• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

cyacyacoさん のコメント

そうだった、でもガンバライドにJの出る確率はあるのか?(スペシャルカードで参戦してるからあるかな?)
No.4
82ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
─今日は棚橋選手に“仮面ライダー”の魅力についてお聞きしたくてやってきました! 棚橋  おお~! それはいいですねぇ。 ─棚橋選手といえばマット界きってのライダーファンなわけですが、10月8日の鈴木みのる戦の前に「いまのプロレス=ライダーごっこ」という言葉が話題になったじゃないですか。 棚橋  ああ、それは鈴木(みのる)さんに言われたあとで知りました。……某氏のヤツですよね(苦笑)。 ─そうです(笑)。あとから「ごっこ以下」と修正されたみたいですけどね。 棚橋  それは仮面ライダーに失礼だとわかったからでしょうね。やっぱりライダーファンを敵に回したら大変なことになりますから! ――そうすると、ライダーの悪口は棚橋選手も黙ってられないですか! 棚橋  あたりまえですよ。だって、いまのライダーはクオリティが相当高いですからね。あ、いまのプロレスも充分、凄いですよ。某氏はプロレスファンも敵に回してますね。 ─そのあたりも含めていろいろお聞きしたいんですが、そもそもライダーはどのあたりから? 棚橋  僕は『カブト』からですね。それまでは見られるときに見る程度だったんですけど、『カブト』の水嶋ヒロさんにどっぷりハマってしまって。あの孤高なナルシストっていう感じに。だから、もう7年ぐらいですかね。 ─いまのライダーにはどういう魅力がありますか? 棚橋  一番は、ビジュアルのカッコよさですね。いまやってる『ウィザード』とかにしても。一つ前の『フォーゼ』はちょっと乗りきれなかったんですけど、もう見慣れましたし。 ─『フォーゼ』は最初はみんな「何じゃこれは!?」って戸惑ってましたけど、いつのまにか慣れるのが不思議ですよね。 棚橋  途中でエレキステイツとか出てくると「カッコいいじゃん!」と夢中になったりして(笑)。あとメテオに救われましたね。メテオがカッコよかったんで。 ─ストーリー的な部分は? 棚橋  ストーリーで僕が好きなのは『555』、『龍騎』、『アギト』あたりですかね。いまの『ウィザード』も、主人公が自分の中にモンスターを飼ってるじゃないですか。そんな危うい感じが好きですね。明るすぎないというか。『フォーゼ』の明るさもよかったんですけど、1号ライダーみたいに、人造人間なんだけど改造手前で逃げ出してショッカーと闘うっていう、単純なヒーローじゃない、闇を抱えながらっていうところに惹かれますよね。 ─平成ライダーはとくに話も複雑で、昔のように毎回、怪人を倒せば終わりっていうのとはまた違いますよね。某氏の「ライダーごっこ」というのも昭和ライダーのイメージが強いんじゃないか、と。そのあたり、平成ライダー好きだと「そうじゃないんだよっ!!」という憤りの気持ちも強かったんじゃないですか。 棚橋  そうですね。平成ライダーはシリーズごとに大きな一つのテーマがあって、約50話の中でそのテーマを伝えていくっていう壮大なストーリーなんですよね。一話だけでも楽しめるんですけど、シリーズを見きったときの達成感が凄くあって……その作品が伝えたかったメッセージというのが明確に伝わるんで、そのへんも平成ライダーの魅力なんですよね。……ライダー話の続きは誌面にて! 『Dropkick vol.8』そのほかのコンテンツ
Dropkick
プロレス格闘技マガジン『Dropkick』公式チャンネルです。【更新コンテンツ】スペシャルインタビュー/斎藤文彦INTERVIEWS/小佐野景浩の「プロレス歴史発見」/プロレス点と線/OMASUKI FIGHT/アカツキの『味のプロレス出張版』/大沢ケンジ/二階堂綾乃/オレンジ色の手帳/中井祐樹日記/ジャン斉藤……のコラムなど。週一の音声配信もやってます!