが音頭を取って始めたんですけど、いろいろあってそのNJKFが離脱。

    ――
    音頭を取った団体が!

    高崎
     キックユニオンとAPKFはもともと小さい団体だったこともあって活動縮小。 いまでは渡邊会長の日本キック連盟イコールNKBみたいな感じになってますけど、もともとは違う概念だったんです。

    竹村
     4団体が参加した機構ですよね。


    95b757c83406d8da0fc222580dcb26b03a7a5add

    高崎
     最初は王座決定トーナメントとかやったんですよ。

    竹村
     ああ、あのトーナメントめちゃくちゃ長かったですよね。途中で選手が引退しちゃったりして(笑)。

    高崎
     ハハハハハハハ。NKBの名のもとに各団体はプロモーターになっていくっていう、ボクシングみたいな組織を理想としてたんですけど……。

    ――
    なるほど。そういう経緯があるから他団体と交流がしずらいんですね。

    高崎 で、竹村さんがマッチメイカーに就任するにあたって「他団体と交流させてください」というお願いをしたんですよね。

    竹村
     そうです。フリーだけじゃなくて他団体の皆さんと交流してかないとこの先はないから。最初は「ダメだ」って渡邉会長から言われたんですけど。

    ――
    こだわりの店ですね!(笑)。

    竹村
     俺もかなりしつこいので、 2回断られて3回目もお願いしましたから。そうしないと絶対にマッチメイカーはやれないと思ってたので。それで渡邉会長が根負けして「ダメだと思うけどやってみろ。絶対に失敗すると思うけど、失敗しないとわからないからな」って言われました。

    ――
    渡邉会長はなぜ失敗すると思ったんですかね。

    高崎
     それは渡邉会長のこれまでの経験からですよね。NKBの構想以前から、キックの集合離散の歴史を経験してますから。

    ――
    なるほど……。竹村さんがマッチメイカーに就任した当時、他団体とはどういう関係だったんですか?

    竹村
     まずKNOCK OUTさんには選手を出してました。シュートボクシングさんはルールが違うので男子は出てないです。新生K-1さんやRISEさんはヒジなしなので出していませんでした。

    高崎
     NJKFはNKBの分裂の経緯があるので交流はしていなかった。

    ――
    NJKFの代表って伊原信一さんですか?

    竹村
     それは新日本キック協会でニュージャパンキックとは違いますね。名前が紛らわしいんですよ(笑)。

    高崎
     全日本キックから別れた藤田(真)理事長が作ったのがニュージャパンキック(NJKF)。藤田理事長の悲願はキック界の統一で、その足がかりにNKBを始めたんですよ。……斉藤さん、整理がついてますか?(笑)。

    ――
    な、なんとか……。NKBと新日本キックの仲はどうなんですか?

    高崎
     それがNJKFよりも距離がある関係で(笑)。

    竹村
     これはもっと古い話なんですよね。もともとは日本キックボクシング連盟で渡邊会長と伊原代表は一緒にやっていて。伊原代表がそこから新日本キックを作るので、渡邊会長からすれば超身内が抜けたという話なんです。

    高崎
     しかも伊原代表が日本キックを抜けて立ち上げたのが日本キック協会。さすがに名前が同じだということで「新」をつけて新日本キック協会になったんですけどね。

    竹村
     その経緯は知らなかったです(笑)。

    ――
    とにかく過去にいろいろあって他団体とは交流しづらいと。 

    高崎 渡邉会長は悪い人ではないんですが、先程も言ったようにキックは集合離散の繰り返しの歴史なので、過去が壁になっているケースは多いんですね。

    竹村
     で、ボクがマッチメイカーになって、真っ先に団体交流を始めたのは一番ハードルが高いと思われてた伊原代表の新日本だったんですよ。

    ――
    一番因縁の深い(笑)。

    竹村
     最初に新日本さんに接触したことを渡邉に報告したら第一声が「……竹村、なんでそこから行ったんだ?」と(笑)。

    高崎
     それくらいありえないと(笑)。

    竹村 渡邉会長はNGなしと約束したんですけど、 まさか新日本に行くとは思ってなかったみたいで。

    高崎
     当然伊原代表もNKBが来て驚いたんですよね?

    竹村
     まず治政館の長江(国政)館長に相談したら「新日本キックの興行においでよ」と。 てっきり紹介してくれると思って、当日会場で長江館長に挨拶したら「あそこにいるから行ってきなさい」と。 本部席にいる伊原代表を指差したんです(笑)。

    高崎
     伊原代表とは面識がなかったんですよね?

    竹村
     全然なかったです。もう行くしかないと思って、大会中に伊原代表の後ろから声をかけさせていただいて。「NKBの竹村と申します。交流させていただけないでしょうか」と(笑)。

    高崎
     あきらかに怪しい(笑)。

    竹村
     伊原代表は驚いて「おまえは本当に日本キックの人間なのか?」と最初は全然信じてもらえなくて。<会員ページへ続く>