• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • Vol.443 結城浩/技術文書を作成&公開&販売できるWebサイトZenn/数学者でないにも関わらずなぜ数学を学ぶのか/作者の人間性と作品の評価/文章は日を改めて読み返そう/再発見の発想法

    2020-09-22 07:00
    220pt
    Vol.443 結城浩/技術文書を作成&公開&販売できるWebサイトZenn/数学者でないにも関わらずなぜ数学を学ぶのか/作者の人間性と作品の評価/文章は日を改めて読み返そう/再発見の発想法

    結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2020年9月22日 Vol.443


    目次

    • 結城浩のメールマガジン読者アンケート(2020年9月)
    • 自分が数学を学ぶのは無駄なのか - 学ぶときの心がけ
    • 作者の人間性と作品の評価
    • 文章は日を改めて読み返そう - 文章を書く心がけ
    • 技術文書を作成&公開&販売できるWebサイトZenn
    • ESNI - 再発見の発想法

    はじめに

    結城浩です。

    いつもご愛読ありがとうございます。

    * * *

    「結城浩のサブスタック」の話。

    「結城浩のサブスタック」という新しい企画を始めました。

    「私がふだん考えていることを、あなたにメールで送ります」というシンプルなコンセプトの企画です。

    「結城浩のサブスタック」はSubstackというニュースレター配信サービスを使います。

    もしもご興味がありましたら、あなたもご登録ください。

    ◆結城浩のサブスタック
    https://hyuki.substack.com

    * * *

    Web連載「数学ガールの秘密ノート」の話。

    先週からcakesでWeb連載の新シーズンが始まりました。

    数学が苦手な数学ガール「ノナちゃん」再登場です!

    「ノナちゃん」は、昨年から登場した「数学ガールの秘密ノート」シリーズの新しいキャラクターです。「数学ガール」シリーズの登場人物はみんなそれぞれに理解が早く活発な子が多い印象ですが、彼女はずいぶん違います。

    ノナちゃんは「理解する」ことに対する理解も不足していますし、自分の状況をうまく表現できません。そのために教え上手な「僕」もなかなか手こずっています。彼女は『数学ガールの秘密ノート/学ぶための対話』で書籍にも登場しました。

    ◆『数学ガールの秘密ノート/学ぶための対話』
    https://note12.hyuki.net/

    Web連載の新シーズンでノナちゃんが取り組むのは「図形」です。記念すべき第301回でノナちゃんは「三角形の合同条件」にチャレンジしようとしています。

    ノナちゃんが登場すると、扱う数学の内容はぐっとやさしくなりますが、それと同時に書く側(結城)の挑戦も難しくなる印象があります。がんばって書いていきますので、応援よろしくお願いします!

    ◆第301回 読むための対話:三角形の重ね合わせ(前編)
    https://link.hyuki.net/girlnote301

    * * *

    それでは、今回の結城メルマガを始めます。

    どうぞごゆっくりお読みくださいね。

     
  • Vol.442 結城浩/学んだことをまとめる/作業ログを書く自分専用Webアプリesappを作る(4)/基礎から勉強し直したい/言葉遣いに気を付ける方法/

    2020-09-15 07:00
    220pt
    Vol.442 結城浩/学んだことをまとめる/作業ログを書く自分専用Webアプリesappを作る(4)/基礎から勉強し直したい/言葉遣いに気を付ける方法/

    結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2020年9月15日 Vol.442


    目次

    • 社会人、理解したことをまとめられない - 学ぶときの心がけ
    • 作業ログを書く自分専用Webアプリesappを作る(4)
    • 基礎から勉強し直したい - 学ぶときの心がけ
    • 言葉遣いに気を付ける方法 - コミュニケーションのヒント

    はじめに

    結城浩です。

    いつもご愛読ありがとうございます。

    * * *

    「LRU」と「ランダムサンプリング」の話。

    結城は「LRU」と「ランダムサンプリング」が大好きです。

    難しい話ではありません。「LRU」は「最近使ったものほど使いやすい位置に並べる」こと(Last Recently Used)。「ランダムサンプリング」は「たくさんのものがあって困ったときにランダムに選んで処理する」こと。

    私が使っている「LRU」の代表は「超整理法」の押し出しファイリングですね。また、最近「結城浩の作業ログ」の更新のために自分が使っている自作アプリesappの絵文字ボタンもLRUです。最近使った絵文字(プロジェクトのアイコン)が前の方に並ぶのです。

    ◆esappのスクリーンショット

    20200914080330-97e55417cbd8a59b.png

    「ランダムサンプリング」の代表は、たまにやっている「ランダム読書」ですね。ランダムに選んだPDFのランダムなページを一ページだけ読む活動です。

    「LRU」が好きな理由は、自分がよく使うものが自然と使いやすくなって便利になるから。つまりシステムが自己組織化してくれるからです。さらに一連の並びを見るだけで、自分のこれまでの傾向が見てとれることも、「LRU」が好きな理由の一つ。自分の状態を自分以外の目で見ることができる点です。

    「ランダムサンプリング」が好きな理由は、平均化しつつ詳細を無視しないから。ランダムサンプリングで選んだ一つを深く調べるのは、たくさんあるものをピックアップする率が高いという意味で平均化されているわけですが、数を圧倒的に少なくできるので、集中して深く処理できるのです。

    * * *

    「もう遅すぎる」とあきらめない話。

    何かやりたいことがあったとします。「年齢のせいであきらめる」という判断をするときには十分な注意が必要ですね。そんなことをふと思いました。

    「年齢のせいであきらめる」という判断をしたとしましょう。さらにそこから月日が過ぎて「なんだ、あのとき、あきらめないで始めてたらよかった……年齢なんか関係なかったんだ……」と後悔する可能性はないでしょうか。

    若いころの友人のことを書きます。とある友人が「コンピュータの勉強をしたい」という話をしていました。そこで私が「コンピュータは何を使ってるの」と聞いたところ「買ってない」とのこと。

    「いろいろ調べてはいるんだよ。でも高いから買わないよ。もっといいの出てから買うよ」とその友人は言ってましたが、私が知ってる限りでは買うことはありませんでした。もういまは会わなくなった昔の友人。

    自分のことを書きます。二十年以上前、自分のドメインを初めて取得しました。そのとき「ああ、こういう感じなのか。こんなことならもっと早く取得しておけばよかった」とちょっぴり後悔したものです。自分個人のドメイン取得が遅かったことへの後悔です。

    でも、いまにして見れば、自分のドメインは活動拠点としてこの二十年大活躍しました。要するに、ぜんぜん遅くなかったのです。

    そして連想は森鴎外の『青年』という作品の一節に続いていきます。この作品、内容はすっかり忘れたけれど、この一節のことだけはよく覚えています。

    (引用)

    一体日本人は生きるということを知っているだろうか。小学校の門を潜ってからというものは、一しょう懸命にこの学校時代を駈け抜けようとする。その先きには生活があると思うのである。学校というものを離れて職業にあり附くと、その職業を為し遂げてしまおうとする。その先きには生活があると思うのである。そしてその先には生活はないのである。  現在は過去と未来との間に劃した一線である。この線の上に生活がなくては、生活はどこにもないのである。
     そこで己は何をしている。

    (引用終わり)

    結城が最初のプログラミングの本を出版したのは27歳のとき。タイトルに「数学」がついた最初の本を出したのは42歳のとき。最初の『数学ガール』を出したのは44歳のとき。最初の『数学ガールの秘密ノート』を出したのは50歳のとき。

    年齢を気にしていたら、いろんなことができなくなっちゃいます。今日も新しいチャレンジをしていきましょう!

    * * *

    それでは、今回の結城メルマガを始めます。

    どうぞごゆっくりお読みくださいね。

     
  • Vol.441 結城浩/褒められても嬉しくない/何食べてる?/人に対する先入観/「わからないこと」と付き合う/プログラミング言語を学んだけれど/

    2020-09-08 07:00
    220pt
    Vol.441 結城浩/褒められても嬉しくない/何食べてる?/人に対する先入観/「わからないこと」と付き合う/プログラミング言語を学んだけれど/

    結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2020年9月8日 Vol.441


    目次

    • どんなものを食べていますか
    • 人に対する先入観を持ってしまう - コミュニケーションのヒント
    • ひと通りプログラミング言語を学んでも成果が出せない
    • 褒められても嬉しくない
    • 「わからないこと」と付き合う - 学ぶときの心がけ

    はじめに

    結城浩です。

    いつもご愛読ありがとうございます。

    * * *

    文法と理解と違和感の話。

    あるときふと、村上春樹『騎士団長殺し』の中に出てきた「あらない」という表現のことを思い出しました。

    ネタバレ防止のために詳しくは書きませんが、「あらない」は「ない」という意味です。たとえば「それほど簡単ではない」とすべきところで「それほど簡単ではあらない」とするのです。

    通常は「あらない」という言い方はしませんけれど、意味は通じます。それはきっと「あら」が未然形のために「ない」が接続してもおかしくはないからでしょう。

    その結果として「あらない」という言葉は「違和感があるけれど意味は通じる」という表現を作り出していることに成功しているといえます。

    人間の理解は柔軟で、プログラミング言語処理系のようにエラーか否かの二択にはなりません(例外はいろいろありそうですが、大まかな話として)。その中間のあたりに表現の妙味や読書の楽しみが隠れていそうだな、と思いました。

    * * *

    ボロミアンリングの話。

    Web連載「数学ガールの秘密ノート」第295回にはボロミアンリング(ボロメオの輪、the Borromean rings)が出てきます。

    ◆第295回 グラフ理論:表現と制約(前編)
    https://link.hyuki.net/girlnote295

    ◆ボロミアンリング

    20200907094311-d10474b2f964a25d.png

    ボロミアンリングを構成しているリングは三本が絡み合っていてバラバラにはなりません。でもよく見ると、どの二本を選んでも絡み合っていないことがわかります。たとえば三本のリングのうち一本を切って取り除いたら、残りの二本は切らずともバラバラに分かれます。

    不思議ですね。

    ボロミアンリングは、三色の重なりがおもしろいポイントですから、多様な色覚の人にも分かりやすいような色を割り当てたつもりです。その際に使ったのは「色のシミュレータ」というiPhoneアプリ。このアプリは以前も結城メルマガで紹介しました。

    ◆色のシミュレータ
    https://apps.apple.com/jp/app/id389310222

    ◆色のシミュレータを通して見たボロミアンリング

    20200907095148-e981a1659ddc2a67.jpeg

    結城はボロミアンリングを描くとき、このアプリを通じてリアルタイムに四種類の色覚における見え方を確かめながら色を選びました。自分の目には「これならはっきり違うからわかりやすい」と思った配色でも「色のシミュレータ」を通すとまったく同色になって驚くこともありました。

    ボロミアンリングは数学的にも楽しい図形ですね。結城が生まれて初めてボロミアンリング(ボロメオの輪)を見た本はマーチン・ガードナー著、高木茂男訳『数学ゲームI』(講談社ブルーバックス)です。以下の図はこの本の中に出てくる「2つの側面を持った,ボロメオの縁のある面」です。縁をじっくりたどってみると、ボロミアンリングになっていることがわかります。

    ◆2つの側面を持った,ボロメオの縁のある面

    20200907095630-03e1c94e906ff3b6.jpeg

    ちなみに、結城がボロミアンリングに初めて出会ったのは1976年1月4日のこと。どうしてそんな日付がわかるかというと、結城(少年)は当時、本の奥付に購入年月日をメモする習慣があったからです。

    自分が子供のときに出会ったものが、何十年もの時を経て自分の文章に登場するのはちょっと感じるものがありました。

    * * *

    それでは、今回の結城メルマガを始めます。

    どうぞごゆっくりお読みくださいね。


    どんなものを食べていますか

    質問

    結城さんは食事を管理していますか。もしそうなら、結城さんの体調に良い食べ物や、抜いたら体調が良くなったものなどあったら教えていただけると嬉しいです。

    回答

    特に食事管理はしていません。彼女(妻)のお勧めに従って食べることが多いですね。最近はお野菜、お魚、鶏肉を食べることが多いです。

    2020年春からは外出をほとんどしなくなったせいもあって、外食がゼロになりました。それが理由なのかはわかりませんが、体重が数キロ減りました。また、以前よりずっと体調がよくなりました。

    私があまり食べないものとしては、鶏肉以外の肉。ピザとかハンバーガーのようなファーストフードもほとんど食べないです。ケンタッキーフライドチキンはたまーに食べます。

    基本的に、私は食べ過ぎると体調が悪くなります。体調が悪くなるほど食べることを食べ過ぎというならば、それは当然ですけれど……

    食べたくないのに食べるときも体調が悪くなります。たとえば、眠いけどやらなきゃならないことがあるから、コーヒーを飲んでカフェインを摂る……みたいな場合ですね。眠いときには眠るのが一番。それ以外に対策はありません。

    よく考えてみると食べたくないんだけど、口寂しいから食べる……みたいな行動も、体調が悪くなる原因となります。口寂しいときには炭酸水を飲むのがいい感じです。最近は麦茶もよく飲みます。

    おやつには素焼きのミックスナッツをよく食べます。たまにおせんべいも食べます。ケーキのような甘いお菓子はほとんど食べません。ここ一年間で食べたケーキは、一口か二口くらいでしょうか。

    発酵食品はよく食べます。納豆・キムチ・豆腐・チーズ・ヨーグルト・漬物……などですね。特にヨーグルトは毎日食べています。

    野菜はたくさん食べます。野菜を食べすぎて体調が悪くなったことはありません。毎晩のようにサラダを食べます。私はここ数ヶ月で夕食のサラダ作成担当になりました。レタス、アボカド、ブロッコリー、たまねぎ、きゅうり、トマト、にんじん……たっぷり食べます。マヨネーズは使わず、オリーブオイルとバルサミコ酢がメインです。

    炭水化物はあまり食べません。今日はご飯を食べようかな、みたいな感覚です。ただし、ミューズリーはよく食べます。お腹の調子が良くなります。

    ……と、書いているうちにお腹が減ってきました。

    そんなところです。ご質問ありがとうございました。