• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 次回配信予定
    • 2019/02/19
      Vol.360 結城浩/専門学校に通っているけれど、その仕事が好きじゃない/くどくない文章を書く/インクリメンタルな環境改善(3)シェルフ(本棚)/

    Vol.359 結城浩/職場を選ぶとき/気になる異性/共同執筆を支える技術/教える側が最初に伝えるべきこと/専門書の読み方/

    2019-02-12 07:00
    216pt
    Vol.359 結城浩/職場を選ぶとき/気になる異性/共同執筆を支える技術/教える側が最初に伝えるべきこと/専門書の読み方/

    結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2019年2月12日 Vol.359


    目次

    • 共同執筆を支える技術 - 文章を書く心がけ
    • 気になる異性の注目を集めたい
    • 教える側が最初に伝えるべきこと - 教えるときの心がけ
    • 専門書の読み方 - 学ぶときの心がけ
    • 職場を選ぶとき、就職や転職を決断するときには何が重要か - 仕事の心がけ

    はじめに

    結城浩です。

    いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。

    寒いです。

    このあいだまで「確かに暖冬だなあ」や「あまり冬という感じがしない」と思っていたのがウソのようです。

    寒いです。

    気温の変化、気候の変化、気圧の変化は、心と身体に負担になるので注意しつつ進みたい今日このごろです。

    あなたも、どうぞお身体を大事にしてくださいね。

    * * *

    ファンタジーの効用の話。

    先日私は、とあるお店で「○○味噌」を探していました。愛用している特定の銘柄のお味噌です。いつもはこのお店にあるのですが、今日は見つかりません。

    そこで店長さんに尋ねました。以下、私と店長さんとの会話。

     私「〇〇味噌が棚にないんですが、在庫もないんですか」
     店長「ないですねえ」
     私「いつ入荷しますか」
     店長「すみません」
     私「いつ入荷しますか」
     店長「今週は入りませんねえ」
     私「来週は入りますか」
     店長「ご迷惑おかけします」
     私「来週は入りますか」
     店長「売り切れておりますので…」

    私は○○味噌の入荷時期を知りたかったのですが、店長さんはかたくなに入荷時期を言いません。もしも来週に入荷するなら待つけれど、入荷しないなら別の味噌を購入したい。ところが、入荷時期がわからなければ判断できません。

    どうしてこの店長さんは入荷時期を言わないのだろう!と解せない気持ちになりました。

    それと同時に、こんなふうに思いました。

    もしかしたら、この店長さんは幼少期に「お味噌の入荷時期を言ってはいけない魔法」を悪い魔女からかけられてしまったのかもしれない! だとしたら、入荷時期を言わないのも納得だなあ……

    「お味噌の入荷時期を言ってはいけない魔法」というのは、グリム童話の「いばら姫」(眠れる森の美女)の物語に似ていますね。お城の地下室にはお味噌が醸してある。そこに入った幼少期の店長はついうっかり蓋を開けてしまう……などと空想が広がりました。悪い魔女の造形は実写版のディズニー映画『マレフィセント』で行きましょう。

    そのようにファンタジー風味で考えると、コミュニケーションのイライラが緩和されるのでお勧めです。

    不思議なことに、この店長さんとの会話を続けているうちに、店長さんの様子から「入荷時期は来週になることがほぼ確実だけど、もしかしたら再来週になってしまう可能性もある。どちらになるか確実なことはいえない」という気配を感じ取ることができました。人間のテレパシー能力ってすごいです。

    ところで内緒の話ですが、私も編集者さんからの問いに対して、この店長さんと同じような返答をする場合があることに気付きました。

     編集者「いつ脱稿になりますか」
     私「だいぶコアになる部分はつかめてきました」
     編集者「いつ脱稿になりますか」
     私「あとはこの章を突破すれば」
     編集者「いつ脱稿になりますか」
     私「えーと……」

    私は幼少期に「脱稿時期を言ってはいけない魔法」を悪い魔女から(以下略)。

    真面目な話をすると、入荷時期を聞かれた店長さんと、脱稿時期を聞かれた私とは同じ誤りに陥っています。それは自分を守る方に意識が向かい、質問者のことを考えられなくなっているという誤りです。質問者は状況を知りたいと思っている。もちろん早いに越したことはないけれど、状況がわからないことには判断を下すことができない。でも回答者は質問者の意図にまで気を回すことができず、口ごもってしまう。そういう誤りですね。

    結論? ○○味噌は、次の週に無事入荷しましたよ!

    めでたし、めでたし。

    * * *

    では、今回の結城メルマガを始めましょう。

    どうぞごゆっくりお読みください。


    共同執筆を支える技術 - 文章を書く心がけ

    ブログ記事の紹介です。

    『ゼロからわかるRuby超入門』(五十嵐邦明+松岡浩平)という書籍の著者の一人、松岡さんが、Qiitaで「執筆活動を支える技術」という記事を公開しています。

    ◆執筆活動を支える技術
    https://qiita.com/machu/items/4a133e83f58f82459e56

    ◆『ゼロからわかるRuby超入門』
    https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07KQXFF6D/hyuki-22/

    この記事では「複数人が共同して作業をするためにどのような技術を使ったか」が以下の四ステップに分けられて具体的に書かれています。

    • 原稿を書く (Asciidoc, Atom, Visual Studio Code)
    • 共有する (GitHub, Slack)
    • HTML/PDF形式に変換する (Rakefile, CircleCI)
    • 限定公開する (docker, nginx)

    この記事は、書籍執筆者、編集者、技術文書の関係者は必見でしょう。簡潔ではありますが、どんな道具をなぜ使ったかという知見が書かれています。たとえここに書かれていることが自分の環境では実現できなくても、その精神や考え方を自分の執筆・編集作業に取り入れることは有益でしょう。

    この記事を見ていると、技術の力は個人のパワーを増幅させて、さらに技術を使える人が複数人集まるとそのパワーがさらに何倍にもなるということがよくわかります。

    この記事を読みながら、大事なのは「Slackを使ったからうまくいく」や「GitHubを使ったからうまくいく」という話ではないのだろうと思いました。「執筆者たちが自分たちのワークフローを考え、適切なツールを選んだからうまくいく」ということではないでしょうか。

    この記事のあちこちに「この技術を選んだ」や「こういうやり方もできるが、それは選ばなかった」ということが書かれています。そのような選択ができること自体が技術力の一つでもあるなと思いました。技術力があるというのは、自分たちには何が適切なツールなのかを判断できるということでもあるのです。

    また、執筆者たち・イラストレータ・編集者との間に信頼関係があるから、この記事に書かれているようなコミュニケーションがうまくいくのだろうとも思いました。それは、記事中に示されたやり取りの例を読みながら感じたことです。ある程度以上の信頼関係がなければ、いくらツールを揃えてもこうはいかないでしょう。

    そもそも「今回私たちはこういうやり方で執筆を進めました」という記事を書けること自体がすごいことです。なぜなら、執筆の内容を意識するだけではなく、執筆の進め方も意識している証拠ですから。プログラミングが得意な人は、そのようなメタな発想が得意な人が多いと私は感じています。

    ◆執筆活動を支える技術
    https://qiita.com/machu/items/4a133e83f58f82459e56

    なお、以下はイラスト担当のべこさん(@becolomochi)視点からの別記事です。

    ◆Ruby超入門のかわいいキャラクターたちが生まれるまで
    https://note.mu/becolomochi/n/nbfac9ad3a8d0

     
  • Vol.358 結城浩/自分の作品の価値がわからない/インクリメンタルな環境改善(2)/就職活動と進路選択/

    2019-02-05 07:00
    216pt
    Vol.358 結城浩/自分の作品の価値がわからない/インクリメンタルな環境改善(2)/就職活動と進路選択/

    結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2019年2月5日 Vol.358


    目次

    • もう一度新卒で就職活動をするならどんな進路を選ぶか - 仕事の心がけ
    • インクリメンタルな環境改善(2)ポータルページ・ポータルメモ・ダストリンク - 仕事の心がけ
    • 自分の作品の価値がどこにあるのかわからない - 本を書く心がけ

    はじめに

    結城浩です。

    いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。

    早いもので、もう2019年も2月なんですね。

    あなたは「今年の目標」を立てましたか。

    結城は特に大きな目標は立てていません。いつも通り毎週の執筆を進め、いつも通り書籍を何冊か書き上げるつもりではおりますけれど。

    でも今年は「意識的に本を読む」ことと「インクリメンタルな環境改善をする」ことは心がけたいと思っています。

    今回の結城メルマガでは後ほどその「インクリメンタルな環境改善」についてお話ししますね。

    * * *

    早朝の話。

    駅に向かっていると、私の前を親子連れらしき二人が歩いている(母と娘)。娘さんは小学校の低学年くらいだろうか。だいぶ小柄で歩幅もせまい。しばらく見ていると、お母さんが二歩進むあいだに娘さんは三歩進むことに気付いた。

     前を行く母娘の足音ポリリズム(結城浩)

    朝のちょっとした発見である。

    ◆ポリリズム - Wikipedia
    http://bit.ly/hyuki-Polyrhythm

    * * *

    かわいい「掛け算の本」の話。

    Jo Morganさん(@mathsjem)のツイートで、かわいい「掛け算の本」の話。「4倍の表(4 TIMES TABLE)」と書かれた表紙をくるくると開いていくと、開くたびに●が4個ずつ増えていきます。三回開いたところでは、4×3と、12と、3×4とが書かれているのが見えますね。

    ◆ツイート(スクリーンショット)

    20190202101526-3c698159512f156a.png

    ◆ツイート本文
    https://twitter.com/mathsjem/status/1086287614095867904

    * * *

    二世代に渡る話。

    結城は読者さんから、こんな感想をいただくことがあります。

     「私は結城さんの本を読んで学びましたが、最近になって私の子供も読み始めました」

    このような感想には感激しかありませんね!

    私は、このような感想をいただくと「中学校の教師をしていた父」のことを思い出します。父は長年教師をしていたので、親と子の二世代に渡って教えることがよくあったらしいのです。

    あるとき、父が笑いながらこんな話をしてくれました。

    >>>

    授業で「よし、じゃあ〇〇に答えてもらおうかな」と生徒を指名した。するとその生徒は、苦笑しながら「先生! それ、母親の名前です!」と答えたんだ。

    <<<

    父がしてくれたこの話を思い出すとき、私はいまは亡き父にこう伝えたくなります。

     「ねえ、お父さん。私の本も二世代に渡って読者さんに読んでもらっているみたいですよ」

    「二世代に渡る生徒」に「二世代に渡る読者」。父と私は「二世代に渡る相手に伝える仕事」を二世代に渡って行っていることになりますね。

    * * *

    では、そろそろ今回の結城メルマガを始めましょう。

    どうぞごゆっくりお読みください。


    もう一度新卒で就職活動をするならどんな進路を選ぶか - 仕事の心がけ

    質問

    就職活動中の大学生です。

    もう一度、新卒で就職活動をするとしたら、結城さんはどんな進路を選びますか。

    会社に勤めますか、フリーランスですか。

    もし会社に勤めるならどんな会社でどんなふうに活躍したいですか。

    回答

    ご質問ありがとうございます。

    やや難しい質問です。

    「もう一度就職をやり直すとしたら」というとき、現在自分が持っている記憶や経験は有効なんでしょうかね。

    もしも、すべての記憶を失ってやり直したら、結局同じ進路を選びそうです(そりゃそうだ)。

    もしも、現在の経験と記憶を持ったまま新卒になるなら、そうですねえ、恐らくフリーランスを選ぶことになると思います。わざわざもう一度会社に入りたいとは思わないかなあ。

    ところであなたの質問の中で「新卒で就職活動をするなら」という表現がありました。別に文句をいうわけではありませんが、自分が何をして生活していくかという判断をするとき「新卒採用」だけが道ではないということは心の片隅に置いてもいいと思います。新卒採用以外の道を無理に選ぶ必要はありませんけれど。

    話がそれました。

    どんな労働形態を選び、どんな職種を選び、どんな会社を選ぶかというのは重大な選択だと私は思います。

    私はといえば、恥ずかしながらあまり深く考えたことがありませんでした。雑に要約すると「その都度その都度おもしろそうなことをやってきた」と言えるかもしれません。でも、改めて思うと、もう少し「自分の成長」について考えておくべきだったなと思います。

    別の言い方をするなら「《資産》をどこに、どのように蓄えるか」という意識があったらよかったなと思います。もちろんここでいう《資産》というのはお金だけの話ではありません。いわゆるキャリアパスに近いのかなあ。「宝をどこに積むか」という聖書の表現がありますが、それにちょっぴり通じるかもしれません。

    私はフリーランスを選ぶと言いました。会社で仕事をするのは悪いことではありません。仲間とともに大きな仕事をできるというのはすごいことです。一人ではできないほどスケールの大きなことも、力を合わせることで可能になります。ただ、私は、スケールはそれほど大きくなくても、すみずみまで自分の考えで満たされる作品を自由に作る方が好みですね。

    当たり前のことですが、会社に属することと、仕事とは独立の話です。キャリアパスを考えるというのは、言い換えるなら「自分には何ができてなにができないか。自分はどんなふうに成長して何をおこなうべきなのか。そのために、いつ、どこにいるのがいいか」といった内容を、時間の推移と変化に合わせて考えることです。

    その際に「会社という存在」を不可欠な前提だと考えるのはそれほど正しくないと思います。もちろん、雰囲気で会社を忌避するのも正しくありません。私が言いたいのは「当座の仕事内容」を考えるだけではなく「仕事の変遷」を考えるのも大事だということです。変遷を考えるとき、ひとつの会社内で考えるものではありません。

    私にとって幸いだったのは「プログラムを書くこと」と「文章を書くこと」の両方が好きで楽しくて、しかもつぶしが効く活動だったことです。あまりキャリアパスについて考えては来なかった私ですけれど、それでも読者さんからたくさんの応援をもらうことで、現在生活することができています。感謝ですね。プログラムを書くことも、文章を書くことも、自分個人の《資産》として積み上がっていることがありがたいです。ある会社の中でしか生かされない《資産》ではなく、どこで活動しようとも生かされる《資産》ということです。

    何を自分の《資産》としていくかということを考えずに、会社で何十年も過ごすのは悪い意味での冒険だと思います。会社は社員の人生に無限の責任を持つわけではありませんから。変化の大きな現代では特に、自分の生き方を変化するもの、変化に耐えられるものにしておくことが望ましいと思います。

    何だか偉そうな就職談義になってしまいましたので、このへんで。

    よい仕事との出会いがありますように。

    そして、あなたならではの《資産》を積み上げていくことができますように!

     
  • Vol.357 結城浩/自分の仕事をプランする喜び/高校生とプログラミング/自分と相手の境界線/勉強の楽しさ/

    2019-01-29 07:00
    216pt
    Vol.357 結城浩/自分の仕事をプランする喜び/高校生とプログラミング/自分と相手の境界線/勉強の楽しさ/

    結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2019年1月29日 Vol.357


    目次

    • 高校生のうちからプログラミングを始める利点 - 学ぶときの心がけ
    • 自分と相手の境界線を意識する
    • 「勉強が楽しい」という感覚 - 学ぶときの心がけ
    • 自分の仕事をプランする喜び - 仕事の心がけ

    はじめに

    結城浩です。

    いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。

    2019年が始まったと思ったら、もう1月も終わりですか!

    早い早い早い!

    * * *

    結城浩の「ノート」の話。

    Suzuri(スズリ)というサイトで、楽しいグッズ販売を始めました。

    まず第一弾は、ノート!

    結城浩のアイコンである「スレッドお化け坊や」がハートを持っているデザインの表紙のノートです。以下の写真ではサイズ感がわかるように『数学ガールの秘密ノート/行列が描くもの』の上に重ねてあります。

    ◆結城浩(ハート)ノート

    20190128143911-2c8ae5d3db6c69de.jpg

    Suzuriは、画像ファイルをアップロードするとさまざまなグッズを販売できるというサービスを提供しています。ノートだけではなく、スマートフォンケースやマグカップなども販売できるので、ようすを見ながら少しずつ品揃えを増やしていきたいと考えています。

    ◆結城浩のSuzuri(スズリ)
    https://suzuri.jp/hyuki0000

    先日販売を始めたばかりなのですが、ハル*さん(halringo)がさっそくご購入くださり、インスタグラムで紹介してくださいました。ありがとうございます!

    ◆注文していたスレッドお化け坊やのノートが届いた!
    https://www.instagram.com/p/BtGkzCrAW1N/

    ◆ハル*さんのツイート(@halringo_)
    https://twitter.com/halringo_/status/1089182695698063366

    * * *

    サイン本無料プレゼントの話。

    先日、『C言語プログラミングレッスン入門編 第3版』が刊行されました!

    刊行を記念して、サイン本を無料プレゼントいたします。 ぜひご応募ください。

    〆切は2019年1月30日(水)です。応募方法は以下の記事をご覧下さい。

    ◆『C言語プログラミングレッスン入門編 第3版』《サイン本無料プレゼント》
    https://snap.textfile.org/20190116193719/

    また、中文繁体字版『数学ガールの秘密ノート』と『暗号技術入門』の《サイン本無料プレゼント》も同じ日の〆切になっています。応募なさる方はお早めに!

    ◆中文繁体字版『数学ガールの秘密ノート』他多数《結城浩のサイン本無料プレゼント》
    https://snap.textfile.org/20190115210052/

    * * *

    Evernote再構築の話。

    堀正岳さん(@mehori)の「Evernoteをもう一度ゼロから始めよう」というブログ記事を読んでいました。

    ◆Evernoteをもう一度ゼロから始めよう
    https://lifehacking.jp/2019/01/re-evernote

    ここに書かれているのは、Evernoteのアカウントを二つ用意して、片方をインボックス的にアクティブで軽く使い、他方をアーカイブ的に保存用として使うという話題です。

    結城は知的生活を支えるツールは大好きで、気軽にいろんなサービスを試しています。以前から「Evernoteが重たい感じで、死蔵しているノートがたくさんあるなあ」と感じていたので、この記事の内容に「おっ」と興味を持ちました。

    それと関連して、最近ではScrapbox熱が再燃しています。Evernote以外のストック場所がほしいなと感じていて、Scrapboxはその有力候補になると感じています。

    ◆Scrapbox
    https://scrapbox.io/

    Evernoteが「重い」とすれば、Scrapboxは「軽い」感じがします。ここでいう重い・軽いというのはサービスが遅い・速いという意味ではなく、そこに突っ込んだ情報の動き方のこと。Scrapboxに入れた情報の方が死蔵されにくいように感じることが多いのです。

    サービスを乗り換えてばかりではしょうがありませんが、サービスに使われるのではなく、サービスを主体的に使っていくつもりで、自分の知的生活にいい刺激を与え続けたいと思っています。

    * * *

    主語の大きい主張の話。

    ときどき「主語が大きい主張」を見かけます。「主語が大きい主張」というのはたとえば次のようなもの。

     「日本人というのは、〇〇である」
     「男性って、〇〇なものだよね」
     「女性はいつも、〇〇になる」

    「主語が大きい主張」という表現は、その主張に対して批判的なニュアンスで使われるようです。「それって、本当に日本人全体にいえることなのかな。主語の大きい主張じゃないのかな」というふうに。

    ところで、「主語が大きい主張」をしたくなる心理はどこにあるのでしょうか。包括的に述べることで、強く主張したいからでしょうかね。

    少し考えてみたのですが、「主語が大きい主張」をするのは単純に「楽だから」じゃないかと思いました。細かい条件を付けたり、場合分けをしたり、調査したりするのは面倒なものです。それに比べると、雑に一般化して主張する方がずっと楽。その結果「主語が大きい主張」が生まれるのではないでしょうか。

    別の言い方をするなら「主語を大きくすることは本意ではなく、自分の世界が狭いためにサンプル数も少なく、その中で論を組み立てようとするため、結果として主語が大きい主張になってしまう」となるのかもしれません。

    「主語が大きい主張」を見かけたときには、「主語が大きいぞ」と批判するだけではつまらないと感じます。思考ゲームとしては「その大きな主語はどこまで小さくできるだろうか」と考えるのが楽しそうだし有意義ですね。

    ところで「日本人」や「男性」や「女性」のような主語はいかにも大きそうですけれど、場合によっては「私」も大きな主語になることがあります。

     「私はいつも失敗ばかりしている」

    という主張を考えてみましょう。そこでは、必要な条件が落ちている可能性があります。必要な条件を想像して補ってみましょう。

     「私は(この作業に関しては)いつも失敗ばかりしている」
     「私は(空腹のときには)いつも失敗ばかりしている」
     「私は(この一カ月は気がかりなことがあるため)いつも失敗ばかりしている」

    心の中で「主語の大きい主張」をするとき、特に自分に対して否定的な主張をするときには十分注意が必要になります。「私はいつも失敗ばかりしている」「私は馬鹿だ」「私は臆病だ」と思うとき「主語の大きな主張」ではないだろうか。雑に一般化していないだろうか。

    心が疲れているときには、視野が狭くなり、世界が狭くなり、自分が見ているわずかなサンプルで論を組み立てたくなるものです。

    自分について「主語の大きい主張」をしたくなるとき、特に自分に対して否定的な主張をしたくなるときには注意しましょうね。過度な一般化をしないように。

    * * *

    では、そろそろ今回の結城メルマガを始めましょう。

    どうぞごゆっくりお読みください。


    高校生のうちからプログラミングを始める利点 - 学ぶときの心がけ

    質問

    プログラミングに興味がある高校生です。

    高校生のうちからプログラミングを始める利点はありますか。

    回答

    ご質問ありがとうございます。

    プログラミングに限りませんが、興味を持ったことはどんどんやればいいと思います。

    興味を持っていることはよく吸収できますし、学びも深くなるものです。

    「利点があるかどうか」を気にするのは「興味はあるけれど、とてもお金が掛かるとき」や「興味は持てないが、やらなきゃいけないとき」ですよ。

    プログラミングを始めるのにとてもお金が掛かるわけではありませんし、あなたはプログラミングに興味があるのですから、利点があるかどうかは気にしなくてもいいでしょう。

    あなたが質問の中に書いていた「高校生のうちから」というフレーズがやや気になります。「プログラミングは高校生のときに学ぶのではなく、もっと後になってからやった方がいいのだろうか」というニュアンスを感じました。そんなことは気にしないで、興味があることなら、どんどん学びましょうよ。

    やってみて「おもしろい!」となるかもしれないし「わからん、ツマンネ」になるかもしれません。でも、興味を持ったときに触れてみる、興味があるうちにやってみるのはすごく大事です。

    高校生が持っている頭の柔軟さ、元気さ、情熱を注げるパワーは高校生のときだけなんですから、どんどん行きましょう!