• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『りぼん』に投稿できる『デスノート』を考える」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『りぼん』に投稿できる『デスノート』を考える」

2018-10-13 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2018/10/13
    ───────────────────────────────────
    今日は【岡田斗司夫アーカイブ】から選りすぐり 2015/03/08放送の『ニコ生ゼミ』
    のハイライトをお届けします。


    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    ─────────────────────────────

     『りぼん』に投稿できる『デスノート』を考える


     今回は、マンガを例にして、アイデアの出し方をやってみようと思います。

     今日は、大学の講義でよく使ってる話なのでですね、だいたい6年ぐらい前に、僕が講義でよく使ってたネタを久しぶりにちょっとやってみます。


     『デスノート』っていうマンガがあるよね。

     アイデアの作り方っていうのは、これを少女マンガにするのにはどうすればいいのか。

     まぁ、あんまりこんなふうに考える人、いないんだよね。


     昔、「少女マンガのアイデアで、なんかいいのありませんか?」というふうに聞かれて、そのときに答えたのが、「じゃあ、自分がすごく好きなマンガを、無理やり少女マンガに変換しろ」っていう話をしたんだよね。

     さっき言ったみたいに、「構造を同じにしたらどういうふうになるのだろうか?」という話。


     で、少女マンガのヒット作を自分流にアレンジするっていうのは、すごい難しいんだ。

     たとえば、『NANA』が好きだ。

     じゃあ、『NANA』みたいな話が書きたいって言ってアレンジすると、あっという間にパクリだとバレてしまう。

     そうじゃなくて、自分がすごく好きなんだけど、かなり無理があるところ。

     今、『黒執事』っていうコメントが出てきたんだけど、そうなんだよね。


     だから、女の子でマンガを描きたいって人って、黒執事とか、女の子の人気が高くても、安定してる少女マンガの方から何か自分がインスパイア受けて、そこからアイデアを作ろうとしてるから無理があるんだ。


     そうじゃなくて、『デスノート』みたいな、全く関係ないものから少女マンガを変換するんだ。

     それも、これは『なかよし』とか『りぼん』に投稿できるものにしようと。


     ここで、ちょっと枠をもうけたわけだね。

     「『なかよし』とか『りぼん』に投稿する」と。


     じゃあ、どういうふうにするのかっていうと、『デスノート』を構造で分解するよ。

     『デスノート』を構造で分解すると、“ノートに名前を書いたら死ぬ”。

     だから『デスノート』だよね。

     シンプル。

     ノートに名前を書いたら死ぬと。

     これは男性向けのマンガで、リアルな絵柄で書いて、おまけに半分ホラーっぽい要素があるからだ。


     じゃあ、そうじゃなくて、少女マンガに変換したらどうなるのかって言うと、『なかよし』とか『りぼん』だから、死ぬっつう訳にもいかないだろ。

     で、ノートっていうのを使っちゃう。


     でも、たとえば「ノートに名前書いたら相手が自分のこと好きになってしまうラブノート」って言ったら、編集部の人からボコボコに殴られるよね。

     もちろん、それはパクリだと言われる。

     バレちゃいけない。


     こういうふうに構造ベースで考える時っていうのは、どの部分を変換させて、どの部分を変換させないのかっていうのは『デスノート』の構成をよく考えるべきなんだ。


     『デスノート』の構成を考えてみたら、主人公の夜神月っていうやつがいる。

     月と書いてライトと読むんだけど、これがいいや。

     こいつが主人公ね。


     で、デスノートがどういう話かっていうと、ライトがLと戦うっていう話なんだ。

     ものすごいシンプルに言うと。


     ライトの味方には、リュークっていう死神がいると。

     はい、すごくシンプルに書くよ。


     死神リュークを味方につけたライトは、ノートに名前を書くことで、人を殺すことが出来る。

     「ライトが犯人じゃないか?」と気づいた、勘で思ったLは、ひたすらライトを責め立てる。

     というか、いろんな証拠みたいなものを探したりして、こいつを逮捕しようとすると。

     追っかけっこの物語なんだ。


     で、中心にあるのはノート、ライト、L。

     でも、これだけだったら、あまりにもライトが有利なんだよね。

     なのでここに、父親という要素があると。


     実は構造で分解しないとわからないんだ。

     構造で分解しないと、たとえば夜神月側にいるミサミサ(弥海砂)とか、いろんなキャラクターが気になってきちゃうんだけども。

     じつは構造で考えると、大事なのはライトとLと父親なんだよ。


     この父親が刑事さんなんだけども、この刑事がいないとライトとLの関係の持ちようがないんだよね。

     国際的に有名な探偵のLと、単なる受験生・高校生だったライトっていうのを結びつけるのは、この父親だけなんだ。

     この父親が刑事だからいけてるんだよね。


     ところがマンガの中ではたいして強いキャラクターとして描いてない。

     何でかって言うと、平凡な正義感を持って、捜査能力も普通程度の、まぁ人のいい刑事さんとして書いてるんだよね。


     なので、この父親のキャラクターがクローズアップされてないんだけども、構造にすると、ものすごい重要。

     だから、この人をここに書くんだけども。


     では、この構造をベースにして少女マンガにしてみよう。

     少女マンガにする時は、さっきも言ったように『デスノート』っていう訳にはいかない。

     なので、もっと分かりやすく、ノートよりは女の子に共感を生んでスマホ。

     デス(死ぬ)よりも『なかよし』や『りぼん』の女の子の読者に共感を生むというふうなことで“ラブスマホ”だよね。

     まあ、8年前はラブ携帯って言ってたんだけど、恋愛のスマホっていうふうにしてみる。

     これぐらいでいいんだ。
    **************************************

    この記事は【岡田斗司夫アーカイブ】から選りすぐって、ハイライトをお届けしました。

    全文が気になる方、他の記事や動画も見たい方は、
    岡田斗司夫の動画見放題、テキスト読み放題の
    メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)
    でお楽しみ頂けます。

    ご入会はこちらから!

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         歴史のカオリ(FREEex)
         マグネシウムのタツヤ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    岡田斗司夫ゼミからのお知らせ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。