• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

kindyさん のコメント

とうとう来日しましたね!
No.3
5ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」( https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds )を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマは 地獄の軍団GCW来日大作戦インサイドレポート です! <1記事から買える関連記事> ・米デスマッチをこよなく愛す、155センチ世界最小デスマッチレスラー佐久田俊行 ・デスマッチファイターはタトゥーアーティスト ・怪物フランケンシュタインのYoutube ・勝つか死ぬか……超マジメ人間のデスマッチ論 ・決勝戦が途中で中止!? GCW血まみれの奇跡 ・ツイッターを凍結させれられた人喰いプロレスラー ・狂犬ディーン・アンブローズと呼ばれた男、その過去 ・WWEのトップヒール、ケビン・オーエンズ……あの頃、クラブハウスで  2019年8月23日――東京、新木場1stRING。GCW日本大会最終日。メインの大激戦の後、血まみれの蛍光灯が散乱し、さながら地獄絵図と化したリング上に、シュラック、Gレイバー、アレックス・コロンらGCW軍団の姿があった。2日間にわたり、新木場に血の雨を降らし、狂乱アメリカンデスマッチの真髄を見せてくれた彼らが、今まさに目の前にいることを思うと、感慨深いものがあった……。  時は遡ること2018年9月8日。アメリカ、シカゴ。GCWのリング上。デスマッチトーナメント「NGI ニック・ゲイジ・インビテイショナル 3」を制した竹田誠志がマイクを持った。そして、こう叫んだ。「アイ・ラブ・アメリカンデスマッチ! アイ・ラブ・GCW!」。ここしばらく途絶えていたアメリカと日本とのデスマッチ交流は、竹田のこの言葉に端を発した。  GCWが、日本大会の開催を考えているらしいとの情報が、私の耳に入ってきたのは、それから程なくしてのことだった。日本の米インディーマニアの間では、多少知られた存在にはなっていたものの、それまで日本のプロレスマスコミには、まったくといっていいほど取り上げられたこともなく、一般的には無名と言ってもいいアメリカ・ニュージャージーのインディー団体が、日本大会を開く。無謀と思われる挑戦だが、GCWの過激なデスマッチを、荒れ狂ったプロレスを日本のファンにも見てもらいたいと密かに思う自分もいた。アメリカでは、デスマッチの先達でもあったCZWを追い抜き、アメリカンデスマッチNo.1と自他共に認める存在となったGCWであったが、日本ではまだCZWの方が、アメリカンデスマッチとしての認知度が高かった。何度か当コラムでも書いているが、CZWを目の敵のごとくライバル視するGCWには、その現状も打破したいという強い想いがあった。また、アメリカと並ぶデスマッチ大国日本でも、自らがアメリカンデスマッチNo.1ということを証明したい――日本大会には、そんな目論見もあったのだ。 この続きと、朝倉海、ケンドー・カシン、ボクシング解放、狂気GCW、AEWベルト盗難などの記事が550円(税込み)でまとめて読める「 13万字・記事23本の詰め合わせセット」 はコチラ  https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1817475 この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!1記事85円から購入できます!  
Dropkick
プロレス格闘技マガジン『Dropkick』公式チャンネルです。【更新コンテンツ】スペシャルインタビュー/斎藤文彦INTERVIEWS/小佐野景浩の「プロレス歴史発見」/プロレス点と線/OMASUKI FIGHT/アカツキの『味のプロレス出張版』/大沢ケンジ/二階堂綾乃/オレンジ色の手帳/中井祐樹日記/ジャン斉藤……のコラムなど。週一の音声配信もやってます!