• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ゲストさん のコメント

堀口
掘口
No.2
2ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム「MMA Unleashed」――今回のテーマは 堀口恭司2団体制覇を米MMAメディアはどう伝えたのか です!! 【1記事から購入できるバックナンバー】 追悼ダイナマイト・キッド:「レスラーとして偉大だったが、人としては惨めな人生だった」 「WCWを潰した俳優」デヴィッド・アークエット、血まみれの贖罪 激論!! メイウェザーvs天心は真剣勝負でやるのか■シュウ・ヒラタ☓ジャン斉藤 メイウェザー舞台裏…ケンタッキー60人前と剥がされた神童のバンテージ■笹原圭一RIZIN広報インタビュー Uのミライを見た女――高岡左千子「私は運気からUWFのスケジュールを組んでいたんです」 運命のバリジャパ、安生道場破り、幻の長州戦真相――中村頼永インタビュー<ヒクソン来襲編> 【2万字超えの激白】山本喧一インタビュー「高田延彦、田村潔司…真剣勝負とUインターの愛憎物語」 山本宜久 「ヒクソンと戦ってるとき、放送禁止用語が聞こえてきたんですよ…」   塩崎啓二   元レフェリーの衝撃告白「私はPRIDEで不正行為を指示されました……」  日本時間6月15日(土)に、ニューヨークのマジソンスクエアガーデンで開催されたベラトール 222では、RIZINバンタム級王者堀口恭司がベラトールバンタム級王者ダリオン・コールドウェルにユナニマス判定勝ちを収め、史上初のメジャー2団体制覇を達成した。 堀口(28歳、MMA戦績28勝2敗)はこれで13連勝となった。14試合前の黒星はもちろん、2016年4月に当時のUFCフライ級絶対王者デミトリアス・ジョンソンに喫したものである。 RIZINでの爆発的な堀口も悪くはないが、筆者の目には、ケージでじっくり時間をかけてストーリーを紡いでいるかのような堀口もとても見応えがあった。UFCでタイトル再挑戦を目指すことを目標にしていた頃と、RIZINでトップを張っている今とでは、さすがにモチベーションが違うのではないか、米国のケージでこれまで以上の強さを示すことなどできるものだろうかなどと案じて見ていたのだが、何のことはない、堀口は現在進行形での進化を続け、仮に今すぐUFCに戻ってもすぐにチャンピオンになれるのではないかという強さとファイトIQを実証してくれたと思う。 今回の勝利を受け、堀口の所属先アメリカントップチーム(ATT)創設者のダン・ランバートは、堀口を史上最強のATTファイターだと評価するコメントを出している。ATTがどれほどの選手を輩出してきたかを思えば、とんでもない賛辞であるといえよう。ATTのジムの2階には、短期滞在者用の寮があるのだが、堀口はその寮唯一の長期滞在者であり、今ではそのフロアは「ホリグチ・ホール」と命名されているという。米国ナンバーワンのメガジムで堀口が残している足跡は想像以上に大きいようなのだ。 この続きと、堀口恭司、武尊vs皇治の乱闘、追悼・青木篤志さん、天心vs亀田…などの記事がまとめて読める「12万字・記事22本の 詰め合わせセット 」はコチラ  https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1781291 この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!  1記事85円から購入できます!  
Dropkick
プロレス格闘技マガジン『Dropkick』公式チャンネルです。【更新コンテンツ】スペシャルインタビュー/斎藤文彦INTERVIEWS/小佐野景浩の「プロレス歴史発見」/プロレス点と線/OMASUKI FIGHT/アカツキの『味のプロレス出張版』/大沢ケンジ/二階堂綾乃/オレンジ色の手帳/中井祐樹日記/ジャン斉藤……のコラムなど。週一の音声配信もやってます!