• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

Vol.473 結城浩/不得意科目に取り組む/自分で決めない子供/字が汚い受験生/電子書籍で勉強できるのか/再発見の発想法/
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Vol.473 結城浩/不得意科目に取り組む/自分で決めない子供/字が汚い受験生/電子書籍で勉強できるのか/再発見の発想法/

2021-04-20 07:00
    Vol.473 結城浩/不得意科目に取り組む/自分で決めない子供/字が汚い受験生/電子書籍で勉強できるのか/再発見の発想法/

    結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2021年4月20日 Vol.473


    目次

    • 不得意科目に取り組むには - 学ぶときの心がけ
    • 自分で決めず、親である私に聞いてくる子供
    • 受験生に、字をていねいに書くよう伝えたい - 教えるときの心がけ
    • 電子書籍で勉強できるのか - 学ぶときの心がけ
    • CDN - 再発見の発想法

    はじめに

    結城浩です。

    いつもご愛読ありがとうございます。

    書籍執筆の話。

    結城はずっと「数学ガールの秘密ノート」シリーズ第15作目(NOTE15)の執筆がホットになっています。先週ようやくエピローグまでレビューアさんに送ることができました!

    残りは練習問題とその解答、研究問題、あとがき、参考文献と読書案内となりました。まだまだ先は長いですけれど、第1章から第5章までの本文が書き上がっているので、かなりうれしいです!

    さらにがんばっていきたいと思います。応援よろしくお願いしますね!

    * * *

    クラークの法則の話。

    クラークの法則を知っていますか。クラークの法則とは、

     「十分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない」

    というものです。でもあるとき「魔法」というよりも「日常」なのではないか、と思いました。つまり、

     「十分に発達した科学技術は、日常と見分けがつかない」

    ということです。

    過去の時代からタイムスリップして現代に来た人は、現代の科学技術を見て「魔法」のようだと思うでしょう。でも現代の私たちにとってはスマートフォンであれ、インターネットであれ、すでに「日常」になっていますよね。

    そんなことをふと思いました。

    * * *

    それでは、今週の結城メルマガも、どうぞごゆっくりお読みください。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2021/05/11
      Vol.476 結城浩/偽情報をシェアする友人/「こうしなくてはいけない」を捨てる/合格体験記/善意の厳しさ/キーボードからいったん両手を離す/数学の才能/
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。