• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

加茂マガvol.18~「加茂部屋vol.9コード・ストローク」対応テキスト
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

加茂マガvol.18~「加茂部屋vol.9コード・ストローク」対応テキスト

2013-11-15 01:30
    このブロマガは、生放送&動画番組「加茂部屋」の「vol.9 コード・ストローク」
    で使ったテキストが下記に保存されております!今回の話は、
    「物理的見地から分析したピッキング理論」について、下記に解説しています!

    何故、ホームランバッターは、バットを長く持つのでしょう?
    そして、フィギュアスケートでは、何故回転を高めて高速スピンに
    持っていくときには、腕や手足を、できるかぎり回転軸に近付けて、
    逆に高速スピンの回転を落とすときには、腕や手足を広げて回転軸から
    遠ざけていくのでしょう?

    同じ円運動のはずなのに、バットが長く(半径が長い)時と、
    腕や手足を回転軸に近づける(半径が短い)時があります。
    これは一体どういうことなのでしょうか?

    そして、この理論がギターのピッキングとどのような関わりを持つのでしょうか?
    下記に僕の物理的側面から見たピッキング理論を解説します!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。