• このエントリーをはてなブックマークに追加
百田尚樹の日本史(49)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

百田尚樹の日本史(49)

2019-01-11 16:30

     一月一日に、紀伊國屋書店新宿店にお邪魔して『日本国紀』と『日本国紀の副読本』にサイン本を作りました。それを同店がツイッターで書いたところ、共産党を支持する某弁護士がこのことに激怒し、「今後は紀伊國屋書店では本は買わない」とツイッターで宣言し、多くのサヨクのジャーナリストや活動家が賛同しました。

     どうやら彼らにとっては、『日本国紀』は書店で売るべき本ではなく、そのサイン本を大々的に宣伝するという行為は許されざるものという理屈らしいです。

     これは実におぞましいことです。本を嫌いなのは本人の勝手ですが、書店には何の関係もないことです。自分の嫌いな著者や本を売る書店を攻撃するのはもってのほかです。

     しかし実はこれがサヨクの典型的な思考と行動です。歴史上、共産主義国には表現の自由はありません。それらの国では、共産党が認めた本しか出版されず、共産党が「許さない」と認めた本は直ちに回収・絶版となり、著者は牢獄に入れられます。

     今回の私の本に対する一連のサヨクのツイッターは、彼らの思考の一端を教えてくれました。

     

     

     

     

     

    『日本国紀』49

     

     

     

     

    ゾンビのように蘇る自虐思想

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    百田尚樹のテレビでは伝えられない話
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:2019-01-11 16:30
    チャンネル月額: ¥864 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。