• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ひろゆき、書類送検に関して「知らないことを謝れと言われても」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ひろゆき、書類送検に関して「知らないことを謝れと言われても」

2013-02-26 17:40

    元ライブドア社長の堀江貴文(ホリエモン)のブロマガ「堀江貴文 ブログでは言えないチャンネル」と連動して、2013年2月7日にニコニコ生放送「ホリエモンの満漢全席」が放送されました。ゲストは、いまなにかと話題の元2ちゃんねる管理人『ひろゆき』こと西村博之さん。

    ゲストが、ホリエモンとの面会の様子を伝えるのがこの番組の趣旨ですが、放送がスタートしてもいっこうに現れる気配のないひろゆきさん。司会をつとめる脳科学者・茂木健一郎さんが必死に場をつなぐなか、ようやくやってきたひろゆきさんの口からは“間に合う気分だった”というのんびりとした一言が。そこからは、いつものように辛口の発言が矢継ぎに飛び出します。昨年末、違法な薬物の売買に関する投稿があることを知りながら削除せずに放置したとして書類送検されたことについて、ひろゆきさんは、“(ドワンゴの)株価が下がったことに関しては謝る”としながらも、

    「もちろん、(麻薬の販売をしたのを)知ってたら削除義務はありますよ。ぼくが知っているという証明をするために(検察が)うちのパソコンを2回ぐらい、全部持っていったんですけど。そこに証拠があったら、いまごろぼく、ここにいないんで」

    と、容疑に関してはきっぱりと否認します。どうにも検察側のセオリーに納得がいかない様子でした。

    そのほかにもニコニコ動画のこれからの方向性や、AKBの児童ポルノ問題についても進言。遅れを取り戻すかのように深い話が続き、番組は終了しました。「ホリエモンの満漢全席」は、今後も定期的に生放送をしていく予定です。今回の放送の全文書き起こしは、以下の通りです。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。