• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫の毎日ブロマガ「神にも悪魔にもなれる “ロケット”についての話」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「神にも悪魔にもなれる “ロケット”についての話」

2018-10-08 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2018/10/08
    ───────────────────────────────────
    今回は、ニコ生ゼミ9月30日(#250)から、ハイライトをお届けいたします。

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    ─────────────────────────────

     神にも悪魔にもなれる “ロケット” についての話


     今回は白い悪魔 “フォン・ブラウン” と赤い彗星 “セルゲイ・コロリョフ” という事で、ロケットの話をしようと思います。

     ea3b0c7f05ecd87065440dd4292d8c504a1611a6

     僕はロケットが好きで、いろんな種類のオモチャを集めているんですよ。

     たとえば、これはベルギーのマンガ、バンド・デシネ『タンタンの冒険』に出てくるロケットですね。

     6c88f172a68fba3375eb7acd24c5c6f9f410f9fe

     あとはライターのロケットとか。

     中にアルコールは入って無いんですけども、まだ石があるので、火花が出たり煙が出たりはします。

     379fdbe405d65613b6bf6b03b3f09bd549b47463

     こんなふうに、ロケットのオモチャをいろいろと集めています。


     大きいのになると、パカッと開けると中に宇宙飛行士が二人乗っていて、他の場所を開けると宇宙犬が座っていてという。

     d4fd08f1d79e3b00a120035127115875ab301389

     これも可愛くて好きなんですよね。

     他にもパカッと開けると、中から月面車みたいなのがコロコロコロと出てくるというふうになっています。

     fa8cec0bb8be6a8804f46d158e355479efca625a

     スペースシャトルとかは 全然 集めて無いんですけどね。

     あくまでロケットなんですよ(笑)。


     ロケットが好きで、ロケットを集めるんですけども、不思議とみんな同じような太い水滴型をしてるんですよね。
     
     それが変なんですよね。


     たとえば月に行ったロケットのサターンV型っていうのは、全然違う形をしてるんですよね。

     あとは現実にアメリカ人を軌道に送ったレッドストーンロケット。

     これも細長い形をしています。


     現実のロケットと、オモチャのロケットで、違う形をしてるんですよね。

     こちらはソ連のソユーズを宇宙空間に送る “R-7” というロケットなんですけども、これもやっぱり架空のロケットの形とは全然違うんですね。

     28f25bcb594d63f33e7809fa302eb1273a8e8c22

     「これは何でだろう?」というところから、今回の話を始めようと思います。

    ・・・

     なんでオモチャのロケットと言えば、このような太い水滴型になっちゃうのかですね。

     これは面白い事に、オジサン世代にロケットを描かせれば、だいたいみんなこの形を描くんですよ。

     子供じゃなくて。


     それは何でなんだろうと。


     それともう一つですね。

     1960年代の宇宙ブームのときに、子供たちはロケットが大好きだったんですね。

     beb312cea7ef8cd09a7fd3867b726308143c12bc

     それで横山光輝さんが描いた『宇宙船レッドシャーク』っていう宇宙船が出てくるマンガがあるんですけども、この宇宙船にもオモチャの宇宙船と不思議と共通点がある。

     その共通点って何かっていうと、すべてチェッカー模様が付いてるんですね。


     今日の僕のネクタイもチェッカー模様なんですけども(笑)。

     ちなみにチェッカー柄のネクタイが欲しかったら、クロアチアに売ってるんです。

     それが一番良いと聞いたんで。


     すべての昔のオモチャのロケットにはチェッカー模様が付いている。

     これは何でだろうと。


     変なんですよね。

     たとえば宇宙っぽくしたかったら、未来っぽくしたかったら、チェッカー模様じゃなくてもいいんですよ。

     たとえばアトミックな柄とかでも「未来ですよ」って感じがするはずだから、これを描いてもいいはずなんだけども。

     35b7a070f78a9ec55d8b0693e685002fd6c9b02e

     何故か昔のロケットのオモチャには、すべてこのチェッカー柄が付いているんですよね。


     次に不思議な事の三つ目です。

     f5609ad91d457cf9e9bc526a77f7acf268699573

     この『サターン』のロケットのプラモデルなんですけども、下のところにドアが付いてるんですね。

     その他に、フィギュアも付いてて、パイロットみたいなオジサンと、スチュワーデスみたいなお姉さんが付いてるんです。


     こういう宇宙旅行が語られていた時代でもあったんですね。

     このプラモデルが売られてたのは1960年代の頭ぐらいなんですけども。


     だいたいイメージとしてはアメリカの郊外ですね。


     街から自転車で走って五分ぐらいの岡の上に、7歳ぐらいの男の子が駆け上がっていくと。

     ニューヨークから仕事で帰ってくるお父さんを待って、自転車で駆け上がっていって、空を見ると。

     すると真っ青な紺色の空の上に、真っ白な雲が一本だけシューッと伸びてきて。

     それが見る間に頭の上で停止したかと思うと、ロケットがお尻から火を噴いてゴーッと降りてくるんですね。


     それで着陸してドアが開くと、最初にスチュワーデスさんが現れて、次に父親が現れる。

     男の子はタラップを降りてきた父親に駆け寄って、週末が始まるという。

     こういうイメージ。


     これは何かっていうと、このプラモデルの箱に描いてあるんです。

     1722b1b14ab34bbdf56382eec0e002137a1f4824

     このサターンってプラモデルの箱には「Interplanetary Space Vehicle」って書いてある。

     つまり “惑星間飛行宇宙船” ってふうな意味なんですけども。


     その箱を見ると、実際は半ズボンの少年がタラップを降りてきて、ここで待っているお母さんとかお父さんに会うってイメージなんですけども。

     これが当時に売っていたプラモデルなんですね。


     ところが、まったく同じプラモデルでちょっとだけ色味が違うパッケージ違いの箱には「Satellite Inter-Continental Ballistic Missaile」って書いてある。

     7aded93b6a1a1361f67b0ddb1b5921e10d0c8489

     これがどういう意味かっていうと、“衛星軌道の大陸間弾道ミサイル” って意味なんですね。


     これはパッケージが違うだけで、同じメーカーから出ている同じ商品。
     
     それで片一方は楽しい夢の宇宙旅行を語り、もう一方は核戦争を語っているという事なんですね。 


     それで、なんでそういう “世界を素晴らしく作り上げる力” と、“世界を核の炎で滅ぼしてしまう力” の両方を描かれているのか?

     このロケットというのは、何で夢と悪夢の両方の顔を持っているのか?

    ・・・

     僕にとって“夢と悪夢の両方の顔を持っている” といえば『マジンガーZ』なんですね。

     a1d37cbdc0f79f3e9bc90ccdb55051ad74394699

     これは永井豪のマジンガーZの最近のバージョンなんですけども。


     マジンガーZを作ったのは。主人公・兜甲児のおじいちゃんの兜十蔵です。 

     それで兜十蔵 博士はロボット研究の事故で、兜甲児の両親を死なせてしまう。


     それで以後は秘密の地下の研究所で、内緒の研究に打ち込んで、ついに巨大ロボット “マジンガーZ” を完成させる。

     そうすると「神となり人類を救うことも、悪魔となり世界を滅ぼすことも可能じゃ!」「甲児、世界を手玉にとるがよい!」と言ってですね。


     「お前は神にも悪魔にもなれる」っていうのが、少年ジャンプに連載されていたマンガの衝撃の第一話だったんですけども。


     ガンダムもそうなんですけども、今の巨大ロボットものっていうのは、そこに繋がるテーマっていうのは、たった一つで。

     「神にも悪魔にもなれるスーパーパワーを与えられた。 君はどうする?」っていうのが、マジンガーZから始まった巨大ロボットもののテーマなんですね。


     これは巨大ロボットものだけじゃないです。

     たとえばマーベルのアベンジャーズ・シリーズもそうですし、スーパーマンも同じですね。


     巨大な力を与えられたときに、人は何をするだろうか?

     すべきだろうか?


     たとえば『風の谷のナウシカ』の巨神兵だって、作られたときは「これで世界平和がやって来る」って科学者たちは思ったはずなんですよ。

     ロケットも同じように、生まれたときから「神にも悪魔にもなれる」というように人々に思われた。


     だから “宇宙飛行” と “核ミサイル” と両方のイメージが、同じプラモデルの箱違いで、二つのバージョンで出る事になったわけなんですね。

    ・・・

     まとめると不思議は三つですね。


     なぜロケットのイメージは、だいたい同じような形をしているのか?

     似たような形のロケットには、なんでチェッカー模様が描いてあるのか?

     そして最後には、何でロケットには神と悪魔の両方のイメージがくっ付いちゃっているのか?


     この三つの謎を語りながら、白い悪魔 “フォン・ブラウン” と、赤い彗星 “セルゲイ・コロリョフ” の二人の天才科学者の人生というのを、ちょっとずつ語っていきたいと思います。

     ───────────────────────────────────

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!
    http://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         歴史のカオリ(FREEex)
         マグネシウムのタツヤ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
    次回配信予定
    • 2019/10/20
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「岡田斗司夫、驚異の2時間トーク!朝日新聞「悩みのるつぼ」卒業記念講演」
    • 2019/10/21
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「宇宙戦艦ヤマト45周年!熱くちょっぴりイタく見どころ解説」
    • 2019/10/22
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「今日のニコ生は、岡田斗司夫マンガ・アニメ夜話「ガンダム完全講義〜第29回」です!」
    • 2019/10/23
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「人生の中心にある食べ物「ハンバーガー」を語る」
    • 2019/10/24
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「マック好きも嫌いな人も〜試験に出るハンバーガー年表」
    • 2019/10/25
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「万能調味料と南北戦争がハンバーガーを作った」
    • 2019/10/26
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『宇宙戦艦ヤマト』傑作オープニングの見どころ解説と、ハンバーガー誕生物語」
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    岡田斗司夫ゼミからのお知らせ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。