• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

kindyさん のコメント

相変わらず面白いですね❗
No.1
4ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
80年代からコラムやインタビューなどを通して、アメリカのプロレスの風景を伝えてきてくれたフミ・サイトーことコラムニスト 斎藤文彦 氏の連載「斎藤文彦INTERVIEWS」 。マット界が誇るスーパースターや名勝負、事件の背景を探ることで、プロレスの見方を深めていきます!  今回のテーマは 「都市伝説的試合映像ブレット・ハートvsトム・マギー発掘される」 です!  Dropkick「斎藤文彦INTERVIEWS」バックナンバー ■レッスルマニアウィーク現地取材レポート ■平成という「アントニオ猪木が去った時代」 ■アメリカの新団体AEWは脅威になりえるか ■それでもケニー・オメガは新日本プロレスに残るか ■ 【追悼・爆弾小僧】すべてはダイナマイト・キッドから始まった ■プロレス史上最大の裏切り「モントリオール事件」 ■なぜ、どうして――? クリス・ベンワーの栄光と最期 ■“怪物脳”に覚醒したケニー・オメガ ■怪物デイブ・メルツァーと『レスリング・オブザーバー』 ■新日本プロレスのMSG侵攻は「WWE一強独裁」に何をもたらすのか ■怪物ブロック・レスナーを通して見えてくる「プロレスの作り方」 ■追悼・マサ斎藤さん……献杯はカクテル「SAITO」で ■皇帝戦士ビッグバン・ベイダーよ、永遠に ■ジャイアント馬場夫人と親友サンマルチノ、2人の死―― ■ベルトに届かず…されど「世界に届いた中邑真輔」のレッスルマニアを語ろう   ■ステファニー・マクマホン、幻想と現実の境界線がない生活 ■ロンダ旋風、中邑&ASUKAダブル優勝!! ロイヤルランブル1万字総括 ■アメリカンドリーム、ゴールダスト、コーディ……ローデス親子それぞれの物語 ■ジェリコvsケニー実現で考える「アメリカから見たプロレスの国ニッポン」 ■ 旭日双光章受賞!! 白覆面の魔王ザ・デストロイヤー ■みんなが愛した美人マネージャー、エリザベス! ■職業は世界チャンピオン! リック・フレアー!! ■怪死、自殺、大事故……呪われた鉄の爪エリック一家の悲劇 ■ミスターTからメイウェザーまで! WWEをメジャー化させたセレブリティマッチ ■馬場、猪木から中邑真輔まで!「WWEと日本人プロレスラー」 ■WWEの最高傑作ジ・アンダーテイカー、リングを去る ■『1984年のUWF』はサイテーの本! ■プロレス史上最大の裏切り「モントリオール事件」 ■オペラ座の怪人スティング、「プロレスの歴史」に舞い戻る ■なぜ、どうして――? クリス・ベンワーの栄光と最期 ■超獣ブルーザー・ブロディ ■「プロレスの神様」カール・ゴッチの生涯…… ■『週刊プロレス』と第1次UWF〜ジャーナリズム精神の誕生〜 ■伝説のプロレス番組『ギブUPまで待てない!!』  ■SWSの興亡と全日本再生、キャピトル東急『オリガミ』の集い ■「現場監督」長州力と取材拒否 ■ジェイク“ザ・スネーク”ロバーツ…ヘビに人生を飲み込まれなかった男 ■追悼ジミー・スヌーカ……スーパーフライの栄光と殺人疑惑 ■ドナルド・トランプを“怪物”にしたのはビンス・マクマホンなのか フミ  いまアメリカの一部のプロレスファンのあいだでトム・マギーが大きな話題になってるんですよ。 ―― あのトム・マギーが2019年のいま!(笑)。 フミ  何が起きているかといえば、WWEネットワーク(動画配信)の中で『ホーリーグレイル』というドキュメンタリー番組が配信されてるんです。『ホーリーグレイル』とは財宝や秘宝を意味しています。その番組で、これまでマニアのあいだで「現存していない」「いや、どこかに眠ってるはずだ」と議論が重ねられていた都市伝説的な映像が発掘されたんです。それは何かといえば、1986年にWWEで一度だけ行われたブレット・ハートvsトム・マギーのシングルマッチなんです。 ―― ブレット・ハートvsトム・マギーがお宝映像???? フミ  この試合はニューヨークのテレビテーピング用の会場で行なわれて、試合をした時点ではオンエアするかどうかは決められてないんですが、映像は収録されていたので実況・解説の声も当てられています。なぜこの試合が行なわれたかといえば、大型ルーキーと言われていたトム・マギーのテストマッチだったんです。 ―― トム・マギーがWWEで使えるかどうか。 フミ  当時のトム・マギーはマイナー契約というかたちでWWEの契約支配下にいたんです。結論からいえば、このテストマッチでトム・マギーは素晴らしい動きを見せたんです。 ―― えっ!?(笑)。 フミ  あとで説明しますが、彼のことをよく知る日本のプロレスファンには意外な話ですよね。いい結果を残したことで、バックステージで試合をチェックしていたビンス・マクマホンが狂喜したんです。「ハルク・ホーガンの後継者を見つけたぞ!」と。 ―― トム・マギーがハルク・ホーガンの後継者!(笑)。 フミ  あのビンスがそれくらい喜んだという曰く付きの試合なんです。当時『レスリング・オブザーバー』でも、この試合について報じられていて。トム・マギーの試合がよかったことでビンス・マクマホンが大いに喜んでいたと。あのビンスでさえトム・マギーに騙されたことになりますよね。 ―― あの迷レスラーのトム・マギーが……いったいどうなってるんですか。 この続きと、望月成晃、剛竜馬、天心vs亀田、三又又三、トム・マギー…などの記事がまとめて読める「 13万字・記事22本 の詰め合わせセット」はコチラ  https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1769330 この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!   
Dropkick
プロレス格闘技マガジン『Dropkick』公式チャンネルです。【更新コンテンツ】スペシャルインタビュー/斎藤文彦INTERVIEWS/小佐野景浩の「プロレス歴史発見」/プロレス点と線/OMASUKI FIGHT/アカツキの『味のプロレス出張版』/大沢ケンジ/二階堂綾乃/オレンジ色の手帳/中井祐樹日記/ジャン斉藤……のコラムなど。週一の音声配信もやってます!