• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

Vol.386 結城浩/理解を確かめる/編集者との関わり/考えることに無関心な生徒/対話とマウンティング/新しいカバン/
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Vol.386 結城浩/理解を確かめる/編集者との関わり/考えることに無関心な生徒/対話とマウンティング/新しいカバン/

2019-08-20 07:00
    Vol.386 結城浩/解を確かめる/編集者との関わり/考えることに無関心な生徒/対話とマウンティング/新しいカバン/

    結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2019年8月20日 Vol.386


    目次

    • どんなときに「理解できた」と感じるか
    • 編集者は著者の文章にどこまで手を入れていいのか - 本を書く心がけ
    • 考えることに関心がない生徒 - 教えるときの心がけ
    • 専門知識でマウント取りたがっていると思われないために
    • 新しいカバンと一貫性

    はじめに

    結城浩です。

    いつもご愛読ありがとうございます。

    先週はとんでもない暑さでした……

    今週はだいぶやわらいでいるようですが、それは比較しているからであって、正直暑いです……

    世の中はお盆明けでしょうか。学校の生徒さんは、そろそろ夏休みの宿題が気になる頃? 暑さに負けずがんばってくださいね。

    私は先週もいつもと変わらず仕事を続けておりました、暑かったけど!

    (さっきから「暑い」しか言ってない)

    * * *

    そ、それでは、今回の結城メルマガ、どうぞごゆっくりお読みください。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。