• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

必読!UFC独占禁止法違反集団訴訟とは何か?■MMA Unleashed
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

必読!UFC独占禁止法違反集団訴訟とは何か?■MMA Unleashed

2014-12-26 08:22

    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム。今回のテーマは大事態に発展しそうなUFC独占禁止法違反集団訴訟についての情報総まとめ! あなたはどちらを支持する? 




    山本宜久17000字ロングインタビュー、ジャンボ鶴田物語、地下格闘技インタビュー、他コラムが掲載!!  入会すれば今すぐに読める12月度更新記事一覧 
    http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/201412



    ☆試し読み可能! 非会員でも購入できる「大好評インタビュー詰め合わせセット」シリーズ一覧
    http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar672043

     

     

    「カン・リーなど v. Zuffa」反トラスト法違反集団訴訟の情報まとめ

    〜不気味な同時多発訴訟の様相に



    UFCファイターのカン・リー、元UFCファイターのネーサン・クオーリーとジョン・フィッチは1216日、サンホセにあるカリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所で、ズッファの反トラスト法(注1)違反を提訴する集団訴訟(注2)を起こした。


    訴状で原告は、UFCが包括的かつ反トラスト的な手法で、MMAプロモーション市場での独占と、MMAファイター市場での買い手独占(モノプソニー)を強めていることに対し、損害賠償と差止請求を求めている。


    原告側弁護士は記者会見の席上、「UFCの反トラスト法違反行為のため、UFCファイターは、競争的な市場で本来得られるはずの収入のごく一部しか得ることができていない。その過酷な職務にもかかわらず、ボクサーと比較しても、MMAファイターの報酬は極めて低い。UFCは、選手がライバル団体で試合をする権利を極端に制限し、ライバル団体によるトップファイターの獲得を違法に阻害することで、競争を排除している。UFCはまた、選手の氏名や肖像に関する権利を永久に保持するという違法な契約を選手に強要し、その結果選手の収入機会はますます狭くなってきている。このような不正を正し、業界に健全な競争を取り戻さなければならない」などと、今回の訴訟の趣旨を説明している。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。