• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

所沢太郎さん のコメント

下から7行目の《丸藤直道》は《丸藤 正道》ですね。
No.3
3ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム「MMA Unleashed」――今回のテーマは 新日本プロレス米国展開の問題点を探る です!! 【1記事から購入できるバックナンバー】 ・今年の年末格闘技のキーワードになるのか? 世界的超人気番組『SUPERSTARS』とは何か ・痛い!怖い!つらい! MMAファイターが語るダメージとケガのリアル■MMA Unleashed ・ネイト対マスビダルのMSG血戦決定! 賭けられるBMFベルトとは何か ・MMAファイターの職場恋愛が多い理由 新日本プロレスを子会社にもつブシロードが9月末に2019年7月期(2018年8月~2019年7月までの1年間)の決算を発表した。決算説明資料(ブシロードのIRのページから入手できる)によると、新日本プロレスの今期の年間観客動員数は43万6千人で、前期の39万1千人に比べ、約11%上昇した。観客動員数は6年連続で増加している。 また新日本プロレスの今期の売上高は54億1,600万円と過去最高を記録、前期の48億8,900万円に比べ、約11%の増加となった。 一方、利益の額は説明資料からはハッキリとは分からないものの、キックボクシング団体のノックアウトを含めた「スポーツ事業」の枠で、利益額が6億800万円、前年比21.1%減とある。このことから新日本プロレスの収益性は減少傾向にあるものとみられる。 説明資料では、現在売上の50%を占める興行部門から、今後は非興行部門の売上を増加させていきたいとしており、特に海外における映像配信強化でコンテンツ収入とMD(グッズ販売)収入を増加させていきたいとしている。 この続きと、冨宅飛駈、朝倉海、チャーリー柏木、スターダム買、WWEペイジなどの記事が550円(税込み)でまとめて読める「 13万字・記事23本の詰め合わせセット」 はコチラ  https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1828791 この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!1記事85円から購入できます!  
Dropkick
プロレス格闘技マガジン『Dropkick』公式チャンネルです。【更新コンテンツ】スペシャルインタビュー/斎藤文彦INTERVIEWS/小佐野景浩の「プロレス歴史発見」/プロレス点と線/OMASUKI FIGHT/アカツキの『味のプロレス出張版』/大沢ケンジ/二階堂綾乃/オレンジ色の手帳/中井祐樹日記/ジャン斉藤……のコラムなど。週一の音声配信もやってます!